プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AIJ投資顧問の巨額損失のニュースを見て思ったこと
今回の記事の元ネタは、J-CASTニュースに出ていた、AIJ投資顧問の巨額損失の話です。


AIJ投資顧問の巨額損失 企業年金もう戻ってこない?(J-CASTニュース)

-------------引用開始-------------------------------
国内の独立系投資顧問会社、AIJ投資顧問が企業年金から運用を受託していた約2000億円の大部分が消失していることが証券取引等監視委員会の検査で発覚した。

顧客の多くは建設業者や電気工事業者、運送業者ら地域の中小企業や業界団体がつくる総合型といわれる厚生年金基金で、アドバンテストや安川電機などの企業年金もあった、という。老後の暮らしのために貯えてきた年金が、減額されたり支払われない可能性も出てきた。

(中略)

AIJは「オプションの売りなどで大きな利益をあげる」と評判になっていたとされる。運用成績が低迷するなかで、企業年金がハイリターンを追求した可能性もないとはいえない。
-------------引用終了-------------------------------


また、その後の報道によると、こんなニュースが。以下、Yahoo!ニュースより引用します。


-------------引用開始-------------------------------
年金消失のAIJが57兆円のデリバティブ取引
(テレビ朝日系(ANN) 2月25日(土)13時16分配信)

 年金資金2000億円規模の大半を失ったAIJ投資顧問が、57兆円のデリバティブ取引を行っていたことが分かりました。こうしたリスクのある取引で失敗した疑いがあります。

 AIJ投資顧問が一昨年1年間に実施した先物取引とオプション取引を合わせたデリバティブ取引高は、約57兆円に上りました。こうした損失リスクがある取引を積極的に行った結果、多額の損失が発生し、企業から預かった年金資金を失った疑いが出ています。また、AIJ投資顧問は、高い利回りをうたって実態と異なる虚偽の説明をしていた可能性があります。証券取引等監視委員会と金融庁は、年金資金が運用以外の目的に流用するような悪質な行為がなかったか、刑事告発も視野に調べています。また、年金資金を運用するほかの投資顧問会社約260社について、問題がないかどうか週明けから本格的に調査を始めます。
-------------引用終了-------------------------------




この記事を読んで、一つ疑問に思ったのは、顧客である年金基金の担当者が運用内容についてどれだけ理解していたのだろうかという点。
J-CASTの記事の中に、「『オプションの売りなどで大きな利益をあげる』と評判になっていた」とか、「企業年金がハイリターンを追求した可能性もないとはいえない」などと書かれているのですが、顧客側も、金融に関する知識があまりにもなさ過ぎたのではないかという大きな疑問が湧いてきます。

お金の運用を行う以上、お金が目減りするリスク自体は避けようがないとはいえ、多少なりとも知識があれば、オプションの売りなどで利益を上げていたうんぬんの話だけで、相当にハイリスクな運用を行っていたであろうことは容易に想像がつきそうな気がするのですが・・・。

この事件は、お金の運用を行う際には、その内容・リスクについて十分に熟知しておかないと大変なことになるという一例でしょう。虚偽の説明をしていた可能性があるということなので、それが事実とすれば、一概に年金基金の担当者にも問題があるとは言い切れませんが、高い利回りをうたっているという時点で、疑いの目を向けるくらいの慎重さが必要だとは思います。




関連記事:
財産を失う理由の大部分は浪費ではなく、誤った投資によるものである




この記事に対するコメント

所詮、他人の金。どうなったって、知ったこっちゃないということでしょう。
他人の金でギャンブルやって、儲かったら利益は自分たちのもの。損したら、借りた金は踏み倒す。これぞ、現代の錬金術。
【2012/02/27 22:57】 URL | KKMM #HuBhO90w [ 編集]

指数投資に勝る信頼性はない
しかしAIJ投資顧問もこれだけの運用の失敗(確信犯?)をするのだから、投資というものは本当に注意しなければなりません。
そういった意味では指数連動は本当に信頼感が大きいし、それ以外のものというと何らかのバイアス(儲け!)が大いにあります。

インデックス投資はリスク(損する可能性)がありますが、国債(これも指数)を含めてこれ以上の透明性のある金融資産は皆無ではないでしょうか?
【2012/02/28 12:59】 URL | 預金王 #- [ 編集]

管理人よりコメント
透明性という点では、インデックスファンドのような指数連動型のような商品が一番ベストでしょうね。なんといっても非常にわかりやすい。

それにしても、このAIJ投資顧問って、ハイリスクな信用取引で資金の大半を溶かしてしまって、損を取り戻そうと無駄なあがきをして更にダメージを拡大させ、挙げ句の果てに、家族にそれが発覚しないように損失を隠そうとするアホな個人投資家となんら変わりがないような・・・。
【2012/03/04 17:07】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]

管理人よりコメント
山崎元氏がAIJ投資顧問の事件に関して現代ビジネスに記事を書いておられるので、リンクを貼っておきます。いつもながら素晴らしい文章。


張り切る金融庁をよそに、やる気のない厚労省の怠慢。AIJ事件が暴いた「企業年金の危ない実情」(現代ビジネス)
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/31930

【2012/03/04 21:14】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/565-dc25b5a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。