プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今や単なるショールームと化した量販店を見て回って思ったこと
先日、私が約10年にわたって使用してきたCDプレーヤーの調子が悪くなってきたので買い換の方向で考えることになりました。アンプやスピーカーは何ともないので、CDプレーヤーのみの買い換えです。先日、いくつかの量販店を見て回りました。量販店というのは大変便利です。カタログを集めるのに便利ですし、何より、商品の現物を確認することができます。特にオーディオコンポのような機器の場合、実際に音を聞いてみないと購入の是非を判断できません。いかにネットで買い物ができるとはいえ、その意味では、量販店はなくてはならない存在です。

しかし、実際に量販店で買い物をするかというと、その答えはノーです。その理由は簡単で、一般の量販店は、あまりにも価格が高すぎるからです。カタログ集めと商品の現物確認はリアルショップで行い、実際の購入はネットショップで行うというのがもはや定番です。
私としては、量販店がなくなってしまっては困る側面があるので、多少の価格差ならば、少々高くとも、あえて量販店で買ってもいいとは思っているのですが、ネットショップの最安値店舗と比較すると、ほとんどの場合、その価格差があまりにも大きすぎるため、結局はネットショップで買うことが多いというのが実情です。無駄なお金を使いたくない以上、仕方がありません。

この傾向は、スマートフォンを使うようになってからさらに顕著になりました。スマートフォンがあれば、量販店で商品の現物を確認しながら、その場でネットショップの最安値や口コミ情報を調査するということができますし、やろうと思えば、その場で注文することすら可能。
これがネットショップ登場以前の時代であったなら、地元にあるいくつかの店を見て回って、その地域で一番安い店・あるいはサービスのいい店で買うというスタイルだったのが、今や日本で一番安い店を探して買うというのが当たり前です。最安値以外の店には価値はないという、まさに一強百弱という様相を呈しつつあります。

今回も、いくつかの量販店や専門店を見て回ったものの、結局のところ、ネットショップで購入することになりそうです。まあ仕方がありません。いつの頃からか、小さな量販店はどんどん姿を消していっていますが、量販店を始めとするリアル店舗が生き残る道は、年を追う毎に、ますます厳しいものになっていると思います。

とはいえ、他店では取り扱いの少ない商品を置いている店や、特に専門的な技術やサービスを求められる場合には、リアル店舗が生き残る道もあるかもしれません。
今回、オーディオ専門店もいくつか見て回ったのですが、何十万円もするアンプやスピーカー、CDプレーヤーといった高級オーディオ機器を中心に置いている店も見受けられました。オーディオ機器というのは、生活必需品でも何でもなく、完全に趣味の分野ですが、それだけに大金を払う人もいるということなのでしょう。こういった製品を買うような人たちなら、あるいはネットではなくリアル店舗での買い物に意義を見出すのかもしれません。

ちなみに、私が使ってきたのはONKYOのINTEC275というやつで、購入当時、アンプ・チューナー・CDプレイヤー、スピーカー、カセットデッキのセットで実売価格20万円もした代物。私の基準では、INTEC275でも音は素晴らしいし、十分過ぎるほど高級機種だと思っているのですが、何十万円もする単品コンポ製品が当たり前のように存在するオーディオ機器の分野では、単なるミニコンポ扱いというのが悲しいところ・・・。何しろ、オーディオ機器というのは、何十万円どころか、100万円クラス以上のものが当たり前のように存在するという世界。趣味の世界恐るべし。

・・・で、結局、買い換えの件はどうなったのかというと、一時は読み取りエラーを起こして全く動かなかったCDプレーヤーが再び何事もなかったように動作するようになったことから買い換えは無期限延期することに確定。完全に動かなくなるまで使い倒すことにします。やれやれ。

それにしても、今回いろんな店を見て回って思ったのは、やはり超大型店舗の品揃えの良さ。例えばヨドバシ梅田とか、商品ラインナップの豊富さはやはり素晴らしい。これといった特徴もなければ品揃えも悪い中小店舗が潰れるのも仕方がないというものです。


テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント
定番ですか・・・
>「実際の購入はネットショップで行うというのがもはや定番です。」

正直、せこすぎますよ~(笑)

masaさんは定番だと思われているかもしれませんが、
ネットショップの再安値の店で買う人は、
少数派だと思います。

あと本当に良い音で音楽を楽しまれるためには、
アンプ10万円、スピーカー1本10万円、
CDプレーヤー10万円 以上の物をお勧めします。
びっくりするほど、音が違いますよ。
総額40万円しますが、10年は十分に楽しめます!
1年換算すれば安い趣味です。
【2012/08/29 00:49】 URL | ろうちゃん #Cv2s2L.A [ 編集]

スピーカー以外は安物で回転・・
正直、集合住宅では大音量では聞けません・・
カーステをBOSEにして、死ぬほど大音量で聴いてたことはありますが。

CLUB SANSUI
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%8B%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%9D
のをまだ使ってますが、いいスピーカーですよ^^
1-BITミニコンと組み合わせればまだまだいけるし、スペースを取る業務用はどうなんだろう?

蛇足ながら、DVD、i-Podとかが普及し始めてからハードの時代は終わりを告げたような気がします・・
【2012/08/30 20:14】 URL | 預金王 #- [ 編集]

管理人よりコメント
>>ろうちゃんさん

確かにせこいですね(笑)
だが、せこいのは承知の上!(爆)

そもそも、節約というのは大体においてせこいものだと思っています。しかし、そのせこさゆえに、今日までお金に困らずに済んできたわけですから、それが一概に悪いことだとは思っていません。むしろ、お金を守り、貯めるためには、こういうせこさを極めることの方が重要ではないかと考えているほどです。

そもそも、全く同じ商品がより安い価格で売られているのに、わざわざ高い店で買う理由がわかりません。しかも、調べる方法も簡単で、Googleショッピングなどのサイトで検索するだけなので、調べる手間も買い物の手間もほとんどかかりません。
今使っているINTEC275にしても、ネットショップで買ったおかげで定価より4万円近く安く買えました。当時、量販店ではほとんど値引きがなかった商品なので、結果的に大きな節約につながりました。

オーディオに40万円以上出すというのは確かに理想なのですが、そのためには2ヶ月分以上の給料がまるごと吹き飛んでしまうことになり、さすがに身分不相応なので、生活必需品でもない趣味のためにそれだけの支出は不可です。10年前に、今のINTEC275を購入する際も、当初はもっと上位ランクの製品も検討したのですが(当初の予算は30万円でした)、あえて総額で実売価格20万円の製品に抑えたという経緯があります。より多くのお金を出せばよりいい音で聞けるというのは自明の理ですが、上を見るときりがありません。実際、今回、いろいろと見て回った中で、「これはいいものだ」(脳内イメージはマ・クベで)と思ったのは、ウン十万円レベルの製品ばかり・・・。しかし、そんな大金はとても払えないので、一応、アンプ+CDプレーヤー+スピーカーで実売価格20万円までに抑えるというのが基本方針になっています。この価格帯のものは、音もそこそこ良くてコストパフォーマンスもよいという印象があります。
ちなみに、ONKYOの音が気に入っているので、次に買う機種も、ONKYO製品の中から選ぶつもりです。


>>預金王さん

>ハードの時代は終わりを告げたような気がします

確かにその傾向はありますね。
しかし、昨今はUSB DACを介してパソコンとオーディオ機器をつなぐPCオーディオや、ネットワークプレーヤーを介してオーディオ機器で聴くネットオーディオというものがあるので、まだまだハードの時代は終わらないと思います。そもそもオーディオというのは完全に趣味の分野なので、それだけニーズは多様でしょう。安物で十分という人もいれば、あえて高級機でいい音を聴きたいという人もいるわけですから。


以下、参考サイト。ASCII.jpの記事は古い記事ではありますが・・・。


PCオーディオfan
http://www.pc-audio-fan.com/


ピュア・オーディオから進化した「ネット・オーディオ」が熱い!(ASCII.jp)
http://ascii.jp/elem/000/000/657/657668/


【2012/09/02 15:13】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/591-4f461be3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。