プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金(gold)の一部売却を実施しました
先日、2012年11月11日に純金積み立て分の一部売却を実施しました。前回の一部売却が2011年8月21日だったので、ほぼ1年3ヶ月ぶりの売却です。前回の売却単価は1g当たり4716円でしたが、今回は1g当たり4602円ですから、1gあたりで114円価格が下落しているということになります。ちなみに私が純金積み立てを開始したのが2003年11月頃でしたが、年次金価格推移表(田中貴金属工業)によると、2003年当時の金の小売価格は、最高で1510円、最低で 1296円、平均で1399円となっています。当時の価格と、今回の売却価格である4602円とを比べてみると、この間の金価格の上昇っぷりの凄さがわかろうというものです。金(gold)というのは利息も配当も何もつかないものなので投資対象としてはあまり適切ではない資産クラスだとは思いますが、結果的には保有していてよかったといえるかもしれません。ただ、これはあくまでも結果論であって、狙ってお金を儲けようというのは無理があるとは思います。金(gold)は、しょせんは単なるゼロサムゲームでしかなく、長期保有にも向かない代物です。にもかかわらず私が金を保有することを決めた理由は現物資産としての価値に注目してのことでした。結果的には、先に起きた金融危機の際の他の資産クラスの暴落とは逆に、大きく値を上げたことでポートフォリオ全体で見れば資産の目減りを幾分かは防いでくれたわけで、その意味では金を保有していた意味もあったといえるでしょう(くどいですが、あくまでも結果論です)。

さて、この金の売却分の資金は、即座にSMTグローバル株式インデックス・オープンへと振り向けました。今後のポートフォリオ全体の計画ですが、今年(2012年)の12月6日にユーロの外貨建てMMFであるニッコウ・マネー・マーケット・ファンド(ユーロ・ポートフォリオ)が繰上償還され、翌12月7日に償還金支払いということになっているため、その資金もSMTシリーズのSMTグローバル株式インデックス・オープン及びSMT新興国株式インデックス・オープンへ割り当てる予定です。外貨建てMMFは資産クラスとしては外国債券に該当するため、本来ならば、次も外国債券に割り当てるべきなのですが、外債不要論という考え方もあることから、今後は外国債券よりも株式の方に重点を置く方向で考えることとしました。株式の比率が上昇するということになればリスク許容度の問題も出てきますが、金融危機以降、総資産に占める預貯金の比率を意図的に上げてきていることから問題なしと判断。そんなわけで、今年の12月以降、ポートフォリオに再び大きな変更を行う計画です。

テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント
本当に利確が上手い!
いや~お世辞抜きで売り上手ですね(もうずいぶん見てきましたが)。
投資というのは適性というものがありそうです。

【2012/11/17 22:11】 URL | 預金王 #- [ 編集]

管理人よりコメント
>>預金王さん

別に利益確定がうまいわけでもなんでもなくて、今回も前回に引き続き、リバランス目的での売却です。なお、今回の売却で、投資資金全体に占める純金積み立ての比率が11%から9%になりました。
【2012/11/25 17:11】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/602-7c114fea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。