プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毎年、年末になると行っている、過去の家計簿の見直し
今年も、あと1週間余りとなりました。年末年始の休みの間に、過去1年間の収入と支出を集計した損益計算書と、年末時点での資産総額をまとめた貸借対照表を作成するのが毎年の恒例行事となっているのですが、その際に、過去の家計簿をざっと眺めて支出項目を振り返るようにしています。それは例えばこんなことです。

「毎月の貯蓄は順調であったか?」
「今年買ったもののなかで、高価だったものは何か?」
「買い物は計画的に行うことができたか?過度の浪費や衝動買いはなかったか?」
「より少ない支出で、同じだけの効用が得られるお金の使い道があったのではないか?」
「全体として、今年の貯蓄と消費は満足のいくものであったか?」


年間の貯蓄目標達成は原則としては必須となっていますが、耐久消費財の買い換えが続いた場合など、時には大きな支出が続いて達成できなかったことも過去にはありました。また、首尾よく達成できた場合であっても、その達成率は100%ぎりぎりなのか、それともさらに上乗せできたのか、といったことも大きなポイントです。
毎年のことですが、過去の家計簿を見返していると、反省点がいくつも見つかります。その最たるものが、それほどお金を使ったつもりはなかったのに、年間の合計金額を見ると思わぬ金額になっていることに気付かされるというパターン。小さな支出の積み重ねも決して馬鹿に出来ないということを思い知らされます。次によくあるのが、商品を買ったときには有用な支出だと思っていたものでも、今振り返ってみると無駄な支出だったというもの。

収支をいちいち記録する家計簿というのはとても面倒だと思うことはよくありますが、それでも、過去の支出項目を見返すことで翌年への改善につなげることができるというのは、その手間を上回る大きなメリットがあります。また、時には何年も前の古い家計簿記録を見直すこともあるのですが、そうした作業をしているとその当時の思い出も同時に頭の中によみがえってきます。そういうときには、お金の記録というのは人生の記録そのものなのだということをあらためて認識させられます。
さて、今年もまもなく決算書の作成と家計簿見直しの作業を行う時期を迎えるわけですが、今回は果たして一体どんな反省点が出てくることやら・・・。

損益計算書や貸借対照表という形でお金の総合計金額だけを見るのもいいですが、より小さな個々の支出項目を振り返ってみるというのも、とても意義深いことだと思います。



テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント
投資を始めてからルーズになってきました・・
以前リスク資産を持たなかった頃は、金利の複利や細かいお金の記録まで記憶していたのですが、暴落の度に数万、数十万と消えていくのを見てる内にクレカの明細しか見なくなりました(苦笑)
それでも大きなお金の流れは気にするようにして、年間支出は(投資の時価損益を含め)労働収益を絶対に下回らないようにはしています。

今年は電化製品を大量に買ってしまったので、株で大損した時と同じくらい遣ったかもしれません・・
只、主に市場価格よりも半値に近いものばかりを買い漁っていたので、概ね満足ではあります(展示品が多いですが、食洗機+洗剤1年分無料、簡易乾燥付き洗濯機、大型冷蔵庫、ホットプレート、髭剃りなど・・パナソニック製が多い)。
当のパナソニックの株は無配になってちょっと残念ですが、株よりも現物(製品)に投資した方がよさそうですね。素晴らしい出来(性能)ではあります^^
【2012/12/22 22:39】 URL | 預金王 #- [ 編集]


過去の家計簿をみるって非常に大切ですよね。
私は、姿勢を見習わせて頂き、まず家計簿を付けるところから始めたいと思います。
【2012/12/23 23:53】 URL | たけ #- [ 編集]

管理人よりコメント
>>預金王さん

>投資を始めてからルーズになってきました・・

確かに、暴落や暴騰で派手に増減するリスク資産を見ていると、お金に関してルーズになってくるというのもわかります。
私の方は、貯蓄と投資は、頭の中では完全に切り離して別物として取り扱うようにしているので、リスク資産の増減は気にしない一方、消費支出には極力厳しい目を向けるようにはしています。
とはいえ、私の方も、ここ数年来はそれまでと比べるとお金の使い方がいささかルーズになってきているのも事実ではありますが。


>素晴らしい出来(性能)ではあります

まったくもってその通り。
発売されている商品の品質は素晴らしいと思います。


>>たけさん

家計簿は大変な手間ではありますが、それだけの価値はあると思います。

【2013/01/01 11:41】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/607-06aa50c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。