プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10年目のポートフォリオ(2):アセットアロケーション(2013年5月2日現在)
先日、組み替えを行った後のポートフォリオです。日付は2013年5月2日現在のもの。

--------------------------------------------

*TOPIX連動型上場投資信託(1306)    比率 17%
*eMAXIS先進国株式インデックス  比率 37%
*SMTグローバル株式インデックス・オープン   比率 26%
*SMT新興国株式インデックス・オープン   比率 11%
*SMTグローバル債券インデックス・オープン 比率 4%
*純金積み立て  比率 5%

(注)
※預貯金及びMRFは除外しています。

--------------------------------------------

国内株式 17%
海外株式 74%
海外債券 4%
純金積立 5%

※MRFは除外しています

--------------------------------------------
預貯金(MRF含む)と投資資金の比率


預貯金及びMRF  50%
投資資金  50%

--------------------------------------------

運用利回り(2013年5月2日現在)

*eMAXIS先進国株式インデックス 投資収益率 +1.2%  年間収益率 54.4%
*SMTグローバル株式インデックス・オープン 投資収益率 +42.9%  年間収益率 +23.4%
*SMT新興国株式インデックス・オープン 投資収益率 +24.7%  年間収益率 +12.0%
*SMTグローバル債券インデックス・オープン 投資収益率 +24.4%  年間収益率 +7.0%
*TOPIX連動型上場投資信託(1306) 投資収益率 +21.9%  年間収益率 +3.9%

上記金融商品の総合利回り 投資収益率 +17.7%  年間収益率 +9.0%


その他:
*純金積み立て (投資収益率は計算していません)



※それぞれ、配当金(分配金)込みでの利回りです。
※純金積み立ては田中貴金属工業にて行っています。

-------------------------

三井住友・バンガード海外株式ファンド(旧名:トヨタアセット・バンガード海外株式ファンド)を売却した後の資金は、マネックス証券にて、eMAXIS先進国株式インデックスへ乗り換えました。普段から積立をしている、SMTシリーズでもよかったのですが、今回はあえて異なる金融商品を選ぼうと思い、eMAXISを選択。これを選択したことについては、特に合理的な理由があるわけではありませんので悪しからず。以前と比べてコストが大幅に下がったのでよしとします。
当初はEXE-iシリーズが最有力候補でしたが、この商品はまだ登場したばかりですし、また私自身の商品の対する理解が不十分ということもあり、今回は見送りました。

また、外貨建てMMF(アメリカドル)も売却しましたが、この資金も同じくeMAXIS先進国株式インデックスへと乗り換え。外国債券資産クラスは、完全に排除・・・とまでは言いませんが、ポートフォリオの中核からは外す方向で考えており、最終的にはゼロにする可能性もあります。今回の売却&乗り換えにより、2013年5月2日時点でのアセットアロケーションは海外株式が73%を占めるという高い比率になっています。国内株式は17%で、外国債券はわずか4%。

これだけ株式の比率が上がってくると、投資資金の価格変動もかなり大きくなると予想されますが、それは覚悟の上でのことです。総資産に占める預貯金(MRFを含めたもの)の比率は50%となっており、この(比率的には)潤沢な安全資産を緩衝材として投資資金の価格変動に備えるという計画。投資効率、そしてインデックスファンド投資という観点から考えると、いささか預貯金が多すぎるとの印象もありますが、私としては、投資効率よりもリスク許容度を重視。いかなる投資スタイルであろうと、安全資産としての預貯金は十分過ぎるほどに確保するものとし、「投資は余裕資金で行う」という大原則をきっちりと守ります。

今後のアセットアロケーションの方向性としては、外国株式をポートフォリオのメインに据え、次に国内株式、そして外国債券及び純金積立はポートフォリオのごく一部に留める(あるいは外国債券はゼロにする)という方針で検討中。具体的な比率の確定はもう少し先になりますが、できるだけ早く決めたいと思っています。

なお、今回から運用利回りの表記に「総合利回り」という項目を追加します。これは純金積立を除く、金融商品全体のトータルでの損益状況を表したものです。これによりポートフォリオ全体でプラスなのかマイナスなのかがわかりやすくなりました。


ついでにもう一つ付記しておくと、各資産の保有会社名は下記の通り。

*eMAXIS先進国株式インデックス・・・マネックス証券
*SMTグローバル株式インデックス・オープン・・・楽天証券(積み立て中)
*SMT新興国株式インデックス・オープン・・・楽天証券(積み立て中)
*SMTグローバル債券インデックス・オープン・・・楽天証券
*TOPIX連動型上場投資信託(1306)・・・マネックス証券、SBI証券、GMOクリック証券
*純金積立・・・田中貴金属工業のG&Pプランナー(積み立て中)

TOPIX連動型上場投資信託(証券コード1306)が複数の証券会社にまたがっているのは、かつてネット証券が手数料値下げ競争をしていたときに、その時々の最も安い会社で買い付けをしていたためです。同じ金融商品を複数の証券会社で保有しているというのは、管理上なにかと不便なので、最終的には一つのネット証券にまとめてしまいたいところです。


さて、これで、以前の記事、今年(2013年)の投資に関する計画で書いたことのうち、3つまでは実行しました。残りはあと一つ、「ポートフォリオのアセットアロケーションの比率確定と調整」を残すのみとなりました。

それにしても、投資歴10年目にしてようやくアセットアロケーションの比率を確定させようというのは投資家としてはどうなんだろう・・・。もっとも、それだけ迷い続けた10年間だったということではあるのですがね。基本的にヘタレな投資家なので、もしかしたらこれから先も迷い続けることになるのかもしれませんが・・・。



テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント
海外株比率・・
今後は8割くらいですか。
私も実は7割くらいまで持っていこうかと・・。
元々、円資産がほとんどですからね。
為替ヘッジ並みの円の過剰保有があれば、海外への投資は自然なことかもしれません。
【2013/05/04 15:15】 URL | 預金王 #- [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2013/05/04 22:42】 | # [ 編集]


今回の記事とは全く関係ないですが、このブログを読み続けてもう二年になりました。今まで貯金等をしないだらしない私でしたが、このブログがきっかけで貯金を初めて、やっと500万円溜まりました。普通預金に100万と積立貯金に400万です。
自分は投資とか勉強していないし、難しいことが苦手なのでたぶん今後も投資はしないと思いますが、(やっても投資ではなく定期預金にいれるくらいかな?^^;)これからも楽しく読まさしていただきます^^
いつも、色々な視点から物事を読み取りブログにしているので、今日はなんの話題かな?と楽しみにしています。
それと貯金のきっかけはこのブログなので本当に感謝しています。これからもブログ更新楽しみにしてます。
【2013/05/08 01:22】 URL | 超ねっこねこ #- [ 編集]

管理人よりコメント
>>預金王さん

預貯金は全て円資産ですから、投資の方は海外をメインに考えています。日本株式資産クラスの方は、これが長期投資に値するだけのものなのか、いまだに確信が持てません・・・。


>>超ねっこねこさん

500万円の貯蓄とは素晴らしい!
私の拙いブログが多少なりとも役に立ったのであれば、大変うれしい限りです。

【2013/05/12 16:56】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/625-67d09ff1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。