プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1000万円を貯めてみてわかったこと(4)
1000万円を貯めてみてわかったことシリーズの第4弾です。今日は金銭感覚について。私の金銭感覚はどうなったのか?それについて書いてみたいと思います。1000万円を貯めて
みて変わったことが一つあるのです。それは何かというと・・・

金銭感覚が、よりシビアになった

というのが自分の実感です。貯金というものは積み木を積むのに似ているような気がします。自分が頑張って積んだ積み木というものは崩したくない。そういう心理が貯金においても働きます。貯金を続けていくと100万円の札束という「積み木」がどんどん積み上がってくるわけですが、一旦積みあがった100万円の札束はもはや取り崩すのがイヤになってくるのです。そして同時に「1円」というお金に対してよりシビアになるのを実感しました。当たり前のことですが

*1円玉が1万枚集まって1万円になり
*1円玉が100万枚集まって100万円になり
*1円玉が1000万枚集まって1000万円になる

ということをまさに実感するようになったからです。このことは当たり前です。ですが、知識として知っているということと、自分で実感するということの間には明らかには大きな隔たりがあります。今、私は財布の中にある1円玉を見るたびに思います。

この1円玉こそが次の1000万円貯金につながるのだ

ということを。

まさに「1円を笑うものは1円に泣く」ということです。1円といえども決して馬鹿にはできません。そして、1円を「たかが1円」と馬鹿にする人ほど、お金にルーズで貧乏から脱出できない人が多いような気がするのです。

貯金関連の記事を見ていていつも思うことですが、貯金額が多い人ほどお金にシビアというのは共通していますね!いくらお金を持っていても、「大金を持っているという自覚が全くない」という人が多いような気がします(大金を持っているからといって決して平常心を失わないという意味です)。逆に、手持ちのお金が少ない人ほど、ちょっとした臨時収入があると気が大きくなってしまい、気前よくお金を使ってしまうようですね!

テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/73-40a59320
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。