プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カタログや広告においては、本当に重要なことは小さな文字で書いてある
今回は私が電化製品を買う際に気をつけていることについて書いてみたいと思います。それは何かというと・・・



カタログや広告において、本当に重要なことは小さな文字で書いてあるということです。



どんなものでも同じですが、商品カタログには、その製品の特徴が大きな図と文字で説明されています。しかし、私が注目するのはそこではなく、むしろカタログの片隅にほんの小さな文字で、※とか※1とかいう形で書かれている注釈の部分。この欄は本当に小さな文字で書かれていて、目の悪い人であれば虫眼鏡で見なければ見えないのではないかというくらいに小さく表記されていることが多いものです。しかし、この注釈こそが商品の購入を検討する上で最も重要な部分だと思います。この項目には例えばこんな感じで書かれています。

※○○はできません。
※○○できない場合があります。
※○○には対応しておりません。
※○○を利用するためには、別途、市販の△△が必要です。
※○○は全て別売りです。
※○○を利用するには、別途、○○サービスの契約・使用料が必要です。
※効果の感じ方には個人差があります。
※カタログ上の数値は、性能を保証するものではなく、使用状況によっては、記載の数値を下回る場合があります。
※○○と△△の同時利用はできません。

・・・というような具合です。
あえて小さな文字で書いているということは、その商品を作っているメーカーにとってはあまり知られたくない(目立ちたくない)ことが書かれているケースがほとんどです。商品の長所については、目立つように大きなイラストや写真とともに詳しい解説が掲載されているものですが、短所については大きく書かれることがないので、この欄外の注釈を熟読することは非常に重要です。これが、購入するかどうかの決め手になることも少なくないと思われるからです。

また、上に書いたような表記はなくとも、仕様一覧の表などを見て細かい部分をチェックしているうちに問題点に気付くこともあります。例えば、当然あると思っていた機能がないとか、期待したほど高性能ではないとかいった類のことです。

いずれにしても、商品の広告やカタログについては隅から隅まで目を皿のようにして熟読することが必要だと思います。そうでなければ、商品を買ってから「こんなはずではなかったのに・・・」と後悔することになりかねないからです。

ちなみに私は、商品のカタログについてはネットで見るのではなく、できるだけ紙のカタログを手に入れるようにしています。欲しい機能のところに丸印をいれたり、価格調査の結果を書き込んだり、他社製品のカタログと見比べたりといったことがやりやすいためです。何より、一言一句に至るまで細かく仕様のチェックを行う上では、やはり紙のカタログの方が視認性に優れていると思います。
また、商品を購入する際には、ネット上の口コミ情報を調べることが重要なのは言うまでもありません。口コミ情報の中には、明らかに間違ったものや誹謗中傷の類、また業者の宣伝ととれるものが混じっていることもありますが、全体としてみれば、十分に参考になると思います。
いずれにしても、商品購入に際しては、十分な調査・検討が必要です。



関連記事:
無料商法に気をつけよう




テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント
これは・・
金融商品、保険商品にこそ当て嵌まりますね・・
トラップはそこら中に隠れており、それこそ舐める様に見なければ(笑)
電化製品はメジャーなものであればそこそこ同じですが、携帯関係などは複雑にオプションとかで加算しようとしていきます。
これは外れますが、家電の場合ショップの在庫処分などを狙うと原価により近い金額で買えることもあります。『お客さん、商売になりませんよ』・・的になったら占めたもの?
広く薄く、マニアになり過ぎず。さりとてセコ過ぎる我慢も考えものですが・・
【2012/06/16 22:25】 URL | 預金王 #- [ 編集]

大事なことこそ隠す・・・
こういうのってズルイですよね(笑)
書いてあれば法律的に問題ないのだとしても、とても消費者のことを考えているとは思えません!
こういうところの規制ってされないのでしょうか・・・
【2012/06/21 22:57】 URL | ケントマン #6vm6X3Ko [ 編集]

管理人よりコメント
>>預金王さん

確かに、金融商品や保険商品の場合は特に重要になりますね。
特に保険の場合、どういう場合に保険金が出て、逆にどういう場合に保険金が出ないのか、細かいところまでチェックする必要があるでしょう。


>>ケントマンさん

まあ、少なくともウソは書いていないわけですから、あえて規制するほどのこともないとは思います。
とはいえ、消費者はより賢くなければなりませんね。



【2012/06/24 20:07】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/581-5430028e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【カタログや広告においては、本当に重要なことは小さな文字で書いてある】

今回は私が電化製品を買う際に気をつけていることについて書いてみたいと思います。それは何かというと・・・カタログや広告において、本当に重要なことは小さな文字で書いてあるということです。どんなものでも同じですが、商品カタログには、その製品の特徴が大きな図と... まとめwoネタ速neo【2012/06/20 03:34】

正直者ビジネスと金取りビジネス

ビジネスはお客さんに興味を持ってもらって、商品やサービスなどとお金を交換します。僕は、「ビジネスは価格と価値の交換」だと思っているのですが、その価格の設定というのがなか... ちょっと知りたい「お金の知識」【2012/07/05 00:22】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。