プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暴騰と暴落の両方を経験して初めて投資家は一人前になるのかもしれない
私はこれまでの拙い投資経験の中で、株式市場の暴騰と暴落の両方を経験しました。金融危機が起こる以前のバブル的状況と金融危機以降の大暴落です。その経験の中で、当時思ったことが二つあります。
まず、株式市場が暴騰する中で思ったのは、「お金というのはこんなに簡単に殖えるものなのか」ということでした。そして、底なし沼のような大暴落という状況下では、「お金というのは、こんなにもたやすく減ってしまうのか」という、投資の恐ろしさを思い知らされました。
暴騰と暴落の二つの局面で感じたことは、文字通り、全く正反対のものでした。しかし、このいずれもが投資というものの本質を物語っていると私は思います。
この両方を経験した今現在、私が思うことは一つです。

それは、投資家というのは暴騰と暴落の両方を経験し、それを乗り越えてようやく一人前になるのかもしれないということです。

暴騰局面しか知らない投資家は、どうしてもリスクを甘くみるようになり、過剰なリスクをとりがちです。一方、暴落局面しか知らない投資家は、リスクを過剰評価するようになり、投資がもたらしてくれるかもしれないリターンというものの存在を見落としてしまいます。

暴騰によってそれがもたらすリターンの凄さを知り、暴落によって投資の持つリスクの恐ろしさを知る。その両者を経験し、かつそれをくぐり抜けることによって、リスクとリターンの両方を、文字通り身をもって学ぶことができるわけです。そしてそのことによって初めて、リスクとリターンの両方を意識した、バランスをとったポートフォリオ構築ができるだけの知恵が身につくのではないかと思うのです。

テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント
暴騰と暴落=笑いと怒り
人々の心理にも注目ですね。
これから上げ相場になると一気に投資本なんかも増版され、『投資やろうぜ』とか『カリスマFP』とか『インフレ、円安に対応した海外投資』などなど、証券業界も盛況になるかもしれません。
すでに外国株なんかはずいぶん上がっているので、『復興株で富を得る』とか『預貯金を捨てなさい』などかな(笑)
基本的に上がる時は遅いのですが、下がる時はガーーンと来ますのでポートフォリオには注意が必要ですね・・
【2012/03/24 23:37】 URL | 預金王 #- [ 編集]


 私も両方を経験しました。そこで私が感じたのは、銘柄選択よりも投資時期がより重要という事です。2006年に始めた人は散々な目にあったでしょうし、2009年に始めた人はそこそこ儲かっています。
 今の日本株は大相場になる可能性を秘めていて、とても期待しています。
【2012/03/31 12:14】 URL | 和也 #- [ 編集]

一人前になれない
サププライムローン問題とギリシャ通貨危機で暴落は体験したけど、まだ、暴騰は体験していません。
今後、暴騰はあるのかな。
早く暴騰を経験して、一人前になりたいです。
【2012/04/01 16:24】 URL | KKMM #HuBhO90w [ 編集]

管理人よりコメント
>これから上げ相場になると一気に投資本なんかも増版され

これはもう、いつものパターンでしょうね。上げ相場では、にわか投資家が大量に現れ、下げ相場とともに消えていくという・・・。


>2006年に始めた人は散々な目にあったでしょうし、
>2009年に始めた人はそこそこ儲かっています

短期的視点で見れば、そういうことになるでしょうね。長期的には誤差の範囲内かもしれませんが・・・。いずれにしても、投資はどこまで損失を許容するかという視点で考えないと、今は儲かっていても、いつかまた痛い目に遭うと思います。


>まだ、暴騰は体験していません

歴史は繰り返すものなので、いずれは暴騰も起きると思います。
暴落しか経験していないというのは、考えようによってはむしろプラスになるかもしれません。投資における失敗の多くは、暴騰時にリスクの存在を忘れることによって起きていると考えられるからです。今後、急激な上げ相場が訪れたとしても、決して冷静さを失わないようにしたいものです。

【2012/04/01 19:37】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/569-5ce82c11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。