プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

運用利回り(2012年7月7日現在)
恒例の運用利回りです。


-------------------------
運用利回り(2012年7月7日現在)

*トヨタアセット・バンガード海外株式ファンド 投資収益率 -29.4%  年間収益率 -5.4%
*SMTグローバル株式インデックス・オープン 投資収益率 +9.7%  年間収益率 +5.1%
*SMT新興国株式インデックス・オープン 投資収益率 -4.4%  年間収益率 -2.0%
*SMTグローバル債券インデックス・オープン 投資収益率 -3.9%  年間収益率 -1.7%
*TOPIX連動型上場投資信託 投資収益率 -22.7%  年間収益率 -4.8%
*さわかみファンド  投資収益率 -27.1%  年間収益率 -5.3%
*外貨建てMMF(アメリカドル) 投資収益率 -17.6%  年間収益率 (データなし)
*外貨建てMMF(ユーロ) 投資収益率 -17.2%  年間収益率 (データなし)
*純金積み立て 投資収益率 (データなし)  年間収益率 (データなし)

参考:1米ドル= 79円36銭、1ユーロ= 97円 68銭(ソニー銀行)


※外貨建てMMFの投資収益率は、円換算のものです。
※それぞれ、配当金(分配金)込みでの利回りです。
※純金積み立ては田中貴金属工業にて行っています。

-------------------------


今回は約一週間前の2012年7月7日にまとめたデータです。
金融危機以降、ずっとそうであるように、今回も元本割れ継続中です。私が投資を開始したのが2003年4月の話ですから、あれからすでに9年以上経過していることになります。あと1年足らずで10年となるわけですが、過去9年のトータルで見ると、お金は殖えるどころか、マイナスという状態。これでも金融危機の最悪期よりはずいぶんと改善してはいるわけですが、やや回復しては下がり、回復しては下がり・・・という状態を繰り返しているという印象があります。世界経済の現状を考えると、まだまだプラスに転じるのは難しそうな状況です。

とはいえ、元本割れというのは、投資をすると決めたその時から覚悟していたことです。お金が殖えるに越したことはありませんが、元本割れという事態を受け入れるのは投資家としては当たり前のことであり、後悔はありません。今後もリスク許容度を意識しつつ、投資を継続し、推移を見守りたいと思います。




テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

まあ、200万くらいなら損出は軽いと思います。
私もリスク資産は(トータルで)マイナスですが、安全資産もありますしね。
masaさんはソニー銀行でしたっけ?
あの時、1.5%にもっと入れとけばよかったかな・・
【2012/07/15 20:56】 URL | 預金王 #- [ 編集]

信託報酬(コスト)は馬鹿にならない。
外貨MMFのアセットのカテゴリーは「外国債券」に分類しています。債権は「利回り」が命だと思います。過去のレートと利回りを確認すると以下の通りです。
                  EUR MMF         UD$ MMF
2007/7/14       168.09  3.290       121.92  4.635
2008/7/12       169.29  3.691       105.89  1.814
2009/7/18       132.84  0.406        94.20  0.292
2010/7/17       111.98  0.255        86.62  0.255
2011/7/16       111.98  0.756        79.09  0.109
2012/7/14        96.94  0.104        79.19  0.182 
(ニッコウMMFより)
EURとUS$の「利回り」は2009年頃から「1%」を下回ってしまいます。外貨MMFの信託報酬は年率0.91%(上限)です。と言うことは持ち続けると「損する」状態が、これからも続く事だと理解しました。(米国の金融政策・欧州のゴタゴタを考えると)

オークはEURとUS$のMMFを手仕舞いしました。(損確定)そして、その半額で「BND」を買い付けました。この後も残りの半額をドルレートを見ながら買い付け「BND」を増額して行く方針です。

ちなみに「トヨタアセット」も2008年11月に手仕舞いしました。信託報酬1.3005%を考えて、「VTI」「VGK」「VWO」のETFに切り換えた経緯があります。
【2012/07/16 07:38】 URL | オーク X32 #- [ 編集]

信託報酬は大きい
安い時に投資信託をかなり買いましたが、プラス70万~マイナス70万のあたりを行ったり来たり。
今はプラマイゼロくらいです。
しかし・・・よく考えると、ここ数年、私は
信託報酬を払っているだけということになります。
証券会社をもうけさせているだけですね。
定期預金の利息が0.1%なのに信託報酬は1%がざら。
これでは投資家は儲かるはずがないですね。
【2012/07/18 13:09】 URL | ろうちゃん #HfMzn2gY [ 編集]

管理人よりコメント
>>預金王さん

十分な安全資産があれば、少々の損失など、恐るるに足らず。
もっとも、だからといって、このままずっとマイナスのままでは問題ですがね・・・。


>>オーク X32さん

外貨建てMMFに限った話ではありませんが、利回り<信託報酬 となってしまうと、事実上持ち出しになってしまいますね。
トヨタアセットについては、かつてはいい商品でしたが、今となってはもはやコスト高なので、私も手仕舞いしてSMTに乗り換えようかと考えてはいるのですが、これは金融危機以前の積み立て分で、金融危機以降に積み立てを始めたSMT(旧STAM)とは積み立て時期の視点で見ると、対極に位置します。両者の利回りが今後どうなるのか対比させて比較するなど、ブログ的には今後の推移を見るのが面白く、ネタになりそうなので、まだ温存しておこうかと思ったり。ま、投資家的には明らかに非合理なのですがね・・・。


>>ろうちゃんさん

顧客である投資家が儲かろうが損しようが、信託報酬は確実に払わなくてはならないわけで、これはまあ仕方がありませんね。投資家というのはどうしたって不利な位置にあるのは、やむを得ないでしょう。


【2012/07/22 20:34】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]

ベンツ1台分
http://money.jp.msn.com/news/yucasee/%e6%8a%95%e8%b3%87%e5%ae%b6%e3%81%af%e3%83%99%e3%83%b3%e3%83%841%e5%8f%b0%e5%88%86%e6%90%8d%e3%82%92%e3%81%97%e3%81%a6%e3%81%84%e3%82%8b-1
>86.1%が株式投資の経験があったが、損している人はの平均損益率はマイナス53.2%(平均投資額1002万円、平均時価469万円)だった。
 一方で、自力投資がダメならと他力に運用してもらう投資信託に投じた場合も、平均損益率はマイナス30.7%となった。


コレ洒落になりませんな・・
masaさんとか私はかなりマシかもしれませんよ^^
【2012/07/27 00:25】 URL | 預金王 #- [ 編集]

管理人よりコメント
>>預金王さん

勝敗は兵家の常。同様に、損益は投資家の常ということでしょう。
50%オーバーのマイナスはさすがに大きいとはいえ、損失を出すことを恐れていては投資はできないのもまた事実。
【2012/07/29 20:26】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/585-a95af611
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。