プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投資を実践する中で難しいと思ったこと(2) リスク許容度という概念を理解すること
以前の記事の続きです。前回の記事はこちら。

投資を実践する中で難しいと思ったこと(1) 投資の元本を用意するということ

投資を実践する中で難しいと思ったことの最大のものは前回書いた、「投資元本を用意すること」でしたが、難しいと思ったことは他にもいろいろとありました。その一つが、リスク許容度という概念を理解することでした。
リスク許容度という用語をネットで調べると以下のような説明文が見つかります。


リスク許容度(金融情報サイト-iFinance)
-------------引用開始-------------------------------
リスク許容度は、投資家の許容できるリスクの範囲のことで、資産運用に伴い発生するリスク(損失)をどの程度受け入れられるかの度合をいう。これは、現代ポートフォリオ理論(MPT)で、株式・債券・短期金融資産など複数の資産を組み合わせて運用するポートフォリオのリターンが最大でリスクが最小になるような資産配分を選ぶ際に、投資家が取りうる最大のリスク水準を測定するための指標と考えられている。一般に高いリターンを求めるならば、高いリスクを許容する必要があり、一方でリスクを取りたくなければ、低いリターンを受け入れるべきとされている。
例えば、個人投資家のリスク許容度は、年齢や投資期間、収入、保有資産(余裕資産)の規模、投資経験や運用知識など様々な要因で定性的に測られ、投資家毎に個人差がある。そのため、運用商品を選択する際には、投資家自身のリスク許容度と投資対象商品のリスク特性を踏まえた上で判断することが重要となる。実際にリスク許容度を超えて高いリスクの投資を行えば、投資対象の価格動向が四六時中気になって夜も眠れなくなったり、また損失を被った場合には将来の生活にも多大な支障が及ぶことになるので、自分自身のリスク許容度に応じた投資を心がけることが何より大切である。
-------------引用終了-------------------------------

また、自身のリスク許容度を簡易判定するサイトもいくつかあります。以下はほんの一例。

あなたのリスク許容度診断テスト(全国銀行協会)

リスク許容度診断(モーニングスター)



私にとって、過去十数年間に及ぶ投資活動の中で、最も頭を悩ませたことの一つが、リスク許容度という概念を理解することといっても過言ではありませんでした。投資を始めるまでの勉強期間中に、最初にこの言葉を目にしたときには、「あらかじめ投資リスクを想定するのは当然のことだ」と思う一方で、「なぜお金を殖やそうとするときに、損失のことを考えなくてはならないのか」という2つの矛盾する考えが頭のなかで交錯していたものです。最終的には、常に最悪の事態を想定した上で、投資に回す金額を決めるという結論に落ち着きましたが、そこに至るまでには、「できるだけ多くの投資元本をつぎ込まなければお金は殖やせない」という思いと、「手持ちのお金の過剰に投資につぎ込んでしまうと、万一の暴落時に酷い目に遭う」という思いの2つの思考が頭の中で常に揺れ動いていたものです。実際に投資をするようになってからも、この2つの相矛盾する思いは常に頭の中にありました。

また、リスク許容度という概念の理解にあたって、もう一つ頭を悩ませたのが、株価の下落に伴う自分自身の経済環境の悪化リスクをどう捉えるべきかという問題。私が過去に直面したもっとも大きな問題は、2008年のリーマンショック以降に起きた、勤務先の会社の急激な業績悪化でした。金融資産の下落リスクは、当初、投資を始める一番最初の段階から、「常に最悪の事態を想定する」ということを念頭において投資を行ってきたので、リーマンショックでいかにリスク資産の評価額が下落しようと、さほどのダメージはなかったのですが、お金を稼ぐメインエンジンともいうべき、会社の業績悪化リスクについては、いささか軽視してきたきらいがありました。結果的には会社は持ちこたえましたが、このことは今でも大きな反省材料となっています。「昨日まで働いていた仕事が明日もあるとは限らない」という当たり前の話なのですが、日々毎日仕事をしていると、ついつい勤務先の経営破綻リスクや解雇リスクなどを軽く考えてしまいがちになります。リスク許容度という概念を理解するというのはとにかく難しいと思いました。

私が、投資におけるリスク許容度という概念を本当の意味で理解できたと思えたのは、暴騰と暴落の両方を経験した後のことでした。
昨今の株式市場を見ておりますと、非常に好調だという印象を持っていますが、こういう時こそ、リスク許容度を強く意識しながら投資活動をしなければならないのだと思います。株価が下落するリスクは常にあるからです。

それと、もう一つ思うのは、リスク許容度という投資ならではの概念を人にわかりやすく説明することの難しさです。私が身近な人を含め、人に投資を勧める気にならないのは、一つにはリスク許容度ということをわかりやすく伝える術がわからないためです。当然のことながら、インデックスファンドに分散投資しているからといって必ず儲かるというわけではなく、元本割れも当然起こりうることとして受け入れなければなりません。そのことを、預貯金しか知らない人にわかりやすく伝えるのは非常に困難だと感じているのです。



この記事に対するコメント
はじめまして
確かに自分のリスク許容を実感ととして理解するのはなかなか難しいですね。

実際の暴騰・暴落を経験してみないと、相場の動きの怖さはわからない。

自分の勤め先の経営危機やリストラを経験してみないと、住宅ローンが返せなくなる怖さはわからない。

などなど。

だから少なくとも投資については、できるだけ若いうちから少しずつ体験し始めたほうが良いように思います。

経営危機やリストラは、試しに経験するわけにはいきませんが。
【2015/05/31 10:03】 URL | 観楓 #IbEf6Jbs [ 編集]

このシュミレーションはなんとも・・片手落ち
まずは一定の安全資産の確保ですね・・。
普通預金は現在(相対的に)金利が高いが、それ程なくても怖がる必要はない。
むしろ変動国債(長期金利)の価格を意識して、1.5%定期のように大勝ちがあるものがいい(現在皆無!)。
元本割れが嫌なら安全資産(での収益範囲内)のみにしておく、借金(住宅ローン)がある人は絶対に投資できない。

サラリーマン(公務員は除く)は意外にリスクが高いですから、401k(会社負担分は除く)とかよりも、職の確保と貯蓄(安全資産)の絶対的量の確保が先決!(企業型401kは大企業の福利厚生)http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A2%BA%E5%AE%9A%E6%8B%A0%E5%87%BA%E5%B9%B4%E9%87%91#.E4.BC.81.E6.A5.AD.E5.9E.8B
【2015/06/01 13:08】 URL | 預金王 #- [ 編集]


「リーマンショックからの教訓」
オークはリーマンショックで大きな損失を受けました。その時失敗の原因を振り返り、教訓をまとめました。下記は、インデックスファンド基準価格が比較しやすい「野村DCインデックスF」発売開始時からの各クラスの基準価格比較です。09/03/06はリーマンショック後の株価が一番谷底だった頃を示しています。ドルレートはその後75円 (11/10/31)まで円高になります。

07/09/27 TOPIX 1615 国株投信 10000 国債投信 10000 ドル 115.52
09/03/06 TOPIX 741 国株投信 4677 国債投信 10392 ドル 98.37
15/06/04 TOPIX 1669 国株投信 12220 国債投信 11715 ドル124.30

07/09/27 NYダウ13192 外株投信 10000 外債投信 10000 ドル115.52
09/03/06 NYダウ 6594 外株投信 3732 外債投信 8608 ドル 98.37
15/06/04 NYダウ18076 外株投信 14320 外債投信 13559 ドル124.30

教訓1 「リスクとは資金を失う・減らすこと」インデックス個人投資家の多くが行うドルコストは定額を積立てる事に集中する余り①高値掴みに気付かない②アセットアロケーション呪縛(決めた配分へのこだわり)③ストロングホールド(ゴールはまだ先だから売らない)から株価にショックが起きた時、今迄積み上げてきた利益を失ってしまう傾向がある。
教訓2 「今、自分が何処にいるか?を知る」ほったらかし資産運用は一見気楽な資産運用ですが、資産を減らさない為には定期的なメンテナンスが必要です。自己判断で株式の利益を確定させ、次のチャンスに投入する資金準備の重要性を思い知った。
教訓3 「債券クラスを有効活用する」上記の比較で分かるのは債券クラスをどの様に活用するか?株式は谷底でも債券は比較的安泰。短期的な資金の避難場所として、債券を選択する。決めてあるアセットアロケーション比率を弾力的に考え、谷底に備える。
教訓4 「急ぎ過ぎは失敗も同然」一番悩ましい問題です。タイミングを計る、それが難しいからドルコストをやっているんだ。分りますが、そこを乗り越えないと資金を減らします。「頭と尻尾はくれてやれ 」もあります。自己責任でやるしかないです。ネ
【2015/06/04 08:11】 URL | オーク X32 #- [ 編集]

管理人のコメント
>>観楓さん

リスク許容度の把握というのは本当に難しいと思います。往々にして、自分のことほど、自分ではわからなかったりします。

>少なくとも投資については、できるだけ若いうちから少しずつ体験し始めたほうが良いように思います

若いうちにリスクとのつきあい方を学ぶという意味では、それが正しいのかもしれませんね。


>>預金王さん

安全資金の確保は重要ですね。ある程度の金額の安全資金があって初めてリスクをとっての投資ができるわけですから。


>>オークX32さん

指摘しておられる、インデックス投資であるがゆえの欠点は私も承知しています。しかしながら、だからといって、バイ&ホールドではない、その時々で自己判断を下すタイミング投資でより正確な判断ができるという確証もないので、現実的にはインデックスファンドのバイ&ホールド戦略しかないというのが実情です。
もともと、インデックスファンド投資だから必ず儲かるなどという幻想を持ってはいませんし、それでお金が減少してもそれはそれで仕方がないと思っています。

【2015/06/14 08:40】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/682-96af7cde
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。