プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボージョレ・ヌーボーの評価が、ほぼ毎年のように「今年は最高の出来」である件
例によって、タイムリーという言葉とはほど遠い、周回遅れの話題ですが、先日、今年もボージョレ・ヌーヴォーが解禁されました。ボージョレ・ヌーヴォーというと、毎年のように、「今までで最高の出来」という評価がなされているという印象を持っていたので、Wikipediaから、過去の評価をちょっとピックアップしてみました。
※なお、今回はネタ記事要素を多分に含んでおります。

ボジョレーワイン(Wikipedia)

上記Wikipedeiaによると、1995年以降の毎年の評価は下記のようになっています。

1995年「ここ数年で一番出来が良い」
1996年「10年に1度の逸品」
1997年「1976年以来の品質」
1998年「10年に1度の当たり年」
1999年「品質は昨年より良い」
2000年「出来は上々で申し分の無い仕上がり」
2001年「ここ10年で最高」
2002年「過去10年で最高と言われた01年を上回る出来栄え」「1995年以来の出来」
2003年「100年に1度の出来」「近年にない良い出来」
2004年「香りが強く中々の出来栄え」
2005年「ここ数年で最高」
2006年「昨年同様良い出来栄え」
2007年「柔らかく果実味が豊かで上質な味わい」
2008年「豊かな果実味と程よい酸味が調和した味」
2009年「50年に1度の出来」(出典不明)
2010年「1950年以降最高の出来といわれた2009年と同等の出来」(出典不明)
2011年「近年の当たり年である2009年に匹敵する出来」(出典不明)
2012年「よく熟すことができて健全」(天候不順で史上最悪の収穫量のため)「供給量が逼迫することが心配される」


やっぱり「最高の出来」という評価のオンパレードです。ちょっと順番に感想をコメントしていきます。


・1995年「ここ数年で一番出来が良い」
まず1995年。これはまあいいでしょう。

・1996年「10年に1度の逸品」
「10年に一度の逸品」とはまたすごい評価です。前年の1995年を上回っているということなのでしょうか。

・ 1997年「1976年以来の品質」
1976年以来の品質とのことですが、「10年に一度の逸品」と評価されたいた前年(1996年)の評価は一体どこへいっちゃったんでしょうか。

・1998年「10年に1度の当たり年」
ほんの2年前(1996年)に「10年に1度の逸品」といっていたのに、早くも、「10年に一度の当たり年」との評価が。「10年に一度」という言葉の大安売りです。

・ 1999年「品質は昨年より良い」
昨年より良いということは、「10年に一度の当たり年」より良いということですね。ということは一体何年に一度のできなのか???

・2000年「出来は上々で申し分の無い仕上がり」
ちょっとだけトーンダウン。さすがに「10年に一度」の大安売りを反省したのでしょうか。

・ 2001年「ここ10年で最高」
反省したのかと思いきや、1996年、1998年に続いて、ここ10年で最高との評価。「10年に一度」の出来事というのは、どうやら2年に一度くらいのペースで起きるようです。

・2002年「過去10年で最高と言われた01年を上回る出来栄え」「1995年以来の出来」
「過去10年で最高と言われた2001年を上回る出来栄え」とのこと。一体どこまで品質が上がるのか。1995年以来というけれど、1996年は「10年に一度の逸品」だったし、1997年には「1976年以来の品質」、1998年には「10年に一度の当たり年」となっているのですから、「過去10年で最高と言われた01年」という表現はいささか無理がありそうです。

・2003年「100年に1度の出来」「近年にない良い出来」
10年に一度ではインパクトが弱いと思ったのでしょうか。今度は100年に一度ときました。評価がハイパーインフレ化している模様。

・2004年「香りが強く中々の出来栄え」
ここで再びトーンダウン。いくらなんでも100年に一度の出来の翌年に、昨年を上回る出来という表現は無理があるということで、避けたのでしょうか。

・2005年「ここ数年で最高」
ここ数年で最高ということは「100年に一度の出来」だった2003年より良いということ?品質評価の向上っぷりはもはや青天井のようです。

・2006年「昨年同様良い出来栄え」
昨年同様ということは、「100年に一度の出来」だった2003年を上回るであろう2005年と同様ということでしょうか。一体何年に一度の出来なのか。もはやわけがわかりません。

・2007年「柔らかく果実味が豊かで上質な味わい」
珍しく、地味な評価です。それにしても、当たり前すぎる評価なのですが、10年に一度や100年に一度との表現が続いた後では、随分まともな評価に見えます。しかし、果実味が豊かなのは当たり前で、そうでないボージョレ・ヌーボーなんかあるのでしょうか。

・ 2008年「豊かな果実味と程よい酸味が調和した味」
至って地味な評価。さすがにそろそろネタが尽きたか・・・。

・2009年「50年に1度の出来」(出典不明)
2003年に「100年に一度の出来」だったのが、今度は「50年に一度の出来」に。

・2010年「1950年以降最高の出来といわれた2009年と同等の出来」(出典不明)
2003年に「100年に一度の出来」と評されてたんですが、それは一体どうなったの?


・2011年「近年の当たり年である2009年に匹敵する出来」(出典不明)
ということは、「50年に一度の出来」に匹敵するということ?「○○年に一度」という言葉の大盤振る舞い。


・2012年「よく熟すことができて健全」(天候不順で史上最悪の収穫量のため)「供給量が逼迫することが心配される」
随分おとなしい評価。「供給量が逼迫することが心配される」というのは、「早々に商品がなくなる恐れがあるから早く買え!」というセールス文句か。


それにしても、「50年に一度」とか「100年に一度」というのはインパクトはあるものの、あまり安直に使うのはやめておいたおいがいいと思うのですがねー。まあ、ボージョレ・ヌーボーの場合、年に一回のことですから、こういう方法でも通用するのでしょうか。

最後に念のために書いておきますが、ボージョレ・ヌーボー評価を批判しようという意図はありません。ワイン好きであるが故のネタ記事です。ワイン好きとはいうものの、私自身を含め、ワインの味の違いなんてさっぱりわからないという人にとっては、「今年は最高の出来だ」と思いながら飲むのが楽しいのは事実。その評価が正しいのかどうかはわかりませんが、あいにく私には判定不能。






テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント
ワインの当り年
これはボジョレーに限ったことではありませんが、よかった(甘みの強い)年は近年で2000、2005、2009年辺りです。
http://belluna-gourmet.com/wine/02/012201/pg/greatvintage/index/

ボジョレーはペットボトルが出るようになってから飲むようになりましたが、今年の甘みは去年よりも劣る感があります。
なぜ、こんな安酒(ボジョレーを2000円以上も出す太っ腹は日本人だけ)を飲むのか?・・と言うと、1週間も経てば値崩れを起こすからです^^(現在西友で598円)
【2013/12/01 11:42】 URL | 預金王 #- [ 編集]

管理人よりコメント
>なぜ、こんな安酒(ボジョレーを2000円以上も出す太っ腹は日本人だけ)を飲むのか

ボージョレ・ヌーボーといえば思い出すのが、マンガの「美味しんぼ」(以下、画像の貼っているサイト)。

http://takaoka-sho.blog.so-net.ne.jp/upload/detail/m_543fb7ad-s.jpg.html

http://chows-cage.jugem.jp/?month=201011


それにしても、価格がバカ高いのは間違いありませんね。

【2013/12/08 20:17】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


はじめまして。
内容の面白さにニヤニヤしながら読ませていただきました。ごちそうさまです。
甲子園でも毎年、「10年に一人の逸材だ!」と言っていますね。
【2013/12/15 00:40】 URL | くま吉 #Ln70RW6s [ 編集]


面白いですねw
【2013/12/19 23:25】 URL | のぼり #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/652-befc12ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。