プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インデックスファンド投資は初心者向けなのかという問題
投資関連本を読んでいると、時折、「インデックスファンドは初心者向け」という記述を見かけることがあります。しかし、私はそれはちょっと違うんじゃないかと思っています。

そもそも、投資型の商品に初心者向けのものなど存在しないと思います。投資型のみならず預金も含めた金融商品全体で考慮するなら、初心者向けの金融商品としては普通預金や定期預金が挙げられるでしょう。しかし、投資型の金融商品の場合には、それがどのようなものであれ、それなりに大きなリスクを伴うわけですから、たとえそれがインデックスファンドによる国際分散投資であろうとも、「初心者向け」と表現するのはおかしいと思います。投資においては、常にリスクについての理解と、リスクを受け入れる覚悟が必要です。投資を行う以上は、無知であることは許されず、”初心者”という言葉は免罪符にはなり得ません。
ただし、初心者向けの商品は存在しないとしても、投資型の金融商品の中で、最も無難なものを一つ挙げよと問われたら、インデックスファンドが筆頭に上がるのは確かです。シンプルでわかりやすく、ローコストで手間いらずでできる投資方法は他には見当たらないからです。

そして、今ひとつ思うのが、もし、インデックスファンドが初心者向けというのなら、上級者向けとしてはどんなものがあるのか?という疑問です。人によって、個別銘柄投資だとか、アクティブファンドだとかいう答えが返ってくるのかもしれませんが、これもちょっと違うのではないかと思っています。


私が考えるに、インデックスファンド投資というのは、むしろ、他の投資方法で失敗・挫折した人が最後の最後に辿り着く投資方法なのではないだろうか、ということです。


インデックスファンド投資というのは大変地味なものです。市場平均に負けない運用を行うだけです。ゆえに、もっと派手に稼げそうなイメージのある(あくまでもイメージだけですが)、個別銘柄投資、アクティブファンド、ヘッジファンド、あるいはレバレッジを効かせた信用取引・為替証拠金取引(FX)といったものに心を惹かれやすいのではないかと思います。
しかし、こういったものは、さほど大きなリターンが得られないままに終わるか、下手をすれば手痛い失敗に終わることも多いものです。そうした失敗を経験した人たちが、最終的に、手間がかからず、よりシンプルで地味な投資方法を追い求めようとすると、結局はインデックスファンド投資しか残らないと思います。アクティブ投資で大きく儲けるというのは至難の業だからです。

その意味では、インデックスファンド投資というのは、初心者だけではなく、様々な投資方法を経験してきたベテラン投資家にこそふさわしい投資方法だと言えるかもしれません。先の金融危機の際には、ほぼ全ての資産クラスが下落したことから、インデックスファンド運用への信用度が大きく下落した印象も受けましたが、じゃあ、他にもっとマシな投資方法があるのかといえば、残念ながら存在しないというのが実情だと思います。他の投資方法では、さらに大きな失敗をする可能性の方が高いものです。そうすると、投資を行うのであれば、実質的にインデックスファンド投資しか選択肢はないという結論に達します。

最後に、話をまとめると、以下の通りとなります。

「初心者向けの投資型の金融商品など存在しない。しかし、もっとも無難な商品としては、インデックスファンドが挙げられる。そしてそれは、これから投資を始めようとする人のみならず、様々な投資方法を知り尽くしたベテラン投資家においてこそふさわしい投資方法である」ということです。



--------------------

なお、次回は恒例の利回り公開の予定です。



テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

寿司は「玉に始まり玉に終わる」。釣りは「フナに始まりフナに終わる」。
インデックスファンドも同じようなものかもしれません。
【2012/05/05 21:09】 URL | miyaken #mQop/nM. [ 編集]


私には特に初心者向けとも思えません。
むしろ個別株の方がαなどもわかって、初心者が「勉強」するにはいいかすら思っています。
【2012/05/05 22:56】 URL | 吊られた男 #zdvXpt9s [ 編集]

他の良い商品がない現実
『最初はインデックスで投資するといいですよ』と他人に言われたら多分やっていなかったと思います。右肩下がり経済、円高、金利安(債券高といってもわからない)なのが現状です。
只、じゃあ他の選択肢は?と言われても、株で売り買いするくらいしか初心者には(多分)わからない。せいぜい上手く損切れず、長期で持っていれば何とかなると思い込むくらいでしょうか・・
でも自分で投資理論を学び、主体的に投資商品を買っていくようになれば自ずと気付くような気もします(絶対ではなく相対的にこの選択かな・・)
【2012/05/06 00:43】 URL | 預金王 #- [ 編集]

管理人よりコメント
>寿司は「玉に始まり玉に終わる」。釣りは「フナに始まりフナに終わる」

これは素晴らしい名言。
書いておられるように、まさしくインデックスファンドも同じでしょう。


>むしろ個別株の方がαなどもわかって、
>初心者が「勉強」するにはいいかすら思っています。

同意。
個別銘柄投資というのはいわば投資の王道ですから、勉強用には最適でしょうね。
ただ、勉強目的ではなく、合理性と実用性のみで考えると、インデックスファンドがベストなんでしょうけど。


>他の良い商品がない現実

結局のところ、これに尽きるのではないかと思います。
インデックスファンド投資を否定して、他の投資方法を色々と試したとしても、他にいい方法がない以上、最後の最後には、まだインデックスファンドに帰ってくるという結果になると思います。


【2012/05/13 16:12】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/575-d6fd4b67
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。