プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005年の年の瀬を迎えて
今年もあと残すところわずかとなりました。今回は、今年最後の更新となりますので、今年を振り返って思ったことを書いてみようと思います。

私自身の、今年のお金をめぐる状況を振り返ると、以前に書いたように貯金目標・投資の運用成績とも、目標をクリアすることができました。特に運用利回りについては、目標が年利4%から7%ですので、今年はその目標を大きく上回ることができたというわけです。

また、今年の8月末からこのブログを書き始めて、はや4ヶ月が経過しました。もともと、このブログを書こうと思ったきっかけは、自分がこれまでにやってきて、そして現在も実行している貯金と投資についての考えやノウハウをまとめておこう、ということでした。最初は、自分だけでわかるようにノートにでも書いてまとめようかと思っていたのですが、どうせなら他人に読んでもらってもわかる形にしようと思い、ブログで公開しようということになったわけです。ブログを書くまでは、私自身、それまでの貯金や投資に対するスタンスや考え方は、きわめてあいまいなものでした。ちゃんと文章化されたものがなかったからです。しかし、ブログを書くようになってからは変わってきました。どう変わったのかというと、

貯金や投資に対して自分の考え、そして投資戦略というものからあいまいさが排除され、明確なものになった

のです。もともと、このブログは当然のことながら公開するために書き始めたわけですが、正直なところ、「こんなブログ、誰も読まないだろう」と思っていました。なぜなら、ごく当たり前のことしか書いていないからです。しかし、いろんな方々に読んでいただき、コメントも頂けるようになり、少し考えが変わった部分もあります。それは・・・

貯金にしろ、投資にしろ、ごく当たり前のことをちゃんとする、という基本の部分について書いてある文献が実はあまりないのではないか?

ということです。お金を管理する基本は今も昔も変わりません。そしてこれからも変わることはないでしょう。お金を管理する基本、それは

勤勉かつ効率よく働いてお金を稼ぎ、稼いだお金は家計簿をつけてきっちりと管理し、積立貯金によりお金を貯め、適切な節約により支出を収入以下に抑える。そして貯金の中から賢明に投資(自己投資も含む)をしてお金を殖やす。手持ちのお金が少なくてもお金の奴隷になることなく、そしてある程度のお金を持つようになっても決して傲慢になることもなく、お金を豊かな生活を実現するための便利な道具として使いこなす

ということだと思います。本当にごく当たり前のことばかりです。そして投資の基本として、

貯金や投資の教育を含めた「自己投資」をまずしっかりと行い、金融商品の売り手側の論理に惑わされることなく、欲に駆られて短期の大儲けを狙うような投機をすることなく、投資そのものが自己目的化することなく、継続的に資産を殖やせるように、長期的視点に立って、冷静かつ客観的に投資判断を行う

ということが挙げられると思うのです。本屋さんに行くと、「株で1億円作る!」だの、「投資で楽をして稼ごう」という景気のいいタイトルの本が並んでいますが、内容的には非常に疑問です。短期売買のものが中心ですが、その大半が「むしろ、勤労所得より大変なんじゃないの?」と思うような内容のものが大半だと思うからです。正直言って、少なくとも私にはついていけないと思いました。

また、最近の傾向として「投資をしないで貯金だけしているようではダメ」「投資で稼ぐのは賢いが、ただ勤勉に働くのはあまり賢明ではない」という雰囲気があるのが気になります。

私は、「堅実な貯金の習慣」や「勤勉な労働」というのは誇るべきことだと思います。

貯金軽視や勤労所得軽視の動きが世の中に蔓延すると、最後には日本経済そのものの首をしめることになると思うのです。なぜならば、今日の日本経済はまさに貯金の習慣と勤労によって成り立っているからです。かつてのバブル経済がまさに悪い見本だと思うのです。そのツケとして日本経済は長い不景気に突入してしまったわけですから。

さて、最後に今年の投資についての感想を書きます。
私自身の今年の投資を一言で表現するならば、今年は「まさに楽して稼ぐことのできた年」ということになります。実際、「頭を使う投資」の必要が全くなかったことを実感しています。私の乏しい投資経験からしても、今年はそういう意味で特殊な年であったと思います。しかし、こういう「おいしい時期」がそう長く続くとも思えないので、来年はより気を引き締めてリスク管理をしっかりしたいと思っています。「必ず儲けられる方法」がこの世に存在しない以上、個人投資家にできることは「リスク管理」だけですからね!

それでは、これを読んでおられるみなさん、よいお年を!(^○^)

テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/68-c63f499d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。