プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

耐久消費財など、高額な商品を購入する際の予算策定の個人的ガイドライン(3)
過去の記事の続きです。過去の記事はこちら。

耐久消費財など、高額な商品を購入する際の予算策定の個人的ガイドライン

耐久消費財など、高額な商品を購入する際の予算策定の個人的ガイドライン(2)


今回書くのは、ルール2の「その商品の購入が、長期的な貯蓄計画に大きな影響を与えないこと」についてです。このルールは、商品購入を検討する際において、もっとも重要な役割を果たしています。それは、身分不相応な買い物でないかどうかの判定基準と、過度な買い物を抑えるという役割です。
このルールによって、予算は自ずとある程度の金額までで絞り込まれます。

毎年、年初に年間の貯蓄計画と目標金額を立案しているのですが、その目標貯蓄額は達成することが必須です。高額商品を買うことで、このノルマを達成できなくなるということはどうしても避けねばなりません。私が高い買い物を検討するときにはいつも家計簿データとにらめっこしながら予算決めをするのですが、その基準となるのが、このルールです。
基本的に、トータルでの貯蓄額は毎年右肩上がりで増加していくということが大前提です。現実には、投資の方の運用状況によって資産総額は大きな影響を受けるので、単純な右肩上がりとはなりませんが、少なくとも預貯金においては、毎年の累計で貯蓄総額が増加していなければならないというのが自分で決めているルールの大原則です。

年間の貯蓄目標を達成できるレベルの買い物であれば、身分相応の買い物とみなします。そして、「あれも欲しい。これも欲しい」という過剰な買い物を抑えるという意味合いも持っています。世間には貯蓄が趣味で、通帳を眺めるのが楽しいという人もいるのかもしれませんが、幸か不幸か、私にはそういう趣味はありません。むしろ、何らかの形での抑えがなければ、いろんなものを買いたくなってしまうという困った性分をもっています。その物欲を抑えているのが、この第2のルールというわけです。
そもそも、本当に貯蓄体質の習慣が身についているのであれば、必ずしも細かく家計簿をつける必要はありません。毎月の月末に総資産額を把握するようにし、それを前月の資産総額と比較するというだけの大雑把でシンプルな家計管理でも十分です。しかし残念ながら、私の場合、そこまでのレベルには到達していないので、日々の収支を記録することで過剰な消費になっていないかどうかをチェックしているわけです。

このルールは、高額商品購入時に限った話ではなく、あくまでも年間の支出総額を長期的な貯蓄計画に影響を与えない範囲にとどめるということが目的です。これが貯蓄目標と予算枠決定の根幹を成しているわけです。

ちなみに、私がこうしたルールを決めるようになったのは、過去の失敗体験がベースになっています。特にお金を貯め始めた初期の頃は、「よく貯めてよく使う」という感じで、貯蓄活動も、3歩進んで2歩下がるというようなところがありました。このあたりの失敗談も、また機会があれば書いてみたいと思います(もっとも、その中でも最大級のものが前回書いたクルマの衝動買いの話なのですがね・・・)。



テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

大きなものは維持費があまり掛からなければ、ある程度揃ったらもう買う必要はなくなりますね。
消耗品はコモディティのものが多いので、値下げ圧力が掛かります(インフレでなければ・・)。
一番の問題は趣向品や嗜好品!
でも、ほどほどの支出は大切なことだと思います。
クルマ(レジャー)やオーディオ、酒・・・
私の場合は結構趣味に使うものもあるのですが、金額よりも原価率で見る癖があります。
masaさんのようにしっかりしておらず、これはと思ったら買うようにしています(但し、次に来て売り切れが予想されるもの)。

一回の限度額を数万くらいまでに設定しておけば、あまり影響はないのではないでしょうか?(投資もまたしかりですが・・)
【2012/11/03 22:46】 URL | 預金王 #- [ 編集]

やっと慣れてきましたが
私の場合、高額商品で失敗したものは、ずばり 株です。

まだ損切をしていないので損は確定していませんが、
クラウン1台分くらいの含み損が発生しています。

なんせ買った時の20分の1に株価がなっているので、
まず戻らないでしょう。

最初はポートフォリオを見るたびに胸がズキズキしましたが、
最近はやっと慣れてきました。

やはり株はハイリスクのギャンブルだと思います。
人の金銭感覚が狂うので、近寄らない方が無難ですね。

【2012/11/05 22:03】 URL | ろうちゃん #Cv2s2L.A [ 編集]

激しく同意
>私の場合、高額商品で失敗したものは、ずばり 株です。

すみません2回目投稿で・・

こういう株も私はよく付き合ってきました。
500分の1になった新興銘柄もありますね(1/5の時に損切りしました・・)
超優良だったパナソニックでも御覧の通りです(1/3駆け込み損切り)
ソフトバンクは2/3損切り(一転爆上げ)
下がるのがわかればショートしたいですが、信用取引は借金の類いと考えてますので。

ハイリスク投資は資金を抑えることで全体リスクを縮小することができます
【2012/11/06 21:05】 URL | 預金王 #- [ 編集]

管理人よりコメント
>>預金王さん

物欲に関しては、生活必需品については全く問題ありませんが、趣味方面では大きな弱点があります。それは・・・デジタル機器類!最近の衝動買いでは、SonyReaderやスマートフォンが該当。まあ、これらは大いに活用されているからいいとしても、基本的にこの手のアイテムが好きなのが困りもの。先日もNexus7を危うく衝動買いしそうになりました。まあ、熟慮の末、却下しましたがね・・・。過去の衝動買いも、大半はこの手の機器類&ソフトウェア類です。


>>ろうちゃんさん

個別株の場合、確かに高額商品といえますね。普通の買い物と同じで金融商品の買い物にも自制心が必要ということでしょうね。


リスク許容度を無視した無謀な投資というのは制限速度を無視したクルマの無謀運転と同じで、注意しなくてはとんでもない結果を招きますね。

【2012/11/11 17:46】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


私も貯金や投資をしてる者です。
最近思うのですが、これから数年〜私たちが生きている間に、日本経済が破綻すると言われています。その時は紙幣価値がなくなり、コツコツ貯めていた貯金もただの紙切れに変わってしまう恐れがあると思うのです。

今は貯金、投資もしてきましたが、外貨に変えたり分散させてりすることをして備え始めた方がゆくゆくのためになるのでは…と真剣に考えているこの頃です。

このことについてどう思いますか?
私の周りにはあまりお金について真剣に考えている人がおらず、、ぜひ意見を聞いてみたいのです。よろしくお願いします。

あるサイトからの引用文↓
《現在の円と国債のバブルが崩壊した場合、長期金利が急騰し、1ドル=400-500円程度まで円安が進む可能性があるとの見方を示した。「政府の累積赤字がここまで大きくなったら危機を脱する道はない。財政破綻するか、紙幣を印刷してハイパーインフレになるしかない」と警告。「円の価値はなくなり、大暴落することになる。ドルを中心に、豪ドル、カナダ・ドル、英ポンド、スイス・フランなど先進国通貨建ての資産に投資してリスクをヘッジすべき」だと述べた。》
【2012/11/12 12:44】 URL | 27歳OLです。 #- [ 編集]

管理人よりコメント
>>27歳OLですさん

サイトの引用文は、藤巻健史氏の主張ですね。

日本は5年以内に財政破綻も、長期金利80%・ドル500円-藤巻氏(ブルームバーグ)
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-M5LQ0R0D9L3501.html


>このことについてどう思いますか?

一言で言うと、「ポジショントークにつき、無視して問題なし」と答えます。

今はインフレではなくデフレだし、円安どころかむしろ円高です(もっとも、円が高いか安いかの基準は、人によって違うでしょうけど・・・)。
確かに、日本の財政赤字は凄まじい限りで、そのこと自体は正しいと思いますが、だからといって、今すぐに投資でリスクヘッジすべきだという話にはならないと思います。
人々に不安や恐怖をあおるというやり方は、不安商法と似たようなものではないかと思えます。不安商法というのは、例えば地震への不安や恐怖をあおって高額な耐震補強工事を行わせるような悪徳セールスの手法の一つです。
過去の記事でも書いたことですが、投資でお金を儲けることに対しては興味を示さない人であっても、投資をしないとお金を失う恐れがあるといわれたら、無関心ではいられないものです。そういう人の心理を突いたやり方でしょう。
通常のインフレ対策だけなら普通預金もしくは短期固定金利の定期預金で十分です。もし仮に、本当に預金で対応できない悪性インフレがやってくるというのなら、実際にそういう兆候が出てから対応すればいいだけの話。預金の流動性の高さを考えれば、預金から外貨建て資産へのお金の移動なんて、今日でも明日でもいつでもできます。インフレどころか、デフレの真っ最中の今現在の状況下に、インフレ対策をする必要はありません。投資をするのはインフレ対策が主眼とするのではなく、お金を失うリスクをとってでも、お金を殖やす方向に賭けたい場合に限ります。投資をしたからといって資産を守れるとは限らず、それどころかリスクがあるがゆえにあっさりとお金を失うことも多々あります。リスクをとりたくない人、純粋にお金を守ることだけを目的とする人が投資をする必要性はどこにもないと思います。



【2012/11/18 08:49】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/600-ef4fa93b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。