プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「いつかはゆかし」のアブラハム社のアフィリエイト広告に関する雑感
今回の記事は、アブラハム・プライベートバンク株式会社及びアブラハム・グループ・ホールディングス株式会社(以下、まとめてアブラハム社と略します)についての余談です。

元ネタは、「いつかはゆかし」のアブラハム社を褒め殺しによって皮肉らせたら随一の実力を持ち、右に出るもののないブログ・・・おっと、いかん。間違えた。・・・アブラハム社を一貫して擁護し続けるほぼ唯一のブログ、「ドウデモイイコト。」の記事です。以下にリンクを貼っておきます。


「いつかはゆかし」擁護に現役FPブロガーが立ち上がった件(ドウデモイイコト。)


アブラハム「いつかはゆかし」よくある質問に虚偽記載の疑い(ドウデモイイコト。)


この記事は、「現役FPが『いつかはゆかし』を擁護している」という話と、「入会しないとアフィリエイトできないはずなのに、入会していない人が『いつかはゆかし』のアフィリエイトしているのはおかしいんじゃないの?」という話なのですが、この件について、個人的に一つ思い出したことがあるので、少し書いてみたいと思います。


今をさかのぼること3年ちょっと前、2009年12月の話ですが、私の元に、アブラハム・グループ・ホールディングス株式会社から一通のメールが届きました。内容の詳細は、アブラハム社関連のサイト内にある「ゆかしメディアネットワーク参加のご依頼」というpdfファイルで読むことができるのですが、現在は、マルウェア感染騒動により閲覧することができません。よって、リンクは貼らず、一部の引用のみに留めることとします。


ゆかしメディアネットワーク参加のご依頼
-------------引用開始-------------------------------
メリット2
:収益機会の提供
※希望されるパートナー様のみ
YMNパーツ上に表示される広告により、収益機会をもたらします。
パートナーの収益を最大化するために、最適な広告主を提供します。
提示した広告の中から、掲載
広告をお選びください。
(一流ラグジュアリーブランド、ホテル等も掲載予定)
※アブラハム・プライベートバンク株式会社の商品では100UU/日のサイトで6万円程度の成果実績があります
-------------引用終了-------------------------------


要するに、私のブログに、アブラハム社のバナー広告を貼って欲しいとの依頼でした。アブラハム社とは、数回にわたるメールのやりとりがあったのですが、当ブログでは、アフィリエイト広告の類を貼ることは一切認めないという方針に基づき、結果的にはお断りしましたが、アブラハム社のアフィリエイトの考え方として、以下の方針があるようです。上記pdfファイルより再度引用します。


-------------引用開始-------------------------------
パートナーサイトになるには


弊社よりオファーが届くまでお待ちください

パートナーサイトの一般公募はしておりません。
弊社担当者がサイトを拝見し、専門性、コンテンツの質、更新頻度等を確認
いたします。その上でパートナーとして協業したいと判断した場合にのみ、
ゆかしメディアよりオファーを申し出ております。
現在は投資家、経営者向けの専門性を有すサイトを中心にオファーを提示
しております。
-------------引用終了-------------------------------


これはつまり、アフィリエイトに関しては、「一般公募はしないが、アブラハム社が気に入ったサイトについては、アブラハム社からオファーを出し、アフィリエイトを認める」ということです。恐らく、私がメールを受け取った当時、これと同じオファーを受けた投資ブロガーも多いのではないではないかと推測されます。入会しないとアフィリエイトできないはずなのに、入会していない人がアフィリエイトしている人がいるというのはつまりこういうことなのでしょう(なお、私がメールを受け取った当時は「いつかはゆかし」はありませんでしたが、基本的な部分は今も変わらないのではないかと推測されます)。



それはいいとして、問題なのは、「いつかはゆかし」の宣伝をしている現役のFP(ファイナンシャルプランナー)がいることです。

これに関連すると思われるのが、「高配当ETFで戦略的インデックス投資日記高配当」に以下の記事。

アブラハム社サービス紹介の執筆依頼が届いたぞw(高配当ETFで戦略的インデックス投資日記)


よりにもよって、この投資ブロガーにメールを送ったのは確実にアブラハム社の送信間違いでしょうけど、問題はそこではありません。アブラハム社はファイナンシャルプランナーまで取り込んで、宣伝活動に力を入れているという点です。これは大変ゆゆしき事態ではあります。こんなことが行われているというのなら、ファイナンシャルプランナーという肩書きを持っているとか、専門家だからという理由だけで、そのアドバイスを信用するのは慎まなくてはならないかもしれません。「いつかはゆかし」を推奨するようなファイナンシャルプランナーというのはいささか問題があると思います。

念のために書いておくと、ファイナンシャルプランナーがブログでアフィリエイトをするべきでないとか、金融商品・サービスの宣伝活動をするべきではないというつもりはありません。商品の特性や顧客側のメリット・デメリットを理解した上で、それなりに優れた商品であれば、アフィリエイト・宣伝活動を行うことにも意義はあると思います。しかし、「いつかはゆかし」は入会しない限り詳しいことはわからず、詳細は秘密のベールに覆われている上、入会後も秘密保持契約があるため、詳細を第三者に話すことはできません(ハンサード社うんぬんの話はネット上で出ていますが、公式サイトで公開されていない以上、広告・宣伝でこの情報を一般に明かすことはできないものと思われます)。商品・サービスの詳細がよくわからない商品を、広告であることを示さないままファイナンシャルプランナーが広告・宣伝しているのがとても大きな問題だと思うわけです。これでは、結果としてファイナンシャルプランナーの信用を貶めることになりかねませんし、アドバイスを求める顧客にとってもマイナスになってしまうでしょう。

ただ、難しいと思うのは、ファイナンシャルプランナーというのは、あくまでもその職業でもってお金を稼いで食べていかなくてはならないという点。金融商品・サービスの宣伝をすることでお金がもらえるというのであれば、生活のために広告・宣伝を引き受けるというのはやむを得ないというのも事実です。また、アブラハム社にしても、民間企業である以上、様々な方法で宣伝をするのは当然といえば当然です。その意味では、これは仕方のないことだといえるかもしれません。

結局は、ファイナンシャルプランナーに相談する側が、気をつけるしかないということでしょうか。特に金融商品を選ぶために専門家のアドバイスを求める際には、一定レベルの基礎知識とリテラシーを事前に身につけておく必要があるといえそうです。もっとも、いかなる場合であろうとも、最終判断を下すのはあくまでも顧客自身ですから、当然といえば当然のことではあるのですが。


余談ながら、アフィリエイトなど、一般ブロガーを利用して宣伝活動を行おうとしているのは別にアブラハム社に限った話ではありません。ブログなどをやっていると、インターネット広告関連の企業から、アフィリエイト広告をブログに載せて欲しいという旨のメールは時折来ます。また、献本の申し出を受けることもあります。要は、本を送るから気に入ったらブログで紹介して欲しいという話です。
私はブログ上でのアフィリエイトは一切行わないという方針に基づき、アフィリエイト広告の依頼は全て断っていますし、献本によるブログ上でのレビューも、どうしても本の宣伝の意味合いが強くなる恐れがあるため、これもお断りしているのですが、ブロガーを取り込もうとする業者はたくさんいると思います。別にアフィリエイトや献本によるレビュー記事を否定するわけではありませんが、読者の方も、裏側ではこうした各種の宣伝活動が行われていることをよく知った上で、各種サイトの記事を読むべきだと思う次第です。
また、アフィリエイトをする側も、変な商品・サービスの宣伝をすると自分自身の信用を下げることにつながりかねないので注意が必要だと思います。




関連記事:
海外ヘッジファンド投資についての個人的見解
「いつかはゆかし」の宣伝方法に対する素朴な疑問
「いつかはゆかし」の問題点はその不透明さと説明の不十分さにあると思う



テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント
アフィリエイトで飯を喰うのはどうなんだろう?
私も実はバナーを一つだけ(強制バナーを除く)していますが、震災のクリック募金です。
以前にアマゾンのもやりましたが、到底カウントに至る数ではなく(苦笑)。
マネー誌やアフリ目的のブロガーはいっぱいいると思います。でもそういうのに限って、この人投資で損してんだろうなという内容が多いです。
まあ経済的合理性から言えば、アフリはいい飯の種ではありますが・・。

結局、本当に自分の意思だけで物事を通そうとすると、なかなか世間には取り上げてもらえないのかもしれませんね



【2013/03/23 22:40】 URL | 預金王 #- [ 編集]


話題の?FPによブログ記事はアフィというよりはただのステマかなと思います。
内容も指示された文章を張り付けただけのようですし。
そんなことをやってると本業の信頼もなくすと思うんですけどね。
【2013/03/24 08:59】 URL | HT #- [ 編集]


別の方が周辺分野でのエントリを立てていましたが、
最近、大型ショッピングセンターのテナントとして
たいてい入っている保険見直しサービスが
はたして中立的な立場のアドバイスをしているのか、
という問題と本質は同じなのでは?という感じですね。
【2013/03/24 10:40】 URL | PSY #- [ 編集]

管理人よりコメント
隊長のブログが更新されました。


はてなブックマーク:【続】「いつかはゆかし」@アブラハム社と高岡壮一郎さんに対する公開質問状その2: やまもといちろうBLOG
http://b.hatena.ne.jp/entry/kirik.tea-nifty.com/diary/2013/03/post-fd8f.html


もはやめった切り状態。これが事実なのかどうかはわかりませんが、もし本当のことなら、相当やばそうだ。アブラハムはどうなっちゃうの?

うむ。ここはやはり、「死体蹴りの人」の二つ名を持つ、アブラハム擁護ブロガーの更なる記事を期待したいところ。
ええ。もちろん、当ブログの記事をはてぶ登録しているあなたのことですよ。今こそゆかしたんを擁護する時だ!


【2013/03/29 22:06】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]

管理人よりコメント
>内容も指示された文章を張り付けただけのようですし。

「いつかはゆかし」の場合、公開されている情報量があまりにも乏しいので、会社の用意したデータを貼り付けるくらいしかできないだろうと思います。もっと、細かいデータがあれば別でしょうけれど。


>保険見直しサービスがはたして中立的な立場のアドバイスをしているのか、
>という問題と本質は同じなのでは?という感じですね。

これは、このブログ記事のことですね?

来店型の保険ショップは中立的なアドバイスを行っているか?(ホンネの資産運用セミナー)
http://genuinvest.net/?eid=1928

いかなる業界でも同じだと思いますが、「顧客のためにはならないかもしれないが、自社の利益になる」というのであれば、自社の利益を優先して考えるのは、ある意味で仕方のないことかもしれません。ただ、顧客との長期的な関係を考慮した場合に、結果としてそのことがマイナスに作用することも大いにありえます。顧客の利益よりも自社の利益を優先させるか、それとも損して得取れということで顧客との長期的信頼関係を築くことをとるか、それは経営者の考え方次第でしょうね。


ところで、下記ブログによると、アブラハム社がまたまたやらかしたようですね。


なんと!アブラハム社から詳細が届いたぞw(高配当ETFで戦略的インデックス投資日記)
http://toyop.net/blog-entry-1610.html


ここまで来ると、もう意図的にやっているとしか思えません。いろんな意味で、とても面白い会社です。



それから、こんなブログ記事も。

『やまもといちろう氏vsアブラハムが面白い件』の話(プチ社長日記)
http://ayleeds.jugem.jp/?eid=1223

【2013/03/31 14:16】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/619-e702aafc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。