プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

耐久消費財など、高額な商品を購入する際の予算策定の個人的ガイドライン(4)
過去の記事の続きです。過去の記事はこちら。

耐久消費財など、高額な商品を購入する際の予算策定の個人的ガイドライン

耐久消費財など、高額な商品を購入する際の予算策定の個人的ガイドライン(2)

耐久消費財など、高額な商品を購入する際の予算策定の個人的ガイドライン(3)


今回、取りあげるのは、ルール3の「ストック(貯蓄額)ではなく、フロー(月々あるいは年間の収支)を基準に予算を決める」という個人的ルールについてです。
その昔、お金を貯め始めた頃は、「貯めたお金は全て使ってもいいお金だ」と考えていた時期がありました。私がお金を貯める上での動機の一つとして、「いつでも欲しいものが買えるようになりたい」というのがありましたからなおさらです。しかし実際にはそういうお金の使い方をするわけにはいきません。貯めては使い、貯めては使いということを繰り返していては、資産総額はちっとも増えません。これでは困ります。そこで決めたのが「ストック(貯蓄額)ではなく、フロー(月々あるいは年間の収支)を基準に予算を決める」というルールです。
要するに、人は収入の範囲内で生活するしかないのだから、月収・年収を基準にして予算を決めるという当たり前の話です。もう少し細かく書くと以下のようになります。

「月次ベースでは原則として必ず黒字でなければならず、貯蓄用口座のお金を取り崩すのは原則として禁止。ただし、今後おおむね1年以内に穴埋め可能な金額の範囲内に限り、貯蓄口座からの一時的な取り崩しを認める」というルールです。

こうしたルールを作ったのは、要は貯蓄額を基準に物事を考えないようにするためです。貯蓄総額は時間をかければゆっくりとしかし確実に増えていきます。しかし、それを簡単に取り崩すわけにはいきません。使うのは一瞬でもお金を貯め直すのは長い長い時間がかかるからです。どうしても取り崩す場合には、必ずそれを穴埋めできるというのが大前提。前に書いたように、貯蓄口座からの一時的な取り崩しというのは、感覚的には「自分の貯蓄口座の中から借金をする」という表現が最もしっくりくると自分では思っています。借りたものは返さなくてはならないので、それを次月以降の収入の中から返済していくというイメージです。逆に言えば、今後の収入で簡単に穴埋めできないような高額なものは決して買ってはならないということです。

たとえ貯蓄総額がいくらあろうとも、そのお金は普段の生活では決して当てにせず、存在しないものと考えるようにしています。感覚的には、「貯めたお金は、その存在を忘れてしまう」というような感じです。投資では買って忘れる(Buy&Forget)というのがありますが、この言葉をもじって言うならば、さしずめ「貯めて忘れる」というところです。以前に、お金の貯まる人が持っている、お金に対するいい意味でのルーズさという記事を書きましたが、貯めたお金の存在を忘れてしまうというくらいの感覚もまた、「いい意味でのルーズさ」なのではないかと思っています。



テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント
確かに・・
これは耳の痛いところです。
かくいう私も、貯蓄(高金利預金投資)をしている時はぐんぐん資産が殖えていったのに対し、ここ最近を含めて全株式投資では100万近く(含み損も含めて)出してしまっていたかもしれません。←よく覚えていません。

貯蓄だと緻密に計算できていたのですが・・
フロー(消費)で考えて総資産を計算するというのは見習うべきですね。
年間家賃と光熱費、クルマの維持費、趣味や交際費、飲食費・・等々。
この残りが投資&貯蓄になるわけで、だからこそ慎重にポートフォリオを形成しないと、大暴落で大半がヤラレたら、また貯まるまでにかなりの時間が掛かりますから(自戒を込めて^^::)
【2012/11/11 09:05】 URL | 預金王 #- [ 編集]

管理人よりコメント
>>預金王さん

投資に関しては、消費とはまた考え方が異なるのが普通だと思いますが、投資における損失許容度もなかなか難しい問題ではあります。投資における判断基準は、消費以上に注意すべきポイントなのでしょうけど・・・。

【2012/11/18 16:49】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/601-6c7fcdb9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。