プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外ヘッジファンド投資についての個人的見解
最近、アブラハム・プライベートバンク株式会社の「いつかはゆかし」の広告をよく見かけます。また、投資ブログにおいても、何人かのブロガーたちが取りあげています。まずは公式サイト及び公式スタッフブログへのリンクを貼っておきます。

いつかはゆかし公式サイト(アブラハム・プライベートバンク)
いつかはゆかし公式スタッフブログ

次に、「いつかはゆかし」を取りあげているブログへのリンクを貼っておきます。

「いつかはゆかし」のリスク~海外ファンド積立で1億円を目指す?(ホンネの資産運用セミナー)
「いつかはゆかし」解約時にファンド売却を条件とするのは適切か?(ホンネの資産運用セミナー)
「いつかはゆかし」に対する疑問にアブラハムから返答(ホンネの資産運用セミナー)

「いつかはゆかし」徹底検証 - おかしな解約条件(吊られた男の投資ブログ)
「いつかはゆかし」徹底検証 - 特徴的な契約の注意点(吊られた男の投資ブログ)
「いつかはゆかし」徹底検証 - 本当の投資顧問契約額はいくら?(吊られた男の投資ブログ)

「いつかはゆかし」で、にぎわってますね(かえるの気長な生活日記)


米ヘッジファンド4年連続市場平均に敗北、「レバレッジが不充分」- ガラパゴス化する「いつかはゆかし」(みんなの心にも投資 … ソーシャルインベスター(社会投資家)への道)



さて、ここからが本題ですが、今回はこれに関連する話題として、海外のヘッジファンド投資の是非についての個人的見解を書きたいと思います。

最初に結論を書いてしまうと、少なくとも私自身は、たとえ少額からの積み立て投資ができるようになろうとも、海外のヘッジファンドに投資をすることは決してないと考えています。なぜならば、「理解出来ない金融商品に投資をしてはならない」という投資の大原則に反するからです。ヘッジファンドというと、ロング・ショートとかアービトラージ(裁定取引)とかマーケット・ニュートラルとか、いろんな取引手法があるようですが、残念ながら私にはちんぷんかんぷんでさっぱりわかりません。わからないので、投資判断自体ができないのです。また、複雑な取引手法には当然高いコストもかかるでしょうし、運用者の見通し・目論見が外れた場合、一体どうなるのかという不安があります。過去に高いリターンを上げたファンドが将来も高いリターンを上げ続けるという保証もありません。ヘッジファンドというのは、少なくとも、投資手法を理解出来ない私のような頭の悪い者が投資すべきものではないでしょう。

私は常々思っていることがあります。それは、投資家というのは闇雲に高いリターンを求めるのではなく、透明性が高く、自分に理解出来るわかりやすい金融商品を求めるべきだということです。「取引手法はよくわからないけど儲かるらしい」という金融商品は、一歩間違えれば、「なんだかよくわからないけど損をしてしまった」ということにつながりかねません。私は、自分に理解出来るものに投資をして結果的に損をしたとしても、そのリスクを受け入れる覚悟がありますが、理解出来ないものに投資して損をするリスクは許容できません。
確かに、世界には長期間に渡って高いリターンを上げているヘッジファンドがあるのかもしれません。しかし、その利益を上げる取引手法の仕組み・からくりが理解出来ない以上、投資対象とすることは決してあり得ません。

私にはやはりインデックスファンドに投資し、市場平均に負けない投資方法が一番合っているのだろうと思います。残念ながら、絶対リターンを狙うヘッジファンド投資というのは私のニーズには全く合わないのです。




テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント
管理人より追記
追記1:

以下は切込隊長のブログへのはてなブックマーク。
さすがは隊長、容赦がないなあ。

はてなブックマーク:アブラハムPB「いつかはゆかし」の担当者が、市況かぶ全力2階建にエントリー削除要請(やまもといちろうBLOG)
http://b.hatena.ne.jp/entry/kirik.tea-nifty.com/diary/2013/02/pb-1229.html

はてなブックマーク: 【謹告】アブラハム・プライベートバンク「いつかはゆかし」の池田慈生さま、質問へのお返事をください: やまもといちろうBLOG(ブログ)
http://b.hatena.ne.jp/entry/kirik.tea-nifty.com/diary/2013/02/post-c84a.html



追記2:

以下は、日本投資顧問業協会のサイトより、投資助言・代理会員台帳のページ。

投資助言・代理会員台帳(日本投資顧問業協会)
http://www.jiaa.or.jp/profile/jogen-daichou.html

このサイトの「あ」行のところのpdfファイルを開けると、その中の75ページから76ページのところにアブラハム・プライベートバンク株式会社のデータが載っています。この数字はどう評価したらいいんだろう・・・。

投資助言・代理会員台帳「あ」行
http://www.jiaa.or.jp/profile/pdf/jogen24/a.pdf

【2013/02/22 22:23】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]

管理人よりコメント
隊長のブログが更新されています。

ブラハム「いつかはゆかし」誇大広告の疑い(やまもといちろうブログ)
http://kirik.tea-nifty.com/diary/2013/02/post-b4a9.html

どうやら、アブラハムの炎上はさらに進み、もはや止めようがない模様。以下は、はてなブックマーク。アブラハム側は完全に消火活動に失敗したか・・・。

はてなブックマーク : アブラハム「いつかはゆかし」誇大広告の疑い(やまもといちろうブログ)
http://b.hatena.ne.jp/entry/kirik.tea-nifty.com/diary/2013/02/post-b4a9.html


ところで、「いつかはゆかし」のサイトをみていて、一つ気になったのがQ&Aの中のこの部分。

-------------引用開始-------------------------------
弊社は「金融商品を一度販売して、手数料を稼げば、それで終わり」という金融商品販売業者(証券会社・銀行・セルサイド)の立場とは全く異なります。
一般的に、金融商品販売業者と個人投資家は利害が相反しています(Win-Loseの関係)
これに対して、アブラハム・プライベートバンク株式会社は、国内外の金融商品販売会社に対して中立で、独立した投資助言会社(コンサルタント・バイサイド)の立場です。
私達が海外ファンドに関する実績・専門知識を活かして長期間にわたりお客様をお手伝いし、お客様の資産が増えれば増えるほど、弊社の報酬も増える仕組みです。
これは、個人投資家と投資助言会社の利害を一致させる仕組みであり、欧米では主流の方法です(Win-Winの関係)
-------------引用終了-------------------------------

Win-Winの関係というけれど、結局は投資助言料として積立残高の0.945%/年を払うことになるわけだから、投資家が損をして元本割れになろうが、投資残高がゼロにならない限り、アブラハム側は助言料収入を稼ぎ続けることに。しかも積み立てだから投資残高は年々増え続けることに。
どちらかというと、「金融商品を一度販売して、手数料を稼げば、それで終わり」という形の方が良心的なんじゃないの?と思うのだが。例えば個別株投資だとコストは売買手数料だけで、保有中はコストはかからない。
油ハム・・・もといアブラハムのやり方でも、本質的には利害が相反するという状況に変わりはないのでは?と思ったりする。この認識は間違っているのだろうか。まあ、利害が相反するというのは投資においては宿命のようなもので、避けようがないのだろうけれど。
(どーでもいいことだが、どういうわけか、うちの日本語入力システムのATOKがアブラハムを油ハムと変換してしまう・・・。油ハムって、いかにも脂っこそうで、健康に悪そうだ・・・)
【2013/02/23 20:36】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]

マーケット・ニュートラル・・そもそもリスクなんて取らなければいい
ヘッジファンドの運用なんて手数料が欲しいだけのまやかしでしょう。
無リスク資産にしておけば(名目上は)減ることがないのだから。
ゆかしはブラックボックスの手数料埋蔵装置。但し投信も透明な手数料が掛かります。
投資で儲かるほど、世の中都合良くはできていないのです・・
でも私は投資し続けます。日本株で減って・外国株で殖えて・債券でリスクを薄めて、もはや趣味になってますね^^
でも最期は何か有意義な買い物をしたいな~(1億円も要りません!)
【2013/02/24 00:58】 URL | 預金王 #- [ 編集]

管理人よりコメント
>ゆかしはブラックボックスの手数料埋蔵装置。但し投信も透明な手数料が掛かります。

「いつかはゆかし」はブラックボックスっぽいなのが不安要因となりそうですね。入会しない限り何もわからない。
インデックスファンドやETFでも保有する限り信託報酬は継続的にかかるものの、もし投資をするのなら、インデックスファンドやETFの方が合理的だと思います。アブラハム側は「金融商品販売業者(証券会社・銀行・セルサイド)の立場とは全く異なります」と書いてますが、本質的には変わりがないでしょう。

ところで、こんなサイトを発見。

おまいら「いつかはゆかし」の利回り10%宣言は、異常じゃねぇんダッ! 証拠を見せてやる(MarketHack)
http://markethack.net/archives/51864144.html

【2013/02/24 08:01】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


「いつかは」ってのがミソですよね(笑)。

万が一くらいの確率でなるかもしれないし、
かなりの確率で、手数料を上納するだけで
「ゆかし」にならない。
【2013/02/24 11:18】 URL | PSY #- [ 編集]

管理人よりコメント
>>PSYさん

海外にすごいファンドがあるのは事実だとしても、問題なのはリスクの存在ですね。高いリターンの裏には高いリスクが潜んでいるはずですが、それがよくわからないのが自分的には問題なのかなと思います。

それにしても、もう一つ疑問なのが、アブラハム社の宣伝の仕方。ただ単に、「海外ファンドの積み立て投資をお手伝いします」というような表現だけであれば、さほど大きな問題にはならなかったと思うのですが(どのみち投資は自己責任ですから)、あたかも誰もが確実に1億円が貯められるかのような印象を与える広告になっているのは大きな問題ではないかと思います。また、ブロガーに対して削除要請までしているのはどうなのだろうかと思ってしまいました。しかもその内容は恫喝ともとれそうな文面。企業側として放置しておくわけにはいかなかったのかもしれませんが、この削除要請がきっかけで炎上騒動になったわけですからねー。

【2013/02/24 14:58】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]

管理人よりコメント
あと、さらにもう一つ気になっているのが、最初のコメントで書いた、投資助言・代理会員台帳の中のアブラハム・プライベートバンク社の財務状況の数字(76ページ参照)。

投資助言・代理会員台帳「あ」行
http://www.jiaa.or.jp/profile/pdf/jogen24/a.pdf

一部をピックアップすると

財務状況 (単位:千円)
平成23年7月 営業収益 55200 うち投資助言報酬 21644 経常損益 -93829
      当期純利益 -94814 純資産 -95782

・・・という数字。これを最初に見たとき、経営になんらかの問題があるのでは?と思いました。もしかすると、富裕層ビジネスがうまくいっていないから、「いつかはゆかし」のような一般向けサービスを始めたのでは?と勘ぐりたくなります。実際はどうだかわかりませんが・・・。

【2013/02/24 20:40】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]

管理人よりコメント
一連の炎上騒動を見ていて感じたことがさらに一つ。
アブラハムの最大の失敗は、よりにもよって海外ファンドの積立という投資家向けサービスだったということと、その広告があまりにも目立ちすぎたことではないかと思ったりもします。
金融商品・サービスの分野では詐欺的なものも多いことから、投資家の中には、まず疑うことが習い性になっている人も少なくないものと思われます。また、投資を全く知らない人からも、毎月5万円の積立で1億円という類の宣伝文句は怪しいという目で見られるであろうことは容易に想像できたと思うのですが、なぜあんな変な広告を作ったのかが個人的には最大の謎。


「出てこなければ、やられなかったのに!」と突っ込みたくなります。


【2013/02/24 22:40】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


金融資産10億が入会条件の「ゆかし」に入会することが
そこまでのステータスなのか、

「お金持ち」は、現金決済大好きなので、

使いもしないアメリカンエクスプレスのブラックカードに
高い年会費を払っているのと同じような感じもするのですが。

まあ、自営業者なら、
必要経費で計上して節税とかいう方法も使えるのでしょうが、
必要経費の計上にも「常識の範疇」ってものがあって、
やりすぎれば税務署が「ピンポ~ン♪」と呼び鈴を鳴らしてくれますからねぇ。
【2013/03/02 12:03】 URL | PSY #- [ 編集]

管理人よりコメント
>「ゆかし」に入会することが
>そこまでのステータスなのか

私もこの点が大きな謎です。
もし、アブラハム社が「ゆかし」のブランドイメージを高めることを意図するならば、「いつかはゆかし」のような富裕層向けでないサービスをしない方がよかったのではないかと思います。富裕層ではない一般層を相手にしたビジネスを始めるというところに、ある種の焦りがあるのかも・・・と、ついついよからぬ想像をしてしまいます。

【2013/03/03 16:49】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


素敵なブログですね^^
色々見入ってしまいました
また、お邪魔しますね。
【2013/04/28 00:30】 URL | 名無しさん #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/615-006699c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。