プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

貯蓄は美徳だから行うのではなく、必要だからという理由で行っているに過ぎない
世の中には、「貯蓄は美徳だ」という考え方をする人がいるようです。しかし、私は全くそうは思いません。そもそも、人はなぜ貯蓄をしようとするのか。それはただ単にそれが必要だから、というだけの話に過ぎません。美徳だから貯蓄を行っているのではないのです。

普段からお金を貯めていないと、いざというときに困窮することになります。また、金儲けの天才ならいざ知らず、ごく平凡な能力しか持ち得ない普通の人が生涯に手に入れることのできるお金には自ずと限度があります。若いうちからお金を貯めておかないと、いざ老後を迎えてからお金に困ることになります。それゆえに、好むと好まざるとに関わらず、貯蓄の努力をせざるを得ないようになっているのです。節約や貯蓄というのは、要するにただそれだけの話です。

私自身は、節約も貯蓄も嫌いです。できることならば、やりたくありません。しかし、そうせざるを得ないからお金を貯めるという、不本意ながら努力をしているだけです。貯蓄を美徳だと思って行っているわけではありません。貯蓄をしていることが偉いと思っているわけでもありません。当たり前のことです。そして、その"大嫌いな貯蓄"を行うためのツールとして、面倒だと思いながらも家計簿をつけているのです。

これは投資でも同様です。中には、投資が好きだから投資をしているという人もいるのかもしれませんが、この考え方が私には全く理解出来ません。私にとっては、投資もまた、「必要だと思うから行う」という、ただそれだけの話だからです。美徳かどうかはもちろん関係ないし、投資が好きか嫌いかということも関係ありません。投資をしていることが賢明だとも思いませんし、愚かだとも思いません。私は投資も貯蓄と同様、大嫌いです。できればやりたくないというのが本音です。投資が社会貢献になるという主張をする人もいますが、投資で社会貢献をする必要性など全くありません。



貯蓄や投資は、美徳でもなければ悪徳でもありません。好きか嫌いかも関係ありません。判断基準はただ一つ、必要か否かというただそれだけです。必要と判断したのなら、貯蓄がどれだけ必要なのか、投資においてはリスク許容度はどれだけなのかということがほぼ唯一の判断基準となります。



これは、働いてお金を稼ぐということも同じです。「額に汗して働くのは尊い」と考える人もいるようですが、これもまた、働くことが尊いとか、美徳だからという理由で働いているわけではなく、働かないと生活できないから働くに過ぎません。働くのが好きか嫌いかも関係ありません。「オレは働くのが嫌いだから働かない」というのでは、生活が成り立たなくなります。「額に汗して働くのが尊い」というのは、そうでも考えないと、バカらしくてやってられないから無理矢理にそういう理由付けをしているに過ぎないと私自身は考えます。額に汗して働くのは尊いが、お金の運用で不労所得を得るのはけしからんという考え方も今なお根強いようですが、これは変な理屈だと思います。

本題からは少し逸れるかもしれませんが、お金の習慣というのは、健康の習慣とよく似ています。例えば、人は、たとえ野菜が嫌いでも栄養面を考えて野菜を食べたりしますし、運動が嫌いでも健康のために運動したりしますが、これもまた、ただ単に必要だからそうしているだけのことであり、好きか嫌いかは関係ありません。もちろん、美徳かどうかも無関係です。お金の問題にせよ、健康の問題にせよ、あるいは他の多くの物事でも同じだと思いますが、好むと好まざるとに関わらず、真剣に取り組まないと大変なことになるから実践するというただそれだけの話に過ぎないのです。



テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

まさにその通りですね。
普段感じていることをここまでみごとに文章にまとめて頂き感謝したします。
>投資が社会貢献になるという主張
これ私も嫌いです。社会貢献したいならアメリカのお金持ちのように寄付すればいいのだし。
【2012/04/22 06:44】 URL | 湊太 #- [ 編集]

最低限、
収入以上の支出をしないようにして黒字を保って貯金するのが第一ですね。
健康の例えはいいですね。
こちらも消費カロリー<摂取カロリーだと太って健康を害します。
摂取カロリーを増やすのは簡単だけど、収入を増やすのは難しいのが残念ですけど。
(^^;;;
【2012/04/22 12:26】 URL | ぷれでた #- [ 編集]


「額に汗して働く」について私はこう考えます。額に汗するのが尊いのなら、スポーツクラブに
通ってバットを振ったり水泳をしている人間はそれこそ全身から汗を流しています。なのに
彼らは尊ばれることもなく、お金ももらえません。(逆にお金を支払っています。)
逆にスポーツ選手は彼らと同じように走ったり泳いだりバットを振っていながら多額の給料
をもらっています。 スポーツ選手は汗を流したから給料をもらえたのでしょうか、いや
違います。 スポーツ選手は高得点を取ったから、メダルを取ったから、観客に夢と感動
を与えたから多額の給料をもらえたのです。
もし、汗を流す事こそが本当に尊いのであれば我々はポーツクラブに通う人にお金を
支払わなければなりません。 もちろんそんな馬鹿馬鹿しい事は誰もしません


私は価値を生み出す事が重要で、額に汗して働く事はその手段に過ぎないと考えています。


【2012/04/23 20:51】 URL | 片倉(焼くとタイプ) #- [ 編集]

管理人よりコメント
>もし、汗を流す事こそが本当に尊いのであれば我々はポーツクラブに通う人に
>お金を支払わなければなりません。もちろんそんな馬鹿馬鹿しい事は誰もしません

激しく同意!
ついでにもう一つ。
もし、額に汗して働くことが尊いというのなら、Excelのような表計算ソフトで効率よく計算する人よりも、パソコンを使わずに手計算する非効率的な人の方が偉いということになります。
もちろん、現実はそんなことはありません。結果こそが全てなのですから、できるだけ額に汗しないで効率よく仕事をする方がはるかに価値が高い。「額に汗して働くのが尊い」などというのは、「私はバカです」と宣言するようなもの。


【2012/04/23 22:36】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]

管理人よりコメント
>社会貢献したいならアメリカのお金持ちのように寄付すればいいのだし。

その通りだと思います。社会貢献と投資とは明確に切り離すのが妥当でしょう。


>摂取カロリーを増やすのは簡単だけど、収入を増やすのは難しいのが残念ですけど。

まさしく(^^;)

人間が太りやすくやせにくいようにできているのは、人類の歴史が飢えとの戦いだったからという話を聞いたことがあります。その意味では、現代人が肥満に悩むのは、贅沢病なのかもしれません。今でも、世界を見渡せば、飢えに苦しんでいる人々が大勢いるわけですから・・・。

ちなみに、いわゆる「金欠病」というのは、いわばお金の分野における生活習慣病のようなものでしょうね。

【2012/04/29 21:20】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/573-81313664
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。