プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年も夏のボーナスは全て貯蓄へ回しました
先日、私の勤める会社において、無事に夏のボーナスが支給されました。今年は例年に比べるとずいぶん金額が多かったのですが、今回も例年通り全て貯蓄へと回しました。前から何度か書いているのですが、私はいまだかつて、先に商品を買って後からボーナスで支払うというボーナス払いをしたことがありません。それは、まだ手に入っていない将来の収入を見込んで買い物をするのは愚かしいと思っているからです。そして、何か商品を買う場合には、将来の収入を当てにして買うのではなく、原則として、今すでに持っているお金の範囲内で買えるものでなければ決して買わないという方針を持っているためです。この方針にあえて例外を認めるとすれば、住宅のような超高額商品に限ります。

ボーナスを全て貯蓄に回すのには、まとまった金額が入ってくることによる衝動買いを防ぐという意味合いも持たせています。ボーナスというと、どうしても臨時収入という意識が強く働き、どうしても「せっかくお金が入ったんだから何か買おう」という気持ちが大きくなってしまいます。それを抑えるために、全額を貯蓄に回すことによって、「ボーナスなど最初からなかったもの」として扱うことで、無駄遣いを防いでいるのです。これは私が社会人になって以来、長年に渡り一貫して継続してきたものですが、結果としては、これは実行していてよかったとつくづく思っています。「ボーナスを一切使わない」というと、けち臭いしみったれた生活だと思われる向きもあるでしょうけど、普段から十分な貯蓄の習慣があれば、特にボーナスを当てにせずとも日頃の貯蓄で貯めたお金で商品を買うことができますし、また、それ以前の問題として、日常生活に必要な生活必需品は、ほぼ全て揃っていますから、特に何かを買い足す必然性はありません。今すでに手元に持っているものだけでも、十分過ぎるほどに贅沢な暮らしができているのは明らかです。

また、ボーナスが入ったからといって、それを投資資金に回すことも行いません。投資資金については長期的な計画に従って行うという方針を持っており、資金を投資するかどうかを決定するのは預貯金を含めたアセットアロケーション(資産配分)とリスク許容度によります。例えボーナスが予想以上に入ってきたとしても、その余力資金を無計画に投資資金に組み込むことはありません。

私としては、「ボーナスを決して当てにせず、ボーナスは最初から無かったものとして貯蓄する」という方針をこれからも堅持する予定です。貯蓄の習慣はとても重要だと思っています。それは、金儲けの才覚を持たない凡人でも実行可能な方法であり、そして決して失敗することのない最も確実な資産形成戦略だからです。



テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント
景気いいですね
増額なんてすばらしい!
私は年収から貯蓄額を弾いています。
臨時収入が残業くらい←(少額)なので、なかなかしみったれですね(苦笑)。
独身時代の方が低所得だったのに楽に貯めれたのは、住宅費が大きかったかな(家を買ったつもり貯金とか・・)
【2013/07/13 23:55】 URL | 預金王 #- [ 編集]


「ボーナスを決して当てにせず、ボーナスは最初から無かったものとして貯蓄する」
この考え方良いですね!
月収から生活できることが一番ベストですしね。
【2013/07/17 13:58】 URL | のぼり #- [ 編集]

管理人よりコメント
>>預金王さん

仕事がやたらと忙しくなっているので、それが反映された結果です。
しかし、会社としてはボロ儲けというほど儲かっているわけでもないし、この忙しさがいつまで続くかもわかりませんから、次のボーナスはどうなるのか、なかなか先が読めません。
それにしても、仕事が忙しくなるとボーナスは増えるが自由になる時間は減ってしまうし、逆に仕事がヒマになると時間に余裕ができる代わりにボーナスには期待できない(それどころか、会社の存続が危うくなってしまう)。全く、なんというジレンマか。時間とお金の両方を実現できるのが理想なのですがねー。


>>のぼりさん

さしずめ、「つもり貯金」ならぬ「なかったこと貯金」というところでしょうか。ボーナスは当てにせず、あくまでも通常の毎月の給料分のみで生活を考えるのが妥当なのでしょうね。

【2013/07/21 16:39】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/633-d05a1240
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。