プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お金の貯まる人が持っている、お金に対するいい意味でのルーズさ
もうずいぶん昔に読んだ本の話ですが、丸太潔著「お金がたまる人たまらない人―なぜあの人はお金がたまるのか」という本の中に書かれていたことが印象に残っています。それは、「お金の貯まる人は、いつでも引き出すことができる普通預金に100万円以上預けている」という話でした。

普通預金にはほとんど金利がつかないということを考えれば、これは、お金の管理という観点で見るならば、非常にいい加減でルーズだという見方もできるかもしれません。しかし、実際のところ、お金の貯まる人に共通する人の特徴として、「いい意味でのお金のルーズさ」が挙げられるのではないかと思います。それは、「ある日、ふと気付いたら、普通預金に100万円以上のお金が貯まっていた」というものです。これは浪費家とは対極に位置するといえるでしょう。浪費家の場合であれば、半ば無意識的にお金を使ってしまっているので、「気付いたら、銀行の普通預金の残高がなくなっていた」となりがちなのですが、貯蓄体質の人は全く逆で、無意識的にお金を倹約しようとするので、知らないうちに普通預金にお金が貯まっていたということになりやすいものです。こういういい意味でのいい加減さは、無意識的にお金を貯める習慣と、それによって、お金にある程度の余裕ができているからこそなせる技だと言えるかもしれません。

普通預金というと、利息がほとんどつかないがゆえに馬鹿馬鹿しいという人も多いですが、少なくとも、「お金を守る」と言う意味では、そんなに悪い商品とは思いません。名目上はほぼゼロ金利でも、デフレ経済下ではさほど問題はありませんし、いつでも下ろすことができますから、流動性の高さも申し分ありません。定期預金にするにしても、ある程度お金が貯まってから、まとまった金額を定期預金に移した方がいいという考え方もあります。

また、これも重要ですが、お金を貯める能力と、投資などのいわゆる財テクとは全く関係ないということです。お金を持っている人イコールお金の投資・運用のうまい人という図式は必ずしも成り立たず、むしろ投資や財テクの類には疎い人も多いと思われます。


浪費家のお金のルーズさは決して真似すべきものではありませんが、貯蓄体質の人の持つお金のルーズさには見習うべき点も多いのではないかと思います。



関連記事:
貯蓄が得意であるからといって、投資に向いているとは限らない



テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント
投資は別にやらなくてもよい
>普通預金に100万円以上

これは投資をする上でも生活をする上でも基本中の基本ですよね^^
私は以前もうすこし少なくてもいいかな・・と有り金ギリギリで定期預金をしていましたが、いざという時に途惑ったことがあります(これが投資だとゾッとします)。
今は100~200くらいが生活防衛資金としては妥当かな・・と思っています。
これ以上はまあ、人それぞれのポートフォリオということで。
定期や国債で安全に行くのもよし、株式でリスクを取るのもよし、ルーズに全く殖やさない無欲さでもよし
【2012/05/26 22:53】 URL | 預金王 #- [ 編集]


我が家の普通預金やMRFなどに入っているお金は500万どころではありません。
流石にルーズすぎかなとちょっと反省します。
いくらかは絞れても、やろうとしていることが窮屈になり間違いなくストレスが貯まるので、多分放置したままでいき、そこからある程度貯まって逆のストレスがかかりはじめると定期預金や国債を探すという感じです。
基本的に、投資額はふやさない方針なので、投資に回すという流れもないですし。
 
【2012/05/26 23:27】 URL | うさみみ #- [ 編集]

新大不況時代のお金がたまる人たまらない人
追記
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1340150423?fr=chie-websearch-1&k=34vV7tyQnZaZkZqGzpWui5CPlsuRqIaLn5bc3oWui5%2BQkIvV7ouohaSLm5DV3tjm4pCdlk0nJkv9I5RPK%2FeWlZHSzcyVrouek6SZn56Ui5%2BWyt7T3c2RqIaLn5bRkJ2Wm5GahtrWlqOQlZaVkdeGo5WlnKKTpZ6fopacrefY2tnZzeufl5yrppyhlqahqeHT1enZzZCPlt2RqIaapqehn5Wlm6WehpWV6NjZyOKLqZCWi5%2BW25CdlpuR6w%3D%3D
>普通貯金をバカにしてはならない。株式投資で数百万円単位の損失を被った人は掃いて捨てるほどいるが、普通貯金に預けたお金で1円でも損した人はひとりもいないのである。「たまる人」は普通貯金にお金をたくさん預けている。

この本衝撃的です^^
貯蓄本はそんなに数がないので貴重ですね(貯蓄と名を借りた投資本の多いこと・・)
普通預金は意外と少なかった(と思う)ので、ちょっと見直さなければならないかもしれませんね。
株(インデックスを含む)をやってる分は、全て(マイナス分は)普通預金だったと思い割り切るか・・
【2012/05/27 21:46】 URL | 預金王 #- [ 編集]

管理人よりコメント
>>預金王さん

普通預金を馬鹿にする人に投資はできないでしょうね。ある程度の貯蓄があって、資金に余力があることが投資をするための前提条件ですから。



>>うさみみさん

>流石にルーズすぎかなとちょっと反省します

私の方も、口座を調べてみたら、普通預金やMRFに放置したままのお金がけっこうな金額になっていることに気付きました。私も、やっぱり今回の記事に書いたようなお金に対するルーズさを持っているようです。やれやれ・・・。

【2012/06/03 19:16】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/578-6278d076
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【お金の貯まる人が持っている、お金に対するいい意味でのルーズさ】

もうずいぶん昔に読んだ本の話ですが、丸太潔著「お金がたまる人たまらない人―なぜあの人はお金がたまるのか」という本の中に書かれていたことが印象に残っています。それは、「お金の貯まる人は、いつでも引き出すことができる普通預金に100万円以上預けている」とい... まとめwoネタ速neo【2012/05/27 02:24】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。