プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金融商品の選択眼があれば、投資戦略は自ずとシンプルになる
以前の記事の続編です。過去の記事はこちら。


金融商品の選択眼があれば、ポートフォリオは自ずとシンプルになる

金融商品の選択眼があれば、商品の乗り換えは自ずと少なくなる


今回は、過去の記事のまとめで、金融商品の選択眼があれば、投資戦略は自ずとシンプルなところに落ち着くという話です。
個人投資家における投資戦略は極めて単純なものです。まとめれば以下の2点に集約されます。


1.どれだけの金額を投資に回すか、そしてどれだけの金額を預貯金のままにしておくかにするかを決める

2.投資資金のアセットアロケーション(資産配分)を決める。これはインデックスファンドかETFの中からのみ決めればよい



ただこれだけ。極めつけにシンプルです。

そして、これも非常に重要なポイントですが、投資継続の鍵を握っているのは、投資資金ではなく、安全資金としての預貯金にあるといえます。投資資金のアセットアロケーションに悩むより先に、どれだけの金額を預貯金として確保しておくかということについてきっちりと決めるほうがよほど重要です。余裕資金は少し多すぎるというくらいでちょうどいいでしょう。金銭的な余裕は心の余裕につながり、これが投資継続にとっては重要だからです。また、投資資金のアセットアロケーションにしても、今すぐに決める必要はなく、積み立てながら徐々に考えるという方法もあります。投資の場合、車や住宅購入の場合とは異なり、まとまった金額の資金は必要ないので、よりお手軽です。個人投資家にはなんのしがらみもないので、やってみて無理だと思ったらやめればいいし、継続できそうだと思ったら継続すればいいわけで、この点でも非常に単純です。もっとも、しがらみがないがゆえに投資戦略がぶれやすいという欠点もあるわけですが。



テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント
リスク資産が少なければ、投資戦略は怖くなくなる
>しがらみがないがゆえに投資戦略がぶれやすいという欠点もあるわけですが。
ブレではなくリ・アロケーションは必要だと思います。
投資を始めるときは全くわけがわからないので、判断を誤っても仕方がないかもしれません。
しかし、ある程度失敗に気付けば後は自ずとやることは限られます・・

http://diamond.jp/articles/-/13808?page=2
私の場合の適性値はリスク資産1~2割程度ですが、数値的にも合理的です。
http://diamond.jp/articles/-/15163
『投資とお金について最後に伝えたかったこと』
この本を読むと防御的投資家に分類されるそうです。100%安全資産より若干リターンが見込める・・と。
分散投資のセオリーが正しければですが。
【2012/01/14 23:43】 URL | 預金王 #- [ 編集]

管理人よりコメント
>投資を始めるときは全くわけがわからないので、
>判断を誤っても仕方がないかもしれません。

積み立て式の場合、途中で間違いに気付いた段階で修正すればいいので、この点がまとめて一度に投資する場合と比較しての心理面でのメリットかもしれません(あるいは、単なる気休めに過ぎないかもしれませんが・・・)。
一度買ったものを売ることに対しては、大きな心理的抵抗があっても、これから投資する分を変更するということに対してはさほどの抵抗を感じないでしょう。

>分散投資のセオリーが正しければですが。

分散投資の考え方自体は間違ってはいないと思います。ただ、それは決して元本を守ってくれるわけではないし、必ず儲かることを意味するわけでもないというのは確かでしょうけどね。

【2012/01/22 19:44】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]

安全資産は複利で、危険資産は余剰で増やす回避型(ファンネル?)
>一度買ったものを売ることに対しては、大きな心理的抵抗

そう!コレなんですよね。投資に向いてないな・・とつくづく思うのがウリの時。
本当は個別株だってウリのサインが何度もあったけど、まだいける・・とつい欲が出る。
積み立ては当初画期的だなと思ったのですが、手動でETFを買っていくうちに結構(お金を)毎月出していたんだなあ~と最近思いました。
私の場合は債券(主に国債を上回る定期預金など・・)を主軸に投資をしていた(後解釈ですが^^;)ようで、金利のパワーって凄いんだなあと改めて感じています。
でも皆がネット定期などをブログに書くようになってから、あっという間に締め切りになってしまう。
今月も複利で殖えた分を合わせて国債に廻そうと思っているのですが、コレ(国債)は単利なので再投資分をETFに入れようか・・など、リスク資産はアテにせずなるべく手動でコントロールしています。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%B8%E6%94%BB%E6%92%83#.E3.83.93.E3.83.83.E3.83.88

しがらみがないというのは大変重要だと思います^^
下手に投資ブロガーだ・・と息巻いていると、引くに引けないこともありそうですから・・
http://www.youtube.com/watch?v=iylbIk1kYPo
【2012/01/23 02:21】 URL | 預金王 #- [ 編集]

管理人よりコメント
個別銘柄投資の向き・不向きとしては、売買ルールを明確にして、本当にそれを実行できるかどうかということが一つの試金石になるのかもしれませんね。もっとも、たとえそれが徹底できたとしても、お金が儲かるという保証は何もないわけですが。
【2012/01/29 16:43】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/559-0499e98e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。