fc2ブログ
プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
インデックスファンドは「配当がなくキャッシュフローは増えない」という理屈についての雑感
いつの頃からか、インデックスファンド投資と高配当株投資はどちらがいいのか?という議論が散見されるようになりました。「インデックスファンドは配当がなくキャッシュフローは改善されないから、キャッシュフロー(現金収入)が欲しいなら高配当株投資の方が良い」という理屈を主張する人もおられるようです。しかし実際には、インデックスファンドは配当や分配金はファンド内で再投資され、それが基準価額に反映されているのですから、配当金が出ることをもって「高配当株投資の方がインデックスファンド投資よりも良い」ということにはならないと思います。また、高配当株は、配当を出した分だけ理論上は株価が下がる可能性も高いものと思われます。

ちなみに、私自身はすでに資産を増やしつつも同時にお金を積極的に使う方向へとシフトしているのですが、私の場合、投資資金を取り崩してお金を使う際には、以下のような流れになっています。

(1) まずは生活防衛資金を含む預貯金からお金を取り崩して使う
(2)結果として預貯金が減る。
(3)減ってしまった預貯金と投資資金のバランスをとるために、使った金額分だけインデックスファンドを売却することにより、預貯金を補充する。

3番目のインデックスファンド売却の部分は、いわばリバランスの一種だと思っています。

インデックスファンド投資においては、買ってひたすら持ち続けるというバイ&ホールドのイメージがあまりにも強すぎるあまりに「キャッシュフロ-(現金収入)を生まない」うんぬんの話になってしまっているものと推測されます。しかしながら当たり前の話ですが、お金というものは使わなければ意味がありません。インデックスファンド投資の肝が、買って持ち続けるというバイ&ホールド戦略にあるとしても、死ぬまで投資資金を使わずに持ち続けるわけではありません。

私自身、現在はお金を使う際には「勤務先の会社から入ってくる給料+資産運用で増えたお金の合計額」を基準に考えるようにしています。基本的には、総資産額が減らず、中長期的にはお金が増えることが期待できる(であろうと思われる)範囲内での支出に抑えるのを原則としますが、必要と判断した際にインデックスファンドの売却を躊躇することは、もはやありません。
・・・まあ、基本的には、会社の給料の範囲内で生活費をまかなうのが一応の基準・目標ですが、仮に何らかの理由で毎月の手取り給料額以上の支出が必要になる場面があったとしても、中長期的にお金が増加してきたという過去の実績があれば、別に多少の予算オーバーは構わないというスタンスです。

とはいえ、私も遊びの範囲内では個別株投資も行っており、株主優待銘柄やら高配当株も保有しているので、高配当株推しの人たちの理屈も分からないではありません。家計簿の記録としては、配当金は「収入の部」になるので、家計簿を見たときの印象としては、たしかに「現金収入というキャッシュフローがプラスになっている」からです。インデックスファンドの売却では、単に証券口座から預貯金口座へのお金の移動なので、これは家計簿の記録としては「収入」としては計上されません(加えて特定口座の場合、売却時に課税されるので、その分資産額は減ってしまいます)。ただ、これはあくまでも心理的なものに過ぎないものと思います。

また、いわゆる出口戦略の話になった際に「インデックスファンドは売却するのに抵抗がある」という人もおられるようですが、インデックスファンドの売却を一度経験してしまえば、二度目以降の売却にはさほど抵抗は感じないと思います。人は何事でもそうですが、初めての経験は抵抗があるものです。しかしながら、すぐに慣れてしまうと思います。少なくとも私の場合はそうでした。



テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/725-a34f0b0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)