プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「株式バブル」疑惑と、予想されるポートフォリオへの影響
このごろ、経済誌を立ち読みしていると、株式投資特集が目立ちます。その中でも、私が特に注目しているのは「今の株式投資をめぐる状況がバブルなのかどうか」ということです。

どうも、全体の論調としては、「これはバブルではない」というスタンスの記事が多いように思います。まあ、私も別に全てを読んでいるわけではないですけど。しかし、私の感覚的には、

少なくとも、今の株式投資をとりまいている雰囲気はバブル期によく似ているのではないか?

と、どうしても思ってしまうのですが、これは私の気のせいでしょうか?というか、私自身、かつてのバブル経済時はまだ学生でしたので、バブル経済というものを自分で実感したことがないのでよくわからないのですけど。ただ、なんだか「猫も杓子も株式投資」というムードが世の中全体を覆い尽くしている気がするのです。

本屋さんに行くと、株式投資の入門書がずらりと並んでいます。いや、これは以前から当然並んでいるわけですけど、近頃、それが特に目立つようになりました。また、雑誌を立ち読みしていると(・・・立ち読みばかりですけど(^_^;)・・・・・・)、株式とは全く関係がないと思われる雑誌まで株の記事が載っていたりすることが増えてきたような。
そもそも、バブル経済かそうでないかの境目というのはけっこうあいまいだと思うのです。私も過去にバブル経済について研究した専門書を図書館で借りて読んだことがありますが、実際のところ、バブルかどうかを見分けるのはムリではないか、と思います。

バブル経済かどうか、というのは結局のところ、バブルが崩壊して初めてわかることだと思うわけですね。要するに、後付けの理屈なのではないか、と。

私が今の状況で追加投資に慎重なのは、これまで大きな調整局面もなく、あまりに短期に株価が急上昇し、いわゆる「買うから上がる、上がるから買う」という雰囲気が出てきている気がするからです。バブル経済ではない、というのなら、それは非常にけっこうなことだと思います。しかし、もしこれがバブルだったら・・・と思うと、どうしても慎重にならざるを得ません。

もっとも、私の場合は、おおむねポートフォリオは組み終わっていますから、当分は様子見で問題ないのですけどね。今のところ、日本株式への追加投資は毎月の定額買い付けによるさわかみファンドへの小額投資のみ。私のポートフォリオは、今後の相場の上げ下げに関わらず、さほど影響を受けないでしょう。もし、このまま上昇を続けるなら、ETFとさわかみファンドは更に利回りが上がることになりますし、仮に大きく下がったとしても、もともとETFは安値のところで購入しているので、さほど損失は出ないものと思われます。というか、大きく下落することがあれば、状況によりETFの更なる追加投資をするだけのことです。また、定額買い付けのさわかみファンドは安値での追加投資ができる、ということになりますし。
それ以前の問題として、国際分散投資をしているので、日本株式への投資比率は全体としてはさほど大きなものではありません。あくまでも「日本市場主体」のポートフォリオではなく「世界経済の一部としての日本市場」という位置付けですから。

新規に投資を始める人も多いようですが、仮に、もし私が今から一からポートフォリオを組むなら、ETFもしくはインデックスファンドを、あくまでも最低投資単位、あるいは小額ずつ追加投資をしながら、様子を見ることになるでしょう。多少なりとも投資をすることで「持たざるリスク」を回避し、同時に、あくまでも小額投資にとどめることで「万一の下落による損失」を最低限度に押さえたいと思うからです。

ともあれ、好調なときほど慎重に考え、行動したいものです。もっとも、短期売買派であるなら、「損切りライン」「利益確定ライン」を明確に設定して、ガンガン投資するのでしょうけど・・・(^_^;)
しかし、私は基本的に長期投資派ですからね!

テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/67-0ed4db20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。