プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アブラハムの「元本安心で資産を2倍以上に殖やす会員制サービス」の広告が話題に
かつて、「いつかはゆかし」で有名になったアブラハム・プライベートバンクのグループ会社、アブラハム・ウェルスマネジメントの広告がネット上で話題になっています。
その広告はこちら。

元本安心の海外投資ならアブラハム・ウェルスマネジメント株式会社-「元本安心」で資産を2倍以上に殖やす会員制プログラム

この広告に対する、ネット上の反応。

「月5万円の積立で1億円」で業務停止命令のアブラハムが帰ってきた、新商品「元本安心で資産を2倍」を引っさげて(市況かぶ全力2階建)


投資ブロガーさんその他からの突っ込みもどうぞ。

アブラハムの運用助言サービス「元本安心で資産を2倍以上に殖やす」の問題点(ホンネの資産運用セミナー)

アブラハム・ウェルスマネジメントの広告及び新サービス(吊られた男の投資ブログ)

アブラハム、元本安心で資産を2倍以上に増やすって・・・反省してる?(定期預金 比較/金利比較ランキング))


以下は、私の個人的感想。

この広告を見て、最初に目に入ったのが、「元本安心」というおよそ意味不明の言葉。今回のケースでは、当然のことながら「元本保証」という言葉は使うことができないので、他の用語を使うのはわかるのですが、宣伝文句として「元本安心」という造語を使っていることに(悪い意味で)驚かされました。こんな宣伝の仕方だと、この広告を見た人が、リスクゼロと勘違いしてしまう恐れがあります。個人的には、この段階で、全く安心のできない広告だと思いました。

広告の中の「日本で初めて元本確保型の提案に特化した」という部分については、ホンネの資産運用セミナーで指摘されているように、「『初めて』なのはこの方法を提案する財産保全コンサルティングではなく、『この方法に特化した会員制サービス』の部分」なのですが、これについては、なんだか、その昔に読んだ、「全米No.1」の映画の宣伝の話を連想してしまいました(全米No.1の話については下記リンクを参照)。

No.1映画が続々??(nikkei BPnet)


為替リスクについては、公式サイトの「よくあるご質問」の中に、こんな説明がされています。

よくあるご質問(アブラハム・ウェルスマネジメント株式会社)

-------------引用開始-------------------------------
Q2:米ドルの為替リスクが心配です。

A:そもそも銀行預金では「円の元本保証は額面保証であり、使用価値は保証していない」ことをよくご留意ください。
個人投資家によく見られる行動は、「リスクを回避したつもりが、新しいリスクを背負い込む」ことです。例えば、今なら、インフレ時代に円の銀行預金をすることは、実質価値(利用価値)を目減りさせるリスキーな行為と言えます。
貴方の財産を取り巻くリスクには、日本の国家破たんリスク、インフレ(物価上昇)リスク、増税リスク等様々なものがあります。その数あるリスクの1つが、米ドルを保有した際の為替リスクです。
金利・為替・物価・株・債券は、連動したメカニズムによって動いていますから、貴方を取り巻く環境の全体像を十分に理解した上で、貴方の財産保全目的を明確にする必要があります。ご入会後は、貴方の現状を良くヒヤリングさせて頂き、各種リスクの影響・その発生の蓋然性等を精査しながら、どのような財産保全が適切なのかを本質的・長期的に分析した上で、貴方のために、金融の専門家が分かりやすくレクチャー致しますのでご安心ください。
-------------引用終了-------------------------------

しかしながら、これでは何の説明にもなっていないのではないか?と思いました。「額面保証であり、使用価値は保証していない」というのは、ドル建てでも同じことでしょうし、それ以前に、質問事項である為替リスクについては全く言及されていません。「他にもたくさんのリスクがあるのだから、為替リスクだけを心配しても仕方がない」ということなのかもしれませんが、だからといって為替リスクをきちんと説明しないというのはおかしいのではないかと思います。

最後になりますが、広告や公式サイトを見て思ったのは、かつて行政処分という非常に重い処分を受けたにも関わらず、その本質は何ら変わっていないのではないか、ということでした。元本確保というスキーム自体は悪いものではないとしても、私自身は、この会社のサービスを利用すること自体が非常に大きなリスク要因になりかねないと思ってしまいました。





この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/679-5ca296a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。