プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投資の本当の恐ろしさ
時々、投資をしていて「怖い」と思うことがあります。その怖さというのはお金を失う恐怖とはまた別のものです。それは一体何か。今日はその話です。
投資においての本当の怖さ・・・それは何かと聞かれたとき、私ならばこう答えます。

投資における本当の恐さはお金を使えば使うほど儲かる可能性のある世界

ということ。なぜこれが怖いのか?

例えば、100万円を投資して10万円の利益を得たとします。すると、往々にしてこう考えるものです。
「100万円を投資して10万円を稼げるのなら、1000万円を投資すれば100万円を稼げる。
いや、もっと大きく考えて1億円を投資したら1000万円を稼げるじゃないか!!」と。この考え方こそが投資をしていてもっとも怖いものだと思います。

かつてのバブル経済が崩壊したときに資産王があっというまに借金王になってしまったりしたのは、まさにこの罠にかかってしまったからといえるでしょう。
投資の世界においては実に巨額のマネーが動いています。それはお金がお金を生み出すという投資ならではの世界だからこそ起こることです。世間を騒がせたM&A騒動にしても、お金を使うことによって、より大きなお金を生み出せるからこそ途方もない金額のお金が動くわけですよね!
そして、このことは同時に非常に危険な思考でもあります。投資がうまくいけばいいのですが、一歩間違えたら地獄へ転落してしまうからです。そもそも人間の欲には限りがありません。いくらお金を儲けても、常に「もっともっと儲けたい」と思うわけですから。

私には少ない貯金と乏しい投資経験しかありませんが、仮に大金持ちになったとしても、「これだけの金額があればもう十分。これ以上、貯金したり投資したりする必要はない」と思う日は決して来ないだろうと思います。

だからこそ、お金を管理するには、本当に強い自制心が必要だと思うのです。その自制心を養うために普段の「節約生活」や「貯金生活」が大切だと思うわけですね。地道に稼ぎ、節約し、貯金する。無駄遣いをしないよう我慢することを覚える。一方で、お金がお金を生み出すように投資する。あくまでも節約と貯金が主で、投資が従という主従関係です。それを忘れてしまうと無謀なマネーゲームに走ってしまう恐れがあると思います。そして、それこそが恐ろしいことだと思うのです。

もっとお金をつぎ込みたくなる衝動をしっかり抑えること。そして、いつも自分の身の丈にあった投資をすること。それが一番大切なことだと思います。それを決して忘れてはならないのだと思うわけです。

テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

こんばんわ。
お久しぶりです。

>投資における本当の恐さはお金を使えば使うほど儲かる可能性のある世界
これ、わかります。
ビジネスの世界では「費用対効果」が、ある程度の投資で頭打ちないしは非効率になるため、無制限に投資し続けるということにはあまりなりません。
でも、株式投資では、同じ10%のパフォーマンスなら、100万円なら10万円の利益だが1000万円なら100万円の利益、1億円なら1000万円の利益・・・際限なく広がっていってしまうんですよね。
で、お金をかければかけるだけリターンがあると知ってしまうと、いつしか全力投球全力投資となってしまい、そして何かのはずみで一発退場に。
人間の欲望ってのは、ホント限りがないですね。
いかんいかん、自分も気をつけないと。
【2006/02/09 23:54】 URL | あんどー #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/87-93957e10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。