fc2ブログ
プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
億り人になってみてわかったこと(2) 精神面での変化
今回は、億り人になってみてわかったことということに関して、精神面での変化について書いてみようと思います。
億り人になってみての精神面での一番大きな変化は、なんといっても、

お金の余裕は気持ちの余裕につながるということを実感する

という一言に尽きます。
月並みといえば月並みですが、やはりこれを抜きにすることはできません。人生において起こりうる不測の事態というのはちょっと思いつくだけでもいくつか列挙することができます。例えば、不況による失業、怪我や病気で働けなくなるリスク、事前に想定していなかった高額な出費などなど。しかし、一億円という金融資産があれば、そのいずれもにおいてもさほど慌てる必要はなくなります。不況で失業した場合でも当面の生活費に困ることはありませんから、落ち着いてじっくり時間をかけて仕事を探すことができます。怪我や病気で一時的に働けなくなっても治療費や生活費の心配をすることなく、治療に専念することができます。思わぬ高額な出費に際しても、借金をすることなく支払うことができます。一億円の金融資産というのは、たとえ明確な使用目的・用途がなかったとしても、それ自体が安心な生活をもたらしてくれるものといえます。

そして、一億円という金額はいわゆるFIRE(経済的自立と早期退職)が可能となる金額とされています。私自身はFIREする気はありませんが、いざとなればそういう選択肢もとれなくはない、というのはやはり気持ちの点では大きな余裕につながります(ちなみに、一億円で現実的にFIREが可能かどうかという点については少々異論というか、不安要因もあるのですが、それはまた後日書いてみたいと思います)。

また、これは余談になりますが、私がお金の余裕を本当の意味で実感するようになったのは総資産額が5000万円を超えたあたりからでした。年収300万円なら年収の約16年分、年収400万円なら約12年分、年収500万円で10年分という資産額に相当するわけですが、5000万円を達成した時には、やはり大きな達成感と安心感を実感したのを思い出します。


というわけで、今回のテーマの結論は、「お金の余裕は気持ちの余裕につながるということを実感する」というごく当たり前のことになりました。月並みではあるとはいえ、これを頭の中で想像しているのと、実際に一億円という金額を持っているのとでは大きな差があるのも事実とは思います。





テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/723-49aaa55b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)