プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Nexus7とOCNモバイルONEを数ヶ月間使っての感想
パソコンネタが続いていますが、今回はついでにもう一つ。
以前にNexus7 LTE版についての記事を書いていましたが、今回はその続きです。前回の記事はこちら。

Nexus7 LTE対応モデルを購入


前回は使い始めたばかりでしたが、今回は数ヶ月ばかり使ってきての感想をあらためて書いてみたいと思います。今回は、Nexus7 LTE版の感想と、OCNモバイルONEの感想を分けて書いてみます(以前に書いた内容と重複する部分がありますがご了承ください)。

○OCNモバイルONE

私が契約したのはONEモバイルONEの最も安いプランである30MB/日のプランであり、当初は通信量を削減するためにOpera miniを使っていましたが、結局はドルフィンブラウザに変更しました。というのは、テキスト主体のサイトであれば30MBの上限を超えて200kbpsの通信制限がかかっても、速度的には全く問題ないと判断したためです。ただし、通信制限のかかった状態では、画像が主体のページでは、当然のことながらページ全体が表示されるのに、それなりの待ち時間が発生します。特に、ページ全体がほぼ画像のみで構成されているWebサイトを開く際には、全体が表示されるまでに相当な時間がかかるので、これはあまり実用的とはいえません。また、同じく30MB/日の通信量を使い切った状態で、あえて容量の大きなアプリのダウンロードを試してみましたが、これもかなりの時間がかかるため、実用性は低いです。アプリのダウンロードは、やはり自宅の無線LANに接続した上で行うべきだとあらためて実感しました。
Webサイトの閲覧に関しては、普段、どんなサイトを中心に見るかにもよりますが、テキストメインのサイトを見る分には、30MB/日のプランで十分だと思いました。私が普段よく見るサイトは Amazonや価格.com、ニュースサイトなどですが、この手のサイトであれば特に高速通信も必要ありません。また、もし、どうしても一日30MBのデータ量では不足するということであれば、より上位の料金プランに変更すればいいだけのことですから、その意味でもOCNモバイルONEはニーズに柔軟に対応できるサービスだと思います。


○Nexus7(2013年) LTE版

Nexus7(2013年) LTE版についてのあらためての感想ですが、やはり7インチサイズというのは外出時にはぴったりのサイズというのがこれまで使ってきての印象です。スマートフォンも確かにいいのですが、Nexus7の画面サイズに慣れてしまうと、スマートフォンのサイズでは、スマホ向けサイトであれば全く問題ないものの、PC向けサイトを見る際には、やはり画面サイズが小さすぎるという印象を持ちました。特にGoogleマップで地図を見るときには、画面サイズが大きいことのメリットを感じます。ただこの点に関しては、あくまでも個々のユーザーの使い方次第ですから、人によっては画面サイズが大きすぎることをもって欠点と評する人も当然いることでしょう。
アプリについてですが、Nexus7を評する時によくいわれることですが、余分なアプリがプリインストールされていないというのはやはり好印象。自分が本当に使いたいアプリは自分でインストールすればいいわけですからプリインストールアプリが少ないことにメリットこそあれデメリットは全くありません。また、各種動作もキビキビ動くので、待ち時間によるストレスもありません。今、試験的にGoogleカレンダーを使ってプライベートのスケジュール管理をしていますが、入力した内容がタブレットとパソコンの両方で確認できるというのはこの上なく便利です。特にタブレットの7インチサイズだと、まさにデジタル手帳そのもの。私はNexus7は仕事には一切使っていませんが、仕事で使うと非常に便利そうです。なお、バッテリーの持ちについては、あえてコメントを控えます。というのは基本的にNexus7の利用頻度が少ないことから、使わない時は電源を切っているからです。また、外出時にはWi-Fiもオフにしていますし、外出先でもデータ通信の必要ない時にはバッテリーを節約するために機内モードをオンにするという使い方をしています。
なお、私の場合、通話はガラケー、情報端末はNexus7という2台持ちで運用していますが、この2台持ちは荷物が増えるというデメリットはあるので、これは人によっては大きな欠点となりうるだろうと思います。


さて、ガラケーと格安SIM対応端末の2台持ちにした最大の目的は、スマートフォンを使っていた時にかかっていたパケット通信費の削減でしたが、格安SIMで月額980円でパケット通信を行うようになった今、スマートフォン時代に払っていた5460円のパケット定額料が私にとってはいかに高額であったかをあらためて認識させられました。「スマートフォン時代に払っていた5460円ものパケット定額料とはいったいなんだったのか」というのが率直な感想。ヘビーユーザーであれば、高額なパケット定額料も妥当なのかもしれませんが、私のようなライトユーザーでは費用対効果が全く釣り合いません。格安SIMというサービスがある限り、私はもう二度と毎月5000円以上ものお金をパケット通信のために払うことはないだろうと思います。それから、今回、Nexus7導入とスマートフォンからガラケーへの機種変更を行った際に改めて思ったのは、通信費というのは定期的に見直すべきものだということでした。私の場合、通信費というのは、固定費という認識が強く、自動引き落としで支払っていたことから、なんとなく惰性で毎月支払っていた感が強かったので、これは大きな反省材料です。また、今後は携帯電話やタブレット端末の買い換えも、一台の機器を可能な限り長期間に渡って使うことで、買い換え回数を少なくするようにしたいと思います。せっかく通信費が安くなっても、機器本体の買い換えでまた余計なコストを使っては全く意味がないからです。

なお、格安SIMについては、その後も激しい競争が繰り広げられているようで、今年(2014年)に入ってからもこんな記事がありました。

【格安データ通信SIM】日本通信がIIJ、OCN対抗プラン(ASCII.jp)

このバトルはどこまで続くのか、今後も動向を注視したいところです。


テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

いいですよね。格安SIM。
こんな記事もあるようですし、さらに値下げが期待できるかもしれません。

「スマホ競争促進へMVNO接続料半減 総務省、回線業者向け指針改正案」
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1401/30/news035.html
【2014/02/02 11:48】 URL | mets #- [ 編集]

管理人よりコメント
>>metsさん

これはよいニュース!今以上に価格が下がるなら大歓迎です。
果たして、大手携帯電話会社がどう動くのかが注目ですね。


【2014/02/09 16:21】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/660-98b20f8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。