FC2ブログ
プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
ゴミ投資家の視点から見たゴミ金融機関
以前に書いた記事の関連記事です。以前の記事はこちら。

銀行のホンネ。そして富裕層のお金に対する考え方

この記事において、メガバンクにとっては1000万円程度の預金者などはゴミでしかないらしい、という話を書きました。この話を、ゴミ客である私の目から見ると、逆もまた真なりということに気付きます。



すなわち、少額の資産しか持たない、ゴミ預金者やゴミ投資家の立場からすれば、旧来型の銀行や証券会社など、ゴミでしかないということです。



ゴミ金融機関と考える理由もまた簡単です。旧来型の金融機関と取り引きをしていても、たいした利益をもたらしてはくれないからです。ならば、ゴミ金融機関と考えても差し支えないと考えます。

さて、ここで、前回の記事中で参考サイトとして引用した記事を再引用します。

資産運用には興味なし 想像を絶する富裕層の資産管理術(株/FX・投資と経済がよくわかるMONEYzine)

-------------引用開始-------------------------------

「1000万円なんて、まあ、ゴミですね。われわれが相手にしているのは、資産100億円の富裕層ですから」
 そう豪語するのは、あるメガバンクの富裕層担当の営業マンだ。

(中略)

「お金を持っていない層からが何事も注文やクレームが多いですね。ですから省力化して、コンタクトを取らないようにしています。つまり、ATMのような機械がすべて応対すれば、その分、利益率が高い富裕層向けに積極的な営業活動ができますから。富裕層はいったん顧客になってもらえれば、心にゆとりがあるので、ほとんど任せきりですからやりやすいですね」(前述の営業マン氏)

-------------引用終了-------------------------------



この文章を、全く逆の視点で、ゴミ客の目から金融機関を評価して、言葉を入れ替えて文章を書き換えてみると、以下のようになります。



---------------------------------------------------

「在来型の銀行や証券会社なんて、まあ、ゴミですね。われわれが相手にしているのは、インターネット銀行やインターネット証券ですから」
そう豪語するのは、ある個人投資家だ。

「サービスも悪く、高コストファンドなど質の悪い商品しか置いていない在来型の金融機関なんて相手にする必要はありませんね。ですから、できるだけお金を置かないようにし、省力化してコンタクトをとらないようにしています。つまり、ATMのような機械のみで利用すれば、購入に値しない投資信託などのよけいなセールスを受けることもありませんし、その分、ネット銀行やネット証券の方により積極的に資産を集中できますから。ネット銀行やネット証券は、扱っている金融商品の質やサービスがいい上に利便性も高く、新商品の取り扱いにも積極的ですからやりやすいですね。」(前述の某個人投資家)

---------------------------------------------------



メガバンクがゴミ客に対して行っているのは、省力化を図り、できるだけコンタクトをとらないようにするとの話でした。ならば、我々のようなゴミ預金者やゴミ投資家もまた、ゴミ金融機関に対して同じことをすべきなのだと思った次第です。

つまり、預金者や投資家に対して利益をもたらしてくれない金融機関にはできるだけお金を置かないようにする、ということです。私も、某銀行に数百万円のゴミ客レベルの金額のお金を預けていたとき、用があって銀行窓口に行くと、「投資に興味はありませんか?」だの「投資信託はいかかですか?」だのとセールスを受けたことがあります(その後、セールスの電話もかかってきました)。しかし、ラインナップを見ると、コストは高く、ろくな商品がなかったため、きっぱりと断りました。そして今では、せっせとお金をネット銀行やネット証券にお金を移すようにし、在来型の金融機関とはATMを利用するだけで、できるだけコンタクトをとらないようにしています。

もし仮に、在来型の銀行や証券会社が、ネット銀行やネット証券のようにローコストで魅力的な商品や、利便性の高いサービスを提供してくれるというのなら、私も積極的に取り引きしようと思うことでしょう。しかし現実にはサービスも悪く、魅力のある金融商品も取り扱っていない以上、そういう対応をせざるを得ないのが実情です。

もっとも、その一方において、在来型の金融機関のサービスに魅力を感じる人がいるのもまた事実です。ネットでの取引に抵抗を示す人もまた決して少なくはありません。その意味では、在来型の金融機関にもそれなりの存在意義はあるということでしょう。



関連記事:
ゴミ投資家の逆襲



テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

最近ちょうど普通預金・定期預金の金利を調べてて気付いたんですが、メガバンクって全国で最低の金利なんですよ。
それを知ってますますメガバンクと付き合う必然性って何かあるんだろうか?と思い悩んでいたので、非常に共感できる記事でした。

行員の高い給料を賄うため?
【2012/04/28 23:23】 URL | ひでぼう #- [ 編集]


 masaさんお久しぶりです。WIN WINの原則からすると、個人投資家とメガバンクの相性は良くないでしょう。今後の流れはmasaさんのおっしゃるとおりネットが主流になると思います。ただ、現在の日本ではある程度の資産を持つのはその多くが60代以上の人たちで、この年代はまだまだ実店舗にこだわる人たちばかりです。コストや金利にもそんなにうるさくありません。「小額の人ほどうるさい」これは事実です。投信でも時価評価額の減少で一番うるさいのは100万以下の人です。

 同じ労力を掛けるならば、できるだけ単価の大きいほうが効率がよい。これは資本主義社会である以上、当然のことです。建設会社はできるだけ大きな工事を受注したい。自動車セールスマンは軽自動車よりも中型車大型車を売りたい。まあこうした本音を持ちながら仕事をしてるから、みんなそれを薄々感じる。そんなところでしょう。

 今の若い人たちの資産保有額が無視できない規模に膨らみ、だれもがネットバンクしか利用しなくなる。こんな時代がくれば、masaさんの不満もかなり解消されるのではないでしょうか?
【2012/04/29 12:35】 URL | ゆうまりの #- [ 編集]

口座は目的別
私はイイトコドリしてますね。
都銀は利便性、ネット銀行は金利(最近は低いので個人国債)、大手証券は個人国債キャッシュバック、ネット証券は無料買付と貸株・・
投信は実は銀行にしていますhttp://fund.smbc.co.jp/smbc/qsearch.exe?F=result_list1&KEY1=&KEY2=&KEY3=&KEY4=&KEY5=&KEY7=&KEY8=&KEY9=0%2C0&KEY13=&KEY14=&KEY15=&KEY16=&KEY20=&KEY21=&KEY22=&KEY24=&KEY25=&KEY99=<ype=result
【2012/04/29 16:45】 URL | 預金王 #- [ 編集]


銀行における最大の発明はATMだ…という銀行を揶揄する言葉もあるくらいですからね。
【2012/04/29 22:37】 URL | 吊られた男 #zdvXpt9s [ 編集]

三井住友は
ネットバンキングが非常に使いやすいので良く使ってます。
個人向け国債を購入したりしてます。
また、通帳無し口座だと多少の優遇がありますね。
残高はネットで確認ですよ。
ATMも使わないでくれというのがここの本音のような気がします。
【2012/04/30 16:33】 URL | ぷれでた #- [ 編集]

管理人よりコメント
>行員の高い給料を賄うため?

ある意味、そうでしょうね。実店舗や通帳の有無にこだわらず、ネット取引に抵抗のない人であれば、もはやメガバンクを含む在来型の金融機関と取引するメリットはないでしょうね。


>この年代はまだまだ実店舗にこだわる人たちばかりです。

このタイプの人はまだまだ多いでしょうね。また、たとえ高齢者でなくとも、ネットでの取引に抵抗をしめる人もそれなりにいると思われますし。

>投信でも時価評価額の減少で一番うるさいのは100万以下の人です。

実店舗だとこういう人たちへのフォローも大変でしょうね。恐らく、リスクについてきちんと理解出来ていない人も相当な数に上ることでしょう。もし、お金を減らすのがイヤだというのなら、最初から投信など買わないで、おとなしく預貯金に留めるべきだと思うのですが、それすら理解出来ない客もけっこういるのでは?


>私はイイトコドリしてますね。

用途に応じて使い分けるというのが今の時代のやりかたでしょうね。


>銀行における最大の発明はATMだ…という銀行を揶揄する言葉もあるくらいですからね。

ATMといえば、いつもATMを使う度に、その性能の高さには関心します。
海外のATMなんかだと、色々とトラブルもあるようですね。


みずほインターナショナルキャッシュカードのご利用に関する留意点について(みずほ銀行)
http://www.mizuhobank.co.jp/info/info061106_02.html
-------------引用開始-------------------------------
みずほインターナショナルキャッシュカードを海外でご利用される場合は、以下の点に十分ご留意ください。
また、海外ATM利用時のご利用明細は大切に保管してください。トラブル時の貴重な証明資料となります。

(1)国内ATMと海外の提携ATMの性能や通信ネットワークの環境等は同一ではありません。
当該カードを海外の提携ATMでご利用される場合は、以下のトラブルが発生する可能性があるため、ご留意のうえご利用ください。
・利用中に故障して現金とカードが出てこない。
・操作は正常に終了しているのに、現金が出てこない。
・正常に処理された取引金額よりも受け取った現金が少ない。
・カードがATMに取り込まれて、出てこない。
・取引を中止した(現金の払い出しをしなかった)にもかかわらず、口座から引き落としされている。
-------------引用終了-------------------------------



>ATMも使わないでくれというのがここの本音のような気がします。

まあ、そうでしょうね(^^;)
私の方も、給料の振込&各種料金の引き落とし等の目的のために、メガバンクの口座をいくつか持っていますが、全てネットバンキングを利用しています。優遇はけっこういい感じですね。


【2012/05/06 16:05】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/574-93acecc8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)