プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スマートフォンからガラケーに機種変更して思った、ガラケーの素晴らしさ
先日、従来使ってきたスマートフォンをガラケーへと機種変更を行ったわけですが、そのガラケーを使い始めて思ったことについて書いてみようと思います。
今回、プライベートで久々にガラケーに戻って、ガラケーならではのメリットを実感しているところです。なお、仕事用では従来からガラケーを使用していますが、プライベートでは2年ぶりのガラケーです。
なんといっても、料金面でのランニングコストの安さは圧倒的です。Androidスマートフォンとは異なり、セキュリティ対策ソフトを入れる必要もありません。スマートフォンと違ってアプリを追加することはできないものの、ワンセグに電卓、辞書、カメラ、メモ帳、アラームその他諸々の機能はしっかりと装備。ボタン操作もハードウェアキーがあるがゆえに押しやすく、各種機能を呼び出すための操作全般も容易で、スマートフォンとはまた違った意味で直感的な操作が可能です。ガラケーというと、日本のガラパゴス化の象徴のように言われることがありますが、その完成度の高さは改めて素晴らしいと思いました。

いつの頃からか、携帯電話各社から発売される新型機種はスマートフォンばかりになり、「そのうちガラケーなんてなくなってしまうのではないか」というような雰囲気もありました。世間の一部には「スマートフォンはガラケーよりも優れている」とでもいうような風潮も見受けられましたし、量販店や携帯ショップに行っても、大々的に並べられているのはスマートフォンばかりでガラケーは店の片隅に申し訳程度に置かれているだけ、というような印象を受けることも多々あります。しかしながら、今年(2013年)の冬にはガラケーの新型が各社から登場するようで、幸いにして、まだまだガラケーは今後も生き残っていきそうです。

ガラケーは死なず NTTドコモ1年ぶりに新機種(J-CASTニュース)

また、「ガラケーの今後はどうなる?」ということについて、いろんな意見が寄せられています。

ガラケーの今後はどうなる?(300万人編集会議 日経トレンディネット)

それから、こんな話も。

スマホからガラケーに戻すと色々と捗るらしい(NAVERまとめ)

ネット依存の傾向のある人は、ガラケーに変えることで改善ができるかもしれません。

私自身は、スマートフォンのパケット定額料のあまりの高額さに嫌気がさしてガラケー+格安SIM対応端末(私の場合Nexus7 LTE対応版)の2台持ちへと移行しましたが、通話とメールに特化した通話用端末としては、やはりガラケーこそが最適解だろうと思います。とはいえ、だからといって、ガラケーの方がスマートフォンより優れていると主張するつもりは全くありませんし、スマートフォンの方がガラケーより優れていると言う気もありません。ガラケーにはガラケーの良さがあり、スマートフォンにはスマートフォンの良さがあるという、要はそれだけのことです。どちらか一方が優れていて、もう一方が劣っているというような話ではありません。ガラケーとスマートフォンとでは、その商品性が全く違うので、単純に比較することはできないと思います。個人的には両者が共存して発展することを期待したいところです。

自分自身が、ガラケーと格安SIMカード対応のSIMロックフリー端末の2台持ちになって思ったのは、この組み合わせこそが、お互いの欠点を補い合える現段階での最適解だということでした。SIMフリーと言えば、こんなニュースも。

Apple StoreでSIMフリー版iPhone 5s、国内発売(ASCII.jp)

いよいよ本格的なSIMフリー時代の到来と言うことなのでしょうか。


いくつか書いてきましたが、スマートフォンからガラケーに戻したことで、必要にして十分な機能を持ち、なおかつリーズナブルな料金で利用可能なガラケーの素晴らしさを再認識したというわけです。今回、機種変更したガラケーは2年で買い替えるということは行わず、固定電話と同様、機械としての寿命が到来するその日まで、長らく使っていきたいと思っています。あくまでも「電話機」である以上、もうこれ以上の機能向上が必要だとは思いませんから。





テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/651-0cf8890d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。