プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腹八分に医者いらず。支出八分に借金いらず。
「腹八分に医者いらず」という言葉があります。誰でも知っている格言ですが、これはけだし名言です。腹八分を守らず、ただ食べたいだけ食べ、お酒を飲みたいだけ飲んでいたら、最後には病気になってしまい、食事制限せざるを得なくなったりします。好きなものを好きなだけ食べたり飲んだりしたがために、かえって好きな物を食べたり飲んだりすることができなくなるわけです。

これはお金の分野でも全く同じです。もし、支出額に一切の制限を設けず、ただ欲しいものを欲しいだけ買うという無茶なお金の使い方をしていれば、いつかお金が足りなくなり、最後には欲しい物があっても買えなくなってしまいます。それがさらにエスカレートして借金に頼るようになると、金利の支払いがかさみ、ますます生活が苦しくなります。しかし、支出するお金を、収入の八割までにとどめておけば、お金は確実に貯まっていきますから、不意の支出にも対応できるだけでなく、高額商品を借金することなく一括払いで買うことも可能になります。支出八分に借金いらず、というわけです。

健康問題にしろ、お金の問題にしろ、自由にやりたいことをやったがために、かえって不自由になってしまうというのは、なんとも皮肉なことです。



節約家や貯蓄家が倹約を心がけるのは、お金が惜しいからお金を使わないのではありません。それは結局のところ、自分の欲しい物を欲しいときに買えるようにするためです。ほんのちょっとだけ支出を抑えるというのは、一見すると不自由に見えますが、それを続けていくと、かえってお金に不自由しなくなり、欲しいときに欲しいだけ、自由にものを買えるようになるのです。



ちなみに、食事においては、偏食をせず、バランスよくいろんなものを食べることが推奨されますが、これはお金でも同じです。ポートフォリオを構築する際には、特定の金融商品に偏ることなく、各資産クラスをバランスよく保持することが勧められます。

健康の習慣とお金の習慣にはいくつもの共通点があります。健康の秘訣も、金銭管理の秘訣も、結局は似たようなものです。そこに裏技や必勝法は存在せず、ただ当たり前のことを淡々と当たり前にこなす。この、実につまらない、誰でも知っていることを実行することが、健康の秘訣であり、お金に困らない秘訣です。唯一の問題は、その簡単なことを実行するかどうかという、ただそれだけのことに過ぎません。




関連記事:
健康とお金の共通点

貯蓄は美徳だから行うのではなく、必要だからという理由で行っているに過ぎない



テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント
嗜好品とリスク資産
私にとってリスク資産はコーヒー、酒、デザートのようなものかもしれません。
一度癖になると金が掛かり嵌りこむ。
過剰摂取は禁物ですが、なくても刺激がありません。
最適なバランスはいつも悩みどころでもありますね・・
【2012/07/21 23:52】 URL | 預金王 #- [ 編集]


食事には満腹中枢がありますが消費欲望には満腹中枢が無いですからね。
食べ物であればいくらおいしい食べ物であろうと食べているうちに満腹感を
感じて一定量以上は食べることができなくなります。
それに対し消費欲望は満腹感を感じません。 最初は新品の靴を買って満足
していたのにそのうち飽き足らなくなり高級な靴を買い、それでも我慢できずに
履ききれないにも関わらず高級な靴をイメ○ダ夫人のように何足も買い漁ったり
と。  今の時代、お金を消費しようと思えば簡単に出来ますから余程気を
つけないといけませんね。
【2012/07/22 21:59】 URL | 片倉(焼くとタイプ) #- [ 編集]

八分目・・・
健康のことも、お金のことも、わかってはいるのに不動理的な選択をしてしまうのが人間の心理ですよね。自分では何をすれば正しいのかわかっているはずなのに。
人間は不思議な生き物です。
【2012/07/25 00:53】 URL | ケントマン #6vm6X3Ko [ 編集]

管理人よりコメント

>>預金王さん

投資は嗜好品に例えるなら、まさしくお酒と同じだと思います。
適量にとどめておけば人生にプラスをもたらしてくれる反面、過度になると、依存症になったりして、人生を破壊する結果をもたらすことも。適量というのが以外と難しい。投資もまたしかり。



>>片倉さん

確かに、食欲と異なり、消費欲には限りがありません。歴史を見ても、己の贅沢のために国の財政を傾かせたケースはいくらでも見受けられますし、現代でも、莫大な収入を得ている人が、過剰な浪費で破綻にまで追い込まれてしまうということも散見されますね。
分をわきまえた消費生活を心がけるようにしないと、大変なことになります。


>>ケントマンさん

不思議と、健康に悪いものほどおいしかったりしますね。お金の分野でも、浪費は駄目だとわかっていても、ついつい浪費をしてしまう。わかっちゃいるけどやめられない。人間というのは、つくづく愚かにできているのかもしれません。

【2012/07/29 20:32】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/586-feada16b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。