プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投資における失敗談
今回は、私が過去に行ってきた投資活動を振り返ってみての失敗談について書いてみようと思います。他人の失敗から学ぶことは意義深いと思うからです。

私の投資の最大の失敗は何かというと、それはJ-REIT(不動産投資信託)の個別銘柄を買ったことだったと考えています。これは、最終的には損切り売却を実施し、現在は保有していません。
それで、何が失敗だったのかというと、私自身がREITの個別銘柄というものに対して、十分な知識と判断力を有していなかったにもかかわらず、投資してしまったということです。損切り売却したことが問題なのではなく、「自分に理解出来ない商品は買ってはならない」というルールを破ってしまったということが最大の問題でした。


REITに関しては、私は一つ大きな大きな勘違いをしていました。それは何かというと、商品の仕組みをわかっているということと、投資判断ができることとは異なるということを理解していなかったということです。


REITについては、一応、それなりの知識は持っていました。J-REITの仕組みや商品特性についてはきちんと解説本を読んで理解していたつもりではいました。しかし、それはただ単に「REITとは何ぞや」というレベルの話であり、投資家にとって必要不可欠な投資判断ができるというレベルの知識や判断力は有していなかったのです。実際、分配金支払の際に送られてくる資料をみても、そこに書かれている数字の意味を読み取ることは全くできませんでした。これでは投資家失格です。

私がこの基本的な間違いに気付いたのは、某J-REITが破綻したというニュースを見たときでした。破綻したREITは私の保有するものとは全く無関係なものでしたが、このニュースが、自分自身を省みる大きなきっかけtなりました。「果たして、自分は保有しているREITに対して十分な知識を有しているのか?果たして投資判断はできるのか?」ということをあらためて自問自答したのです。その結果、自分自身のあまりの無知ぶりに我ながら驚いたのを覚えています。そこで、「理解出来ない商品を買ってはならない」という大原則のルールを守るために、損切りしてでも売却を実行したわけですが、これはいい勉強となりました。

ちなみに、これ以降、自分に理解出来ない商品は一切買わないことを心に誓うところとなり、今日に至っています。今、あらためて振り返ってみて思うことは、真の意味で金融商品を理解するということは意外と難しいということです。金融商品の仕組みや商品特性を理解しているつもりではいても、だからといって、投資判断ができるだけの知識と判断力を有しているとは限りません。しかし同時に、私はこの失敗によって、ようやく、「理解出来ない金融商品を買ってはならない」という言葉の真の意味を悟ったというも事実ではあります。





テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント
リスク資産での成功はまぐれの可能性が高い
>だからといって、投資判断ができるだけの知識と判断力を有しているとは限りません。

知識は勉強できますが、投資判断は単なるまぐれでよくなる程度・・
ほとんどの人が失敗するのではないでしょうか?(だから証券会社が儲かる)
その点、確定利付きは確実です^^(証券会社は商売になりませんが)
【2012/06/24 19:55】 URL | 預金王 #- [ 編集]


知識というのは、あるものを認識することは簡単ですが、無い部分を無いと認識することは難しい上に、どの程度無いのかを推量するのはなお困難を極めます。

無知と知の境界を認識することは、難しいですね。
【2012/06/25 20:20】 URL | am #htcttySU [ 編集]

失敗の教訓を生かしたい。
オークもJ-REITでは大きな失敗をしました。失敗から大変貴重な教訓を得ました。
現在①R-ビルF(8951) ②R-ジャパン(8952) ③REIT-ETF(1343)で運用しています。失敗の経緯を下記に年代を追って記します。
                    8951    8952   日経平均    
J-RIET研究開始   2006/4    1120    1080    17403
値が上がり焦る      2006/12    1580    1280   15307
定期満期 購入      2007/2    1770    1390    18188
J-REIT最高値    2007/5    1980    1690    17394
リーマンショック     2008/10    689     560    7173
現在           2012/6     752    712     8798

J-RIETを始めようとした理由は ①10か月後に満期が来る定期預金の運用先を検討していた。 ②高利回りで年2回配当が出る商品は魅力的。 ③値動きをチェックすると確実に上昇を続けている。研究を開始した頃の景況感は、 日本の株式市場は長いトンネルを抜けて明るい景色が広がっていました。J-RIETは値上がりが続き早く買いたい、定期預金の満期を首を長くして待っていました。満期日が来て 2007年2月念願の「8951」「8952」を手に入れました。 その後も更に上昇を続け2007年5月に最高値をつけました。忌まわしいリーマンショックが起きて、その後は深い谷底に落ちたまままだ這い上がれない状況です。 
得られた教訓 ①今後絶対に個別銘柄の投資はしない。 ②今後絶対に焦って投資判断をしない。 ③投資の金額と期間を分散させる。(ETF利用) ④インカムゲインの考えは間違っていない。 オークはこの失敗の教訓を忘れないために損切りせずに、持ち続けてインカムゲインを再投資に向けます。(対外的な評価を気にしない個人投資家の強み?)
その教訓を基に2009年7月から REIT-ETF(1343)の購入を開始しました。月1回 50口づつ、松井証券(10万以下無手数料)で、基準価格が安いと思えた時(1000円以下)現在では1800口に達しました。今後も積み立てを継続するつもりです。年4回の配当を楽しみにしています。
【2012/06/25 22:38】 URL | オーク X32 #- [ 編集]

管理人よりコメント
>>預金王さん

確かに、投資判断というのは、結果としてみれば、まぐれの部分が大きいのは確かではあります。
しかし、今回私が問題にしたのは、資料に書かれている数字の意味をきちんと読み取る能力がなかったにも関わらず投資をしてしまったという点です。リターンについての結果は運次第だとしても、リスクについての判断ができていなかったのはやはりまずいと反省した次第です。


>>amさん

>無い部分を無いと認識することは難しい上に、
>どの程度無いのかを推量するのはなお困難を極めます

その通りだと思います。無知であることを知るというのは大変難しい・・・。


>>オークX32さん

失敗談の公表、ありがとうございます。
過去の教訓を生かすことができれば、それは最終的な失敗とはならず、成功の一過程とすることができるかもしれませんね。

そもそも、投資においては失敗は避けられないと思った方がいいのかもしれません。自分の運用スタイルが完全に確立するまでの間は特にそうだと思います。

最後に一言。
投資においては、必勝法はないにしろ、いかに失敗を回避するかは非常に重要なので、失敗談を共有することには大きな意味があると思っています。なので、思いついたことがあれば、また失敗談を書いてみたいと思います。
【2012/07/01 20:37】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/582-a6d8c6ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【投資における失敗談】

今回は、私が過去に行ってきた投資活動を振り返ってみての失敗談について書いてみようと思います。他人の失敗から学ぶことは意義深いと思うからです。私の投資の最大の失敗は何かというと、それはJ-REIT(不動産投資信託)の個別銘柄を買ったことだったと考えています。こ... まとめwoネタ速neo【2012/06/25 09:52】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。