プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さわかみファンドを全て解約しました
先日、保有していたさわかみファンドを全て解約しました。解約の最大の理由は、さわかみファンドに対する不信感によるものです。さわかみファンドについては当ブログでも、過去に記事を書いています。


さわかみファンドの営業姿勢に対する率直な疑問


もともと私がさわかみファンドへの投資を決めたのは、バリュー投資的な投資姿勢を評価してのものでした。しかし、途中からさわかみファンドへの不信感が強くなってきたわけです。
解約理由はいくつかありますが、一番大きいのは以前にも書いたようなさわかみファンドの営業姿勢に対する疑問によるものです。澤上篤人氏の書いた著作・ネット上の文章も色々と読んできましたが、ほとんど催眠商法あるいは一種の宗教に近いのではないかという印象を持ちました。また、投資にはリスクがあるのに、投資リスクというものについて自らの言葉で決して語ろうとせず、自社に都合のいいことしか書こうとしない姿勢にも疑問を持ちました(まあ、これはポジショントークですから仕方がないことだとはいえますが)。
さわかみファンドの謳い文句は、「企業の株主となって応援する」(さわかみファンド長期投資便り 2012年10月15日号より引用)というものですが、この、投資で企業を応援するという姿勢にも大きな疑問がありました。例えば、顧客という立場から自分のお気に入りの企業の製品やサービスを買うことによって企業を応援するというのであれば何の問題もないと思いますが、営利活動である投資において、株主となって応援するというのはどうにも納得がいきませんでした。

また、投資歴も長くなり、アクティブファンドに魅力を感じなくなったという要因も大きいです。もし今、仮にさわかみファンドを始めとするアクティブファンドの類を持っていないと仮定した場合に、あえてアクティブファンドに投資するかと言えば、その答えはノーと言わざるを得ません。ゼロベースで評価し直して、必要ないとみなした以上、解約するのが妥当だと判断しました。

こうした判断は、もうずいぶん前に下したものでしたが、それでも一度投資を開始した以上、あまり短気にならず、ある程度の期間は様子をみようと思っていたので、これまで保有を続行してきました。しかし、いつまでも様子見するわけにもいきません。ゆえに、このたび、解約に踏み切ったわけです。ちょうど、今年からネットサービスが始まり、ネット上で取引ができるようになったので解約も便利になりました。
ちなみに、さわかみファンドを解約した資金は、そのままETFのTOPIX連動型上場投資信託へ移しました。

今年は純金積み立ての一部売却、外貨建てMMFのユーロの繰上償還、そしてさわかみファンドの解約と、ポートフォリオに大きな影響を及ぼす変化がたくさんありましたが、今回の一連の措置でポートフォリオはよりシンプルな形となりました。結局最後の最後に残るのはインデックスファンドだけ・・・ということになりそうな雰囲気です。あとは、アメリカドル建ての外貨建てMMFをどうするかという問題が検討事項として残っているだけです。



テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント
もはやベンチマークを下回る
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=71311998&ct=z&t=1y&q=l&l=off&z=n&p=&a=&c1=54313013&x=on&y=on&v=on&bc=%E6%AF%94%E8%BC%83

さわかみの最大の失態は300→150銘柄に減らしたことがあるように思えます。
よってシャープやオリンパスなどの大暴落に甚大な影響を受けてしまった・・
また、日本国債が暴落するといっていて、昨今の超低金利(債券大暴騰)も外し続けています(●巻氏と同じ)。
只よかったのはネット取引ができるようになったので、気にいらなかったりリバランスになったらブン投げですね(笑)
【2012/12/09 10:54】 URL | 預金王 #- [ 編集]


↑で言われている通り一回ゼロベースで考えるということは重要ですよね。
特に長期投資の場合、売買コストの影響度が低いので、長期を前提にする場合には常に意識しておきたい考え方ですね。
【2012/12/13 23:00】 URL | さんご #- [ 編集]

管理人よりコメント
>>預金王さん

>外し続けています(●巻氏と同じ)

澤上氏の主張は予想というよりも、むしろ願望といった方がいいかもしれませんね。藤巻氏と同じく、完全なポジショントークなのでしょう。


>>さんごさん

ゼロベースでの評価というのは投資分野に限った話ではなく、何事においても同じだろうと思います。これはまた、あらためて書いてみたいところです。

【2012/12/16 17:41】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


さわかみファンドは持っていなかったですが、まぁ、インデックスのみで
いいかどうかを考えていますね。

僕自身は今現在、今は、鎌倉投信というのを持っていますが、、、、。
投信を始めた頃からしていたのはインデックスβとの値動きだけを観て
いましたが、ほぼβと同じような動きを指定て、あれ????


何かいい動きができないの?とは感じていました。
【2012/12/26 20:17】 URL | 矢向(やこう) #Ji7woxQg [ 編集]

管理人よりコメント
>>矢向さん

アクティブファンドといえど、どうしてもインデックスに近い値動きになってしまうのはある意味仕方がないのかもしれませんね。ただそうなってくると、あえてアクティブファンドを保有する意義がどこにあるのか、という話になってしまうわけですが。

【2013/01/01 11:31】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


さわかみ投信大好きですこれからもずっと…
【2013/11/28 20:45】 URL | なんちゃん #- [ 編集]

いよいよ射程圏内か・・
日本株自体割高になってきたので、さわかみ→インデックスTSPの順にそろそろ売却を考えてます。
ETFに関しては貸株をしていると金利が0.5%(SBIでの1321など)付くので、信託報酬分が逆にプラスになっていきますね(もちろんリスクはありますけど・・)。
外国株に関しては、円安も相まって今後の投資妙法も薄いことから静観しています。
特定口座とかNISA口座とか、そそられる人は多いでしょうけど・・
【2013/11/30 03:46】 URL | 預金王 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/605-4271088e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。