プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「いつかはゆかし」の宣伝方法に対する素朴な疑問
先日より、「いつかはゆかし」に関して、ネット上で色々と騒がれて、炎上騒動となっている感があります。そこで今回は、「いつかはゆかし」の広告・宣伝方法に関して、疑問に思ったことを書いてみたいと思います。
私が最初に「いつかはゆかし」の広告やサイトを見て回ったときに思ったのは、「一体なぜ、こんな宣伝の仕方をしたのだろうか?」ということでした。公式サイトのシミュレーションのページを見ると、まるで、月5万円の積立で、誰もが確実に1億円が作れると誤認されかねない内容だと思いました。一応、サイトの下部には、「本シミュレーションの結果は理論的な結果であり、会員様の将来を一切保証するわけではありません」云々のテンプレート通りの説明は書かれています。しかしながら、広告や公式サイトを見る限りでは、「1億円は貯められる。月5万円の積立で」とか「30年後の一億円のために、今できることがある」という類のキャッチコピーが強調されており、これはいかがなものかと思いました。公式サイトにあるシミュレーションは、リスクを全く考慮していないように思えます。これはやはり誇大広告ではないかという印象を私も持ちました。

※リスクとリターンの話については、下記のサイトが参考になりそうですのでリンクを貼っておきます。


リスクの影響考えて年利10%で月5万円の積み立てを30年間継続して得られる資産をシミュレートしてみた(生物物理計算化学者の雛)

連載:リスク資産の複利確率(28)~最終回「総集編」(ファンドの海)



「月5万円の積立で1億円」というのは、少しでも投資の知識のある人、投資経験のある人ならおかしいと思うでしょうし、投資の知識の全くない人であっても、直感的に「怪しい話だ」と判断するのが普通だと思います。
公式サイトによると、アブラハム・プライベートバンク社自身は「投資アドバイス(金融商品の評価・分析)、お客様の要望に応じて都度対応する、各種英文事務手続きサポート」を行うとのことなのですから、ただ単に「海外ファンドへの積立投資をサポートします」という宣伝文句だけにして、1億円うんぬんの話は書かない方が良かったのではないかと思います。これならば、少なくとも誇大広告などといわれることもなかったでしょう。

「怪しい」とか「誇大広告だ」とかいう評価が出てくるのはおそらく事前に予想されたであろうと思われます。本当に、一体なぜこんな広告を作ったのかが最大の謎です。

もう一つ問題だと思ったのは、「市況かぶ全力2階建」や「やまもといちろうBLOG」で書かれている、エントリー削除要請の件です。アブラハム・プライベートバンク社としては、自社を悪く書く記事を見過ごすわけにはいかなかったのかもしれませんが、その文面を見る限り、これは少しやり過ぎではないかと思いました。これはつまり、アブラハム・プライベートバンク社側が、ネット上の口コミ情報を操作しようとしたといえるからです。提灯記事はどんどん出す一方で、批判記事はダメというのは、気持ちとしてはわからないでもありませんが、あまり誉められたことではないと思います。結果的には、このことがネット上での炎上騒動のきっかけとなったわけですから、皮肉としかいいようがありません。

また、アブラハム・プライベートバンク社の財務状況を疑問視する声もありますが、これはアブラハム・プライベートバンク社が、きちんと数字を公開すればそれではっきりする話なので、是非ともきちんとした情報開示を期待したいところです。何しろ、30年にも及ぶ付き合いになるわけですから、すでに契約している顧客にしても、これから契約しようとする人にとっても、財務状況がわからないというのはやはり不安に感じると思います。

以上、いくつか書いてきましたが、今回の炎上騒動は、アブラハム・プライベートバンク社側が、もう少し配慮していたら、事前に防ぐことができたのではないかと思います。宣伝方法や、財務状況の公開、記事の削除要請の件など、改善すべき点があるのではないかと思った次第です。


ちなみに、私自身はインデックスファンド投資がメインであることに加え、「理解出来ないものには投資しない」という大原則に基づき、海外のヘッジファンドに投資をすることは決してありません。したがって、アブラハム・プライベートバンク社の評判の善し悪しを気にする必要は全くないのですが、個人投資家の一人として、誇大広告ととられかねないような宣伝は非常に気になりました。アブラハム・プライベートバンク社のサイトや「いつかはゆかし」の広告記事を見ると、やたらとリターンの高さばかり強調しているようにしか見えないのですが、私としては、もし投資をするのであれば、高いリターンにばかり注目するのではなく、リスクにもきちんと目を向けた投資を心がけるべきだと考えます。それが健全な投資だと思うからです。




------------------------
参考外部サイト:
「いつかはゆかし」の公式サイト及び「いつかはゆかし」を取りあげたブログ・はてなブックマークなど


いつかはゆかし公式サイト(アブラハム・プライベートバンク)
いつかはゆかし公式スタッフブログ


「いつかはゆかし」のリスク~海外ファンド積立で1億円を目指す?(ホンネの資産運用セミナー)
「いつかはゆかし」解約時にファンド売却を条件とするのは適切か?(ホンネの資産運用セミナー)
「いつかはゆかし」に対する疑問にアブラハムから返答(ホンネの資産運用セミナー)

「いつかはゆかし」徹底検証 - おかしな解約条件(吊られた男の投資ブログ)
「いつかはゆかし」徹底検証 - 特徴的な契約の注意点(吊られた男の投資ブログ)
いつかはゆかし徹底検証 - 本当の投資顧問契約額はいくら?(吊られた男の投資ブログ)
いつかはゆかし徹底検証 - アブラハム・プライベートバンクの財務・経営状況(吊られた男の投資ブログ)

17:30 市況かぶ全力2階建 削除要請による該当記事削除に関するお知らせ

はてなブックマーク:アブラハムPB「いつかはゆかし」の担当者が、市況かぶ全力2階建にエントリー削除要請(やまもといちろうBLOG)
はてなブックマーク: 【謹告】アブラハム・プライベートバンク「いつかはゆかし」の池田慈生さま、質問へのお返事をください: やまもといちろうBLOG(ブログ)
はてなブックマーク : アブラハム「いつかはゆかし」誇大広告の疑い(やまもといちろうブログ)
はてなブックマーク:アブラハム周辺を掘ってたら、違法業者がいっぱい出てきた件で(やまもといちろうBLOG


「いつかはゆかし」で、にぎわってますね(かえるの気長な生活日記)

いつかはゆかしの有効活用法(おやじダンサーのひとりごと)
続・いつかはゆかしの有効活用法(おやじダンサーのひとりごと)

米ヘッジファンド4年連続市場平均に敗北、「レバレッジが不充分」- ガラパゴス化する「いつかはゆかし」(みんなの心にも投資 … ソーシャルインベスター(社会投資家)への道)



テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント
まあ・・商売だから
法律に違反してなければ、あとはモラルの問題といえますね。
ただ、『投資して大損するかもしれないですよ』といってもらった方が私には説得力があります(ひねくれ者?)。
ヘッジ・ファンドを出してきた時点でマトモじゃない(胡散臭い)と警戒できなければ、別のものでも引っ掛かるのではないでしょうか?

投資に関しては貯蓄派と一時対立がありましたが、基本的には上下するので右肩上がりはほぼ不可能・・と認識できます(プラスのリターンはあり得ますが)
【2013/03/02 22:36】 URL | 預金王 #- [ 編集]

管理人よりコメント
>>預金王さん

「商売だから」というよりは、商売だからこそ、もっとちゃんとした広告作りをすべきだったのでないかと思うのですね。これでは、「我が社は胡散臭くて怪しい会社です」と自ら宣伝しているようなもの。ただ、絶望的なまでのセンスのなさだけを感じます。
【2013/03/03 08:45】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


本邦のプライベートバンク業務は、
どこの会社のホームページをあたっても、
スイスやリヒテンシュタインのプライベートバンクとは違って、
有限責任ですからねぇ(苦笑)
【2013/03/03 15:10】 URL | PSY #- [ 編集]


記事に同意です。
削除依頼とかも、そんなことすれば100%炎上するに決まっているのにやっちゃったり。
そして反論の文面たるや・・・。
なんか盲目的○○教信者の書き込みに似てますよね。

我々は今まさに、新しい詐欺が始まる瞬間を目の当たりにしているのでしょう。
しかしこれほどわかりやすいものもない。
やるのならもうちょっと上手にやればいいのに。
【2013/03/04 12:49】 URL | nira #- [ 編集]

管理人よりコメント
本日のニュースです。アブラハム・プライベートバンク社が切込隊長のネット上の記事・発言に対して被害届の提出を検討している模様です。


はてなブックマーク:「いつかは ゆかし」に対する根拠のない誹謗中傷に関しまして|プレスリリース|アブラハム・プライベートバンク株式会社
http://b.hatena.ne.jp/entry/abraham-bank.co.jp/news/20130304.html


はてなブックマーク:一部ブロガー、広告記述内容に対する説明を代理人に対して求めるメールを送達: やまもといちろうBLOG
http://b.hatena.ne.jp/entry/kirik.tea-nifty.com/diary/2013/03/post-3fdb.html


アブラハムの言い分で気になったのはこの部分。

-------------引用開始-------------------------------
当該ブロガーは、この「無料シミュレーション・サービス」の話を意図的に当社サービス(有償の投資助言サービス)で提案している内容と混同させ、「誇大広告」であるとあえて誤解させようとしております。当社は、シミュレーションには誤解を防ぐために必要な説明文を添えることによりシミュレーションと実際の投資が混同されないよう明記しております。
-------------引用終了-------------------------------

だったら、公式サイトにあるシミュレーションっていうのは一体なんなんだ?シミュレーションなんて最初からいらないんじゃね?という話になると思うのですが・・・。
【2013/03/04 21:55】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]

管理人よりコメント
アブラハム社のプレスリリースを何度読み返しても意味がわからない。
無料シミュレーションと実際の投資を混同させているのは、どちらかというと、アブラハム社の方ではないのか?
入会を検討する人は、まずシミュレーションをするだろうし、広告にある「1億円は貯められる。月5万円の積立で」という文面も、シミュレーションを元に作ったフレーズとしか思えない。


それはさておき、ニコニコ大百科に、こんな項目が追加されています。

いつしかゆかは(ニコニコ大百科)
http://dic.nicovideo.jp/a/%E3%81%84%E3%81%A4%E3%81%97%E3%81%8B%E3%82%86%E3%81%8B%E3%81%AF

-------------引用開始-------------------------------
いつしかゆかはとは、ほぼ日Pの338曲目になるVOCALOIDオリジナル曲である。歌は結月ゆかり。

前回同様手書きの絵柄で、描かれてる女性は多分大西結花(おおにし ゆか)。

自分年金積立サービス「いつかはゆかし」を取り上げた曲で、

歌詞に同サービスのCMに登場する塚本高史(つかもーと たかし)が含まれているなど芸が細かい。
-------------引用終了-------------------------------


【2013/03/06 22:18】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]

管理人よりコメント
ここ最近、「いつかはゆかし」ウォッチングをしている管理人です。
「一部ブロガー」のブログが更新されているので、はてなブックマークへのリンクを貼っておきます。

はてなブックマーク:アブラハムPB社「いつかはゆかし」事業に対する公開質問状: やまもといちろうBLOG
http://b.hatena.ne.jp/entry/kirik.tea-nifty.com/diary/2013/03/post-4ccd.html?optimized=0


【2013/03/07 21:35】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]

管理人よりコメント
>>PSYさん

「プライベートバンク業務」という言葉の正確な定義がよくわからないのですが、アブラハムの場合、社名に「プライベートバンク」という名が入っているのはどうなのでしょうかね。この点が、よくわかりません。


>>niraさん

>削除依頼とかも、そんなことすれば100%炎上するに決まっているのにやっちゃったり。

人気ブログに対する削除依頼がどういう結果をもたらすかを考えていないというのは、あまりにもうかつだという気はしますね。

>我々は今まさに、新しい詐欺が始まる瞬間を目の当たりにしているのでしょう。

念のために書いておくと、私自身は、現時点では詐欺とまでは思っていません。ただ、誇大広告ととられかねない宣伝の仕方があまりにも下手だと思っているだけです。
とはいえ、肝心の投資助言サービスの具体的内容が、入会しない限り全くわからないため、そのサービス品質がいいのか悪いのかの判断がつきかねるのは確かではあります。

【2013/03/10 15:57】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/616-b005e27c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。