プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電子書籍コンテンツを購入しての感想
先日、AmazonのKindle PaperWhiteと楽天Kobo Auraを買ったことを書きましたが、今回は、その続きです。すでにSony Reader(PRS-650とPRS-G1)を所有しているにもかかわらず、わざわざ同じような電子ペーパー端末を購入したのは、以前に書いたとおり電子書籍の価格やラインナップに違いがあるためです。できれば、一台の電子ペーパー端末でどこの電子書籍ストアでも共通して利用できるようになってもらいたいところですが、現状では規格が全く統一されていないため、こういう形もやむを得ません。

今回、このKoboを購入する際に迷ったことがあったので、まずはその点について書いておきたいと思います。それはKobo gloを買うか、新型であるKobo Auraを買うかということでした。Kobo gloとKobo Auraの違いについては、下記のサイトが参考になるかと思います。

【山口真弘の電子書籍タッチアンドトライ】楽天「Kobo Aura」 ~ベゼルとの段差をなくして薄くなった6型E Ink端末 (PC Watch)

スペックを見ていくと、いろいろと違いはあるのですが、gloと比べて劇的に変わったというほどでもなく、gloとAuraの価格差を考えるとAuraはやや割高に感じたのですが、バッテリー持続時間や内蔵ストレージ容量等、性能が向上した点を重視したことに加え、どうせ買うなら新型の方がいいだろうという極めて安易な考えにより新型のAuraの方を購入しました。
また、Kindle Paperwhiteに関しては、そのうち出るであろう次期Kindleを待つかどうかを迷ったものの、できるだけ早く欲しかったため、結局、現行機種をお買い上げ。ちなみに、KoboもKindle Paperwhiteも、購入に際しては、事前に量販店で現物を確認してから購入しています。ネット上の情報だけではやはり不十分で、やはり実際の商品を手にとってみないことには判断がつかないからです。

Kobo AuraとKindle Paperwhiteを購入しての感想ですが、Sony Readerと同様、購入と同時に早くも生活必需品と化しております。電子書籍コンテンツを買うようになってつくづく思うのは、電子書籍であるがゆえの利便性です。紙の書店と異なり24時間いつでも購入が可能で、電子データであるがゆえに品切れということもありません(あえていうなら、読みたい本が電子書籍化されていないということは多々ありますが、これはやむを得ないでしょう)。紙の本を買うときに、これまでもオンライン書店を利用したことは何度もありましたが、紙の本の場合、注文してから届くまでにどうしても時間がかかってしまうのに対して、電子書籍では注文したら即座にダウンロードして読むことが可能。これは一度体験してしまうともはや紙の本には戻れないというほどの便利さを感じます。

電子書籍ストアの使いやすさ・探しやすさは、Kindleストア、koboストア、RerderStoreの3つの中では、やはりKindleストアが圧倒的に優れているという印象があります。ただ、だからといってkoboストアやReader Storeがそれほど悪い出来ということではなく、Amazonがあまりにも優れすぎているということなのだろうと思っています。Amazonの場合、紙の本を扱っているオンライン書店としても、他のオンライン書店を圧倒する強さを誇っているので、読者レビュー数も多く、また「この商品を買った人はこんな商品も買っています」というレコメンドも非常に的確であり、とにかくよく出来ているとしかいいようがありません。
なお、当初はKindleストアとkoboストアのみを使う予定で、ReaderStoreを使うつもりはなかったのですが、ReaderStoreにしか置いていない本もあれば、キャンペーンや割引・ポイント還元などでReaderStoreが一番割安になるというケースもあったことから、結局ReaderStoreでも本を買うことになりました。欲しい本を見つけてしまえば、購入の手続きそのものは3社とも煩わしさは全くなく、非常に簡単な手続きで本を買えます。ただ唯一の難点(?)があるとすれば、あまりにも便利過ぎるがゆえに、面白そうな本を見つけるたびに思わず衝動買いしてしまいそうになってしまうという点でしょうか。WiFi環境が必要という条件はあるにせよ、早朝だろうと深夜だろうと、思いついたときに本を買ってすぐ読めるというのは、紙の本とは全く次元が異なる便利さがあります。

それから、Kindle Paperwhiteと楽天kobo Auraというハードウェアについての感想ですが、電子ペーパー端末自体は、これまでもSonyのPRS-650とPRS-G1を使ってきていて、その特性はよくわかっているので特別な感想は何もありません。Kindle Paperwhiteや楽天Kobo Auraは、世代的に新しいだけあって解像度はかなりよくなっているのですが、小説を読む分にはそれほどの違いは感じませんでした。それから、ページめくりの操作のやりやすさは、やっぱり物理キーのあるSony Readerの方が上だと思いました。

最後になりますが、電子書籍コンテンツを購入するようになったことをきっかけとして、読書の楽しさというものを再認識することとなりました。これまでは、購入した紙の本の保管スペースを気にするあまり本の購入を控えていたのが、電子書籍によって物理的な保管場所の心配をする必要がなくなったわけです。その足枷がとれたのは非常に大きなものがあります。私にとって読書というのは人生最大の楽しみといっても過言ではありません。これからも、電子書籍端末をフル活用して快適な読書ライフを送りたいと思います。
それにしても、恐るべきは各電子書籍ストアで頻繁に行われる期間限定の各種の割引セール。期間限定だけに「今のうちに買っておかなければ!」と思わせるだけの力を十分に持っており、気をつけていないと本好きであるがゆえに衝動買いの連続になりそうなのが、ほぼ唯一の問題点ではあります。


テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/667-59cf8891
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。