プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トヨタアセット・バンガード海外株式ファンドの利回りがプラスに転じる(2013年3月12日)
先日、トヨタアセット・バンガード海外株式ファンドが久々にプラスになっていたので、備忘録的な意味で、運用利回りを書いておきます。

-------------------------
運用利回り(2013年3月12日現在)

*トヨタアセット・バンガード海外株式ファンド 投資収益率 +2.3%  年間収益率 +0.4%
*SMTグローバル株式インデックス・オープン 投資収益率 +42.6%  年間収益率 +22.6%
*SMT新興国株式インデックス・オープン 投資収益率 +26.4%  年間収益率 +13.6%
*SMTグローバル債券インデックス・オープン 投資収益率 +19.0%  年間収益率 +5.8%
*TOPIX連動型上場投資信託 投資収益率 +9.4%  年間収益率 +1.8%
*外貨建てMMF(アメリカドル) 投資収益率 -0.3%  年間収益率 (データなし)
*純金積み立て 投資収益率 (データなし)  年間収益率 (データなし)

参考:1米ドル=95円95銭、1ユーロ= 125円23銭(ソニー銀行)


※外貨建てMMFの投資収益率は、円換算のものです。
※それぞれ、配当金(分配金)込みでの利回りです。
※純金積み立ては田中貴金属工業にて行っています。

-------------------------

2013年3月12日現在で、トヨタアセット・バンガード海外株式ファンドがプラスとなりました。数字的には+2.3%とごくわずかな数値ですが、これがプラスになったのは実に久しぶりのことです。ポートフォリオ全体を見ると、マイナスになっているのは外貨建てMMF(アメリカドル)で、-0.3%。他は全てプラスです。なお、先月の2013年2月3日時点で+0.3%のプラスに転じていたETFのTOPIX連動型上場投資信託は+9.4%となりました。また、ポートフォリオ全体でもプラスとなっています。

今更ながら面白いと思ったのが、トヨタアセット・バンガード海外株式ファンドとSMTグローバル株式インデックス・オープンの利回りの違い。前者は+2.3%の利回り(年間収益率:+0.4%)で、後者は+42.6%(年間収益率:+22.6%)という数字になっています。トヨタアセット・バンガード海外株式ファンドは2004年1月から2008年10月まで積み立てでいました。もう一方のSMTグローバル株式インデックス・オープンは2008年10月より積み立て投資を開始し、現在も積み立て継続中。トヨタアセット・バンガード海外株式ファンドはその大半が米国の金融危機以前の積み立て分であるのに対して、SMTグローバル株式インデックスオープンは金融危機以降の積み立て分です。単純に比較するわけにはいかないにしても、積み立て時期・期間によって利回りに大きな影響が生じているとはいえそうです。

さて、現在はトヨタアセット・バンガード海外株式ファンドの積み立ては行っていないものの、SMTシリーズの積み立て投資は今後も継続します(なお、純金積み立ての方も、規約上、積み立ての一時停止というようなことはできないので、少額ながら積み立て継続中)。今後もこれまで同様、リスクを考慮しつつ、推移を見守りたいと思います。

それから、今年はトヨタアセット・バンガード海外株式ファンドから他のインデックスファンドへの乗り換えを計画しています。


テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント
もはや懐かしのトヨタ・アセット
同じバンガードでも様々ですね。
私は昨年セゾン・バンガードを損切りし、全てETF(VT)に交換しています。
積み立てはしていないので、ぐんぐんパフォーマンスは上昇の一途(一度もマイナスがないかも?)
でも楽観はしていません。只、売る気もないので債券を分厚くすることで元本フルヘッジを目標にしています(変動国債が金利低迷しているのでいつになるか・・)
このVTと日本株(日経ETFとワン株)を1:1にしたら、ダウがバブル臭いので他は全て売却(リバランス)するかもしれません。
さわかみを売るのをいつにしようかな・・
【2013/03/16 23:43】 URL | 預金王 #- [ 編集]


店頭掲示ポスターの個人向け国債4月債(変動10)の
利回りを見ると、株と債券の逆相関が成立していないんですよねぇ…。

今だけだと思いたいんですが。
【2013/03/17 12:19】 URL | PSY #- [ 編集]

相関は早感
一時的なものでしょうけど。よくあることかも・・
変動国債は日本国債ベアですが、私はキャッシュバックが目的です。
まあ、リスクのある日本債券ファンドと比べても、元本保証(リスク値0)の旨味が大きいですけど。
【2013/03/18 00:20】 URL | 預金王 #- [ 編集]


発行体に対する信用リスクは
とるべきリスクではないと思っているので、
個人向け社債、国内債券投信(MRF、外貨MMF除く)には、
一切手を付けていません。

個人向け国債は、
債券商品の中ではかなり特殊な債券で、

金融機関が販売手数料というマージンを抜けないので、
積極的に売りたい訳ではない

かといって、
落札した量を裁けないと、
次の国債の入札のときに不利を被るから
キャッシュバックをつけてでも売り切らなきゃいけない

ということだけはいつも頭の隅っこにあります。
【2013/03/18 19:45】 URL | PSY #- [ 編集]

EXE-i 先進国株式ファンド
トヨタアセット・バンガード海外株式ファンドにくりそつですね。
皮肉にもETFでのFOFだし・・
http://www.sbiam.co.jp/EXE-i/fund/fd01.html
また大暴落起こしたら考えようかな~
【2013/03/24 14:19】 URL | 預金王 #- [ 編集]

管理人よりコメント
>もはや懐かしのトヨタ・アセット

私が積み立てを始めた頃と比べると、正に隔世の感がありますね。今となってはもはや高コストファンドの一つでしかありませんが、あの当時はこれでもそれなりに魅力があったのですけどね・・・。
ちなみに乗り換え先の最有力候補については、またあらためて記事にしたいと思います。


>株と債券の逆相関が成立していない

まあ、こういうのは物理法則のようなものとは違い、厳格なものでもないですからね。


>発行体に対する信用リスクは
>とるべきリスクではないと思っているので

同じく。個人投資家は信用リスクをとるべきではないと思います。


【2013/03/24 17:10】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/618-cbbdb200
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。