プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

耐久消費財など、高額な商品を購入する際の予算策定の個人的ガイドライン(2)
前回の記事の関連記事です。前回の記事はこちら。

耐久消費財など、高額な商品を購入する際の予算策定の個人的ガイドライン


前回書いた個人的ルールについての補足事項などを書いていきたいと思います。
今回取りあげるのは、ルール1の「商品購入に際して、ローンを組むことなく現金払いで購入することができること」についてです。
前回、記事の中でちょっとだけ書きましたが、私は過去に一度だけローンを組んで商品を買ったことがあります。それは、社会人になって2年目にクルマを購入したときです。どうして、お金を貯めるのを待たずにクルマを買ったのかというと、それはほぼ衝動買いに近かったからです。世の中に衝動買いをする人は数多くいるでしょうが、さすがにクルマを衝動買いする人はそうはいないでしょう。しかし、困ったことに当時の私はそれをやってしまったわけです。当時から貯蓄の習慣はあったので、ある程度の貯蓄は持っていたものの、全額をキャッシュで支払えるほどのお金は持っていませんでした。したがって、ローンを組んだわけです。これが過去の人生でただ一度のローン払いでした。当時は現在と比較してずいぶん収入は多かったこともあり、幸いにして支払いの方は順調に進み、繰り上げ返済を行うことで当初よりはるかに短い期間でローンを支払い終えることができました。しかしそれでも、現金払いで買っていれば支払わずに済んだであろうお金を余分に支払うことになったのは事実です。後になってから、ずいぶんと無駄なことをしたものだと思ったものです。
これを教訓として、今後、ローンを組まなければならないような買い物はしないようにしようと心に誓ったわけです。ローンを避けるべき理由は単純に言うと、以下のポイントによります。

・現金払いなら支払わずに済んだはずの余分なお金(金利分)を支払わなくてはならない。
・ローンという名の借金をしての買い物は、楽しみの先取りであり、今後の収入の一部を拘束してしまう。
・順調に支払いが進めばいいが、もし何らかの理由で職を失うことになった場合に、支払いが出来なくなってしまう恐れがある。

中でも特に問題だと思ったのは、金利分という余分な支払いをしなければならないという点です。そもそも、お金が足りないからローンを組んだのに、結果としては、支払い総額は現金払いと比べて高額になってしまいます。お金のない人の方が高い金額を払わなくてはならないというのは実に皮肉な話だと思いました。

そんなわけで、これ以降、今に至るまでローンを組んで買い物をしたことはありません。ローンを組まずに買えるということが、高額商品を購入する際の最優先事項としていますが、それは過去の教訓によるものだったというわけです。



テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント
すげえ!これは意外でした・・
なんだ。てっきり誤解してました。
投資ブロガーはケチケチしている人が多いなと思いましたが、ちゃんと消費されているのですね。
いいじゃないですか。

私も個別株で失敗しまくりましたが、それが今日の成功(?)に結びついていると思います・・
【2012/10/27 22:08】 URL | 預金王 #- [ 編集]


これを読んで、なぜか「宝くじは愚か者に課せられた税金」という言葉を思い出しました。

もしかしたら、ローンも見方によっては「愚か者に課せられた税金」なのかもしれません。
極論かもしれませんが。
【2012/10/27 23:35】 URL | mets #- [ 編集]


自分としては、masaさんがおっしゃっている上記3つのデメリットのほかに、それらを踏まえて、「ローンという行為が習慣化すること」や「ローンに対する心理的障壁がなくなってしまうこと」が恐ろしい損失を誘発する第一歩のような気がします。
【2012/10/28 08:56】 URL | am #C8ogtQH6 [ 編集]


お久しぶりです。

ローンは、私も1回だけ。
高校生のときにCDセット、たしか2万円くらいのを12回払いで買った記憶があります。

月々数千円のことで本当に金額は微々たるものですが、毎月支払うという心理的拘束感が嫌で、結局半分くらい払ったときに全部一括して終わらせてしまいました。

ローンのメリットデメリットをちゃんと把握して、納得しているのであれば私はそんなに忌避はしませんが、まぁ、心理的にイヤなので例え車のような大きな買い物を今後することになっても、ローンは組まないかも。家レベルになれば別なんでしょうが(それすらキャッシュで買ったほうがいいのかも?!)

ではでは~。
【2012/11/03 15:26】 URL | 煙々 #RaJW5m0Q [ 編集]

管理人よりコメント
>>預金王さん

今回の話はずいぶん昔の話ですが、お金を貯め始めた頃はどうしても少し小金がたまると使いたくなるということがよくありました。


>>metsさん

確かに、「愚か者に課せられた税金」というのはローンにも当てはまるかもしれませんね。かつての私のように、安直にローンを組むのは間違いなく愚か者だといえます。


>>amさん

>「ローンに対する心理的障壁がなくなってしまうこと」
>が恐ろしい損失を誘発する第一歩のような気がします。

これは、当時私も同じことを思いました。契約のときはローンに対してある種の抵抗感があったのに、実際に支払いが始まると、もはやそんなものは綺麗さっぱりなくなっていましたから。
ただ、私の場合には幸いにして頭の中では金利相当分という余分な支払いが発生していることをきっちりと理解していたためにローンが習慣化せずに済みましたが・・・。


>>煙々さん

「毎月支払うという心理的拘束感が嫌」という思考ができるかどうかが、ローン依存になる人と、ローンに頼らない人を分けてしまうのでしょう。
私も、納得して利用する分にはローンといえども何の問題もないとは思います。ただ、かつての私のように、衝動買いでローンを使うというのはさすがに問題ありだったという認識です。消費生活における過去の失敗談は、また書いてみたいと思います。


【2012/11/04 16:31】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


大きめのものは感情で買ってしまうことがありますが、、、やはり、カード一括にしてポイントをゲットしています。
ただ、ポイントのためではなく、あったら生活が便利だな~とおもってですが、色々とあり今は本棚などを物色中です。
ただ、ニトリ、島忠などができて随分値段もリーズナブルになってきているということは感じますね。
【2013/01/02 20:53】 URL | 矢向(やこう) #Ji7woxQg [ 編集]

管理人よりコメント
>>矢向さん

>随分値段もリーズナブルになってきているということは感じますね

まさしく。
どんな分野の商品でも同じだと思いますが、一昔前に比べて、ずいぶん安くなってきたなという印象があります。
これはデフレとは異なるのかもしれませんが、パソコン関連機器なんて、技術進歩の恩恵を受けて、昔とは比べものにならないくらいに安くなっています。いつだったか、1GBのUSBメモリを1万円で買ったのに、それが今では16GBのUSBメモリが1000円以下で売っている・・・。

ふと思ったのがゲーム機。その昔、任天堂のファミコンが1983年の発売当時14800円でしたが、現在発売されている任天堂のニンテンドー3DSが価格comの最安値で13689円。SONYのPSPが12400円。性能は当時とは比較にならないほど向上しているのに、価格は当時とほとんど変わらないというのはすごい。

【2013/01/03 20:53】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/599-74d7f917
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。