プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「いつかはゆかし」騒動で改めて思った、自分に理解出来るものに投資することの重要性
今回で、「いつかはゆかし」関連の話はひとまず終わりにしようと思います(ただし、新たな続報が出てこなければ、という話ですが)。アブラハム・プライベートバンク社(以下、アブラハム社と表記)の「いつかはゆかし」という自分年金積立サービスについての評価を改めて書いてみたいと思います。「いつかはゆかし」騒動を見る中で再認識したのが、投資家というものは自分に理解出来るものにのみ投資すべきだということでした。このことについては、今年(2013年)の2月頃にも書きました。

海外ヘッジファンド投資についての個人的見解(当ブログの過去の記事)
-------------引用開始-------------------------------
投資家というのは闇雲に高いリターンを求めるのではなく、透明性が高く、自分に理解出来るわかりやすい金融商品を求めるべきだということです。「取引手法はよくわからないけど儲かるらしい」という金融商品は、一歩間違えれば、「なんだかよくわからないけど損をしてしまった」ということにつながりかねません。私は、自分に理解出来るものに投資をして結果的に損をしたとしても、そのリスクを受け入れる覚悟がありますが、理解出来ないものに投資して損をするリスクは許容できません。
-------------引用終了-------------------------------


今回、アブラハム社が行政処分を受けることとなりましたが、結果的には当時書いていたことに対する確信はますます強くなりました。私がアブラハム社の「いつかはゆかし」というサービスに対して、理解出来なかったこと、及び疑問に思ったことがいくつかあるので列挙していきます(※なお、行政処分の話については、あえて触れないものとします)。


・アブラハム社の主張する「年利10%で30年間に渡って運用」できるという根拠が不明
これは結局最後の最後までわからずじまいでした。年利10%で30年間という根拠がわからないわけですから、私的にはこの時点で投資対象外に確定です。


・入会しない限り、詳細を一切明かさないという姿勢
こんな不透明なサービスをあえて選択する理由が見当たりません。


・顧客の生の声が全くわからない
これは守秘義務の影響と思われますが、顧客の口コミ情報が全くありません。アブラハム社のサイトには「いつかは ゆかし」お客様の声というのがありますが、アブラハム社のサイトである以上、自社に都合のいい情報しか載せていないであろうことは容易に想像がつきます。これでは本当の評判がわかりません。


・アブラハム社がこの事業から撤退したり、会社自体が倒産した場合、サポートが受けられなくなってしまう
私がこの手のサービスを決して利用しようと思わない最大の理由の一つがこれです。これはアブラハム社の「いつかはゆかし」に限った話ではなくて他社でも同様です。もし万が一、助言会社が助言事業から撤退したり、最悪、倒産した場合、その後の各種事務手続きを全て自分自身の手で行わなければならなくなるでしょう。海外直接投資で長期投資をするのはいいとしても、助言会社が長期に渡って存続しているという保証はどこにもありません。これは大きなリスク要因と考えられます。


このアブラハム社の「いつかはゆかし」に加入していた人たちがどんな人なのかはよくわかりませんが、こうしたことを全て承知の上で入会を決めていたのだとしたら、特に問題は生じないかもしれません。しかしながら、少なくとも私にとっては、検討にすら値しないサービスであったことは確かなことではありました。
今の時代、日本国内で普通に売られているETFやインデックスファンドを使えば、容易かつローコストで国際分散投資が可能な環境下にありますから、あえて海外直接投資にこだわる必要性はあまりないと思います。インデックスファンドであれば、積立金額も積立期間も全て自分自身の手で決められますし、一括投資したければそれも自由にできます。もし、何らかの事情で投資をやめたいと思った場合でも、いつでも自由にやめられます。そこには何の縛りも制約もなく、投資判断に必要な情報も過去の値動きやコストを含め、広く公開されているので何の不透明性もありません。商品性や自由度、そしてなによりわかりやすさという点においてインデックスファンドの方が遙かに優れていると思います。


「いつかはゆかし」に関していえば、「理解出来ないものに投資をしてはいけない」というよりも、「意味不明のわけのわからないものに投資をしてはいけない」といった方がいいかもしれませんけれども。


以上、いくつか書きましたが、要は、仮に「いつかはゆかし」が合法的なものであったとしても、それでもやはり投資対象には値しないという話です。たとえ今回の行政処分がなかったと仮定しても、私がこんなものに投資することはあり得ないといわざるを得ません。


---------------------------------------------

さて、ここまではあえて行政処分については触れませんでしたが、「業務停止処分を受けたアブラハム社は、今後どうなっちゃうの?」という話については、以下のサイトが参考になりそうです。

全業務停止6ヵ月の命令を受けたアブラハムPB・高岡壮一郎社長を直撃!(現代ビジネス)




テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/647-e76b6440
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。