プロフィール

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

運用利回りとアセットアロケーション(2015年8月7日現在)
2015年8月7日時点での運用利回りとアセットアロケーションです。

-------------------------
運用利回り(2015年8月7日現在)

株式・債券等:
*eMAXIS先進国株式インデックス 投資収益率 +56.1%
*SMTグローバル株式インデックス・オープン 投資収益率 +93.2%
*SMT新興国株式インデックス・オープン 投資収益率 +31.2%
*TOPIX連動型上場投資信託(1306) 投資収益率 +67.9%

上記金融商品の総合利回り 投資収益率 +65.0%

その他:
*純金積み立て (投資収益率は計算していません)

※それぞれ、配当金(分配金)込みでの利回りです。
※純金積み立ては田中貴金属工業にて行っています。
--------------------------------------------

全体的に大幅なプラスとなっています。最大のものはSMTグローバル株式インデックス・オープンで+93.2%。TOPIX連動型上場投資信託も+67.9%と非常に高い数値に。
現状を見る限りでは絶好調というところですが、好調さに目を奪われてリスクの存在とその大きさを見誤ることがないようにしなければならないと思っています。従来通り、今後とも積み立て投資を継続していく方針に変わりはありません。

以下はアセットアロケーション(資産配分)。


*TOPIX連動型上場投資信託(1306)    比率 17%
*eMAXIS先進国株式インデックス  比率 39%
*SMTグローバル株式インデックス・オープン   比率 31%
*SMT新興国株式インデックス・オープン   比率 10%
*純金積み立て  比率 3%

(注)
※預貯金及びMRFは除外しています。
--------------------------------------------

国内株式 17%
海外株式 80%
純金積立 3%

※預貯金及びMRFは除外しています。
--------------------------------------------
預貯金(MRF含む)と投資資金の比率

預貯金及びMRF  41%
投資資金  59%

--------------------------------------------

いつもと変わらず、外国株式資産クラスが投資資金全体の80%と非常に高くなっています。
預貯金と投資資金の比率は41%と59%。投資資金の比率が高くなっているのですが、これは株高の影響に加え、預貯金の総額がさしあたっては十分な金額だと考えているため、投資資金の比率をやや高めにしたことにもよります。預貯金の比率については、現在は金額と率の両方で考えるようにしました。単純に生活費の何年分とかいうことでもなく、かといって、単なる比率だけで考えるというわけでもなく、「もし、投資資金が半減、あるいはそれ以上に目減りしたら資産総額はどうなるか?評価額の減少のみならず、実体経済が悪化した場合でも、それに耐えられるか?」というような簡単なシミュレーションを行うことで決めています。これは多分に感覚的なものですが、2008年のリーマンショック時の反省をもとにやり方を変更したものです。リーマンショック当時と比べると、預貯金を含む資産総額も随分増加しているので、投資資金の比率を高めても大丈夫だと判断しました。この預貯金と投資資金の比率を巡る試行錯誤は今後とも継続して行うつもりです。預貯金と投資資金の比率の問題は、なかなか悩ましい問題で、私にとっては永遠の課題といえそうです。




この記事に対するコメント

リーマンショック、みんな懐かしい思い出になりつつあるんですかねぇ。アベノミクス万歳!みたいな。私は最大で数年オーダーで、投資から身を引こうかなと思っています(少しは投資をしますけど)。数年後、自分でも理解できるような相場になった時点で、復帰かな。
リーマンショック時の反省というより、リーマンショックと同じ体験は、二度としたくない!という観点からですけどね。
【2015/08/11 01:01】 URL | 煙々 #- [ 編集]

管理人よりコメント「リーマンショックか・・・何もかも皆懐かしい・・・」
>>煙々さん

リーマンショックからもうすぐ7年ですから、もう懐かしい思い出になっている人が多いでしょうね。また、リーマンショック後に投資を始めた、新たな投資家さんも大勢いるのではないかと思います。しかし、教訓は忘れてはいけないと常々思っております。
もう十分な資産構築ができているのであれば、投資から手を引くというのも有力な選択肢となるのでしょうね。私の方はまだまだ続行しますけれど。
これからも投資を続けていく以上は、いつかはわかりませんが、リーマンショックのような出来事はまたそのうち必ずやってくるだろうと思われます。歴史は繰り返す。願わくば、その時も投資の世界から退場することなく残りたいものです。そのためには、リスク許容度を把握し、それを守ることが最も重要ですね。

【2015/08/14 10:16】 URL | masa #.7tOqmoU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/686-87ccf784
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。