プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

節約は投資よりもはるかに重要で、しかも奥が深い
いつの頃からか、投資関連の本を読まなくなって久しいわけですが、節約という部分については、今後も知識を深めていきたいと思っています。その理由は簡単で、投資の知識よりも節約の知識の方がはるかに奥が深いと感じているからです。

個人投資家というレベルにおいては、投資に関してできることはほぼ決まっています。投資の方針を決め、アセットアロケーションを決め、実際にポートフォリオを組んでしまったら、あとはもうやるべきことはほとんど何もありません。あとは放っておいて、定期的にリバランスを行う程度のことしかできません。

それに対して、節約というのは常に創意工夫が求められます。今までと同じ費用で、もっと満足度の高いお金の使い方はできないか?コスト削減の余地はないか?今まで買っていたものを手作りにできないか?どこに重点的にお金をかけ、どの部分の費用を削るべきか?
考えるべきことは山のようにあり、そして実際に実行できることもいくらでもあります。それはただ単にけち臭い生活を送るためのものではありません。それはより満足度の高い生活を送るためのものであり、より高いコストパフォーマンスを求めるためのものでもあります。


節約とは単なるケチにあらず。それは費用対効果の最大化を目指しての創造的行為だと思います。そしてこれはビジネスや仕事面においても非常に重要だと言えるでしょう。


お金の知識というと、どうしても投資とか金融・経済などの高度な方向に意識が向かいがちなのですが、実際には高度な金融知識よりも、より身近な節約ノウハウの方だというのがはるかに実践的で役に立つものです。投資において、確実にお金を殖やす方法はありませんが、無駄な支出を減らすことができれば、お金は確実に手元に残ります。投資とは異なり、そこにリスクは存在しません。節約に勝るお金の運用は存在しないのです。

そんなわけで、奥深い節約というものについて、またあらためて初心にかえって勉強したいものだと考えているところです。



テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント
対費用効果
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%91%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%B9#.E3.82.B3.E3.82.B9.E3.83.88.E3.83.91.E3.83.95.E3.82.A9.E3.83.BC.E3.83.9E.E3.83.B3.E3.82.B9.E3.81.8C.E9.AB.98.E3.81.8F.E3.81.AA.E3.82.8B.E6.9D.A1.E4.BB.B6
>一般に商品はそれを作るための材料費と加工費といった、それを作るのに必要な金額より高い価格を持つ。これを下回る価格を設定すれば、明らかに販売するごとに赤字が出る。しかし、時にこれを下回る価格設定が行われる場合があり、そういった場合に購入すると、大変お買い得になる。

まさにコレですよね^^
私もこれを実践しています・・
欲しいものはあまりなく、あり合わせで済ますことが多いですが、サモシイ節約は大嫌いです。
家、クルマは現金一括(大幅値引き)で買う。時には売り手側と仲良くなり、原価以下で買う(カーショップでバイトしてました・・)
型落ち、新古というとせこいイメージがありますが、新品と変わりません。

節約と投資の共通項を挙げるとするなら、他の人と同調して買わないことです。
かくして大きな得(利益)になる!
http://doraku.asahi.com/money/zakki/090306_02.html
http://doraku.asahi.com/money/zakki/090319_02.html
【2012/02/04 23:01】 URL | 預金王 #- [ 編集]


現在約300万の運用資金ぐらいですが
1%の利益で1年で3万。月々2500円
3%の利益で1年で9万、月々7500円

確かにこれぐらいの資金力なら節約した方が確実ということにすぐに気が付く。
しかも節約した資金を1年定期預金に突っ込めば投資とは異なり確実な複利が得られるわけですからね。

当然運用資金が1000万とかになると話は別ですけど。
【2012/02/04 23:16】 URL | hase_on #mQop/nM. [ 編集]

理屈では・・・
よく人は、収入に応じた生活をしがちだと言われます。

たしかに少し給料が上がったら車を買ったりと、自分でも心当たりがあります。

節約が貯蓄の一番の近道だと理屈ではわかっているのですが、
なかなか難しいことです。

ただウォーレンバフェットは大金持ちなのに、
普通の庶民と同じような暮らしをしているらしく、大変、驚かされます。
【2012/02/05 01:32】 URL | ろうちゃん #Cv2s2L.A [ 編集]


私は節約=無駄な物を省く、不必要な物を買わないこと
   ケチ=我慢やプライド、快適さをお金に代える行為 だと考えています。
   ケチることによって得られるものがお金やガス消費量の低下といった目に見える
   ものであり、その結果失うものが時間や快適さといった目に見えない価値です。
   例えば暖房をケチると暖房費を減らせる代わりに、冷えによって体調を崩し健康
   を失う。 速度の遅いモバイル回線では通信費を減らせる代わりに読み込み時間の
   増加によって時間を失います。

 もしケチることによって得られるお金よりも、失った目に見えない物の価値のほうが
 はるかに高価だったら(健康・友情・信頼・異性からの好感度等) ケチという行為=
 大損ですね。

【2012/02/05 17:33】 URL | 片倉(焼くとタイプ) #- [ 編集]


儲けたお金には税金がかかりますが、
節約して浮いたお金は当然非課税ですからね。
【2012/02/07 08:42】 URL | isukeke #- [ 編集]

管理人よりコメント
>もしケチることによって得られるお金よりも、
>失った目に見えない物の価値のほうがはるかに高価だったら

これは非常に重要ですね。お金の使いどころのうまい倹約家というのは、こうしたことを意識してお金を使っていると思います。


>節約して浮いたお金は当然非課税ですからね。

これも重要です。浮いた税金分も考慮すると、節約の効果はより大きなものであることに気付くことでしょう。



本文の補足ですが、より少ないお金で、より多くの効果を得る方法は工夫しだいでたくさんあると思います。例えば、寒い冬は家の中でも十分な厚着をすれば、寒い思いをすることもなく、より少ない暖房費で快適に冬を過ごすことができます。ものを買う際は、新品でなく中古を買えば、安く済みます。本を読みたいときに、図書館を活用すれば、膨大な量の本を、タダで読める上、読み終わって返却した本は図書館で管理してくれているわけですから、自宅での本の保管スペースも不要。これはほんの一例ですが、より安価でより快適に暮らす方法はいくらでも見つかると思います。
そして、そうやって浮かせたお金をより重要な分野に使う(あるいは貯めておく)方がよほど合理的というものです。
【2012/02/12 17:05】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/562-5e71516a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。