プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家計簿の備忘録としての活用
日々、お金の収支を家計簿につけていると、全体としてのデータ量は膨大な量になってきます。その膨大なデータ量の中では、過去に記録してきた個々のデータなどは完全に埋もれてしまいます。結果としてデータとして見るのは、多くの場合、一ヶ月間の収支とか一年間の収支を把握するためだけの、全体のざっくりしたものだけになってしまうということです。

しかし、使い方によっては、過去の細かい記録データなども、結構役立つことがあります。それは、備忘録としての活用です。例えば、私は医者にかかったときなどは、金額だけではなく、診察結果なども備考欄に簡単に入力するようにしています。こうしておくと、家計簿を医療記録として、あるいは健康管理の記録して非常に役に立ちます。これは定期的に検査をしているものについては、特に効果的です。以前の検査結果はどうだったかとか、前回の検査から半年以上経過しているからそろそろ医者に行かなくてはならないな、とかいったことが過去のデータを検索すればたちどころにわかるからです。

また、購入した物品の管理にも役立ちます。特に電化製品などの耐久消費財については、商品名と品番なども記録するようにしているので、家計簿データを検索すれば、いつ購入したかということがたちどころにわかります。これは、耐久消費財の買い換えタイミングを判断するときに活用しています。もちろん、値段の張る電化製品などについては、保証書の類は全て保管しているので、それを見ればいつ購入したものなのかはわかるのですが、購入日がパソコン上で調べることができるのは大変便利です。

これはほんの一例に過ぎませんが、家計簿の過去データには様々な使い道があると思います。人が生活していく上では、お金は欠かすことのできないものなのである以上、お金の記録というのは、人生の記録そのものです。

家計簿に記録された過去データを収支を把握するための単なる集計データとして使うのではなく、個々のデータを積極的に活用するのも家計簿の有意義な使い方の一つだと思います。私は資産管理ソフトのMicrosoft Moneyを使用していますが、これに限らず、家計簿ソフトは使い方によってはいくらでも活用方法が見つかると思います。



関連記事:

過去の家計簿を眺める習慣


テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

はじめまして、また来ます。。。
【2011/11/13 13:11】 URL | たくみ #- [ 編集]


8月から3ヶ月も現在の金額の報告してないのは、相当だめだめなの?
ちゃんと毎回書かないとブログの意味ないよ
【2011/11/15 19:13】 URL | q #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/551-0e7c9a0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。