FC2ブログ
プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
「含み益」について考える
今日は、「含み益」というものについて書いてみます。ライブドアの時価総額経営破綻を見ていると、投資における含み益についても、思いを馳せてしまいます。そういうわけで、今日の記事のテーマは、「含み益の危うさ」についてです。

私の投資スタンスは、国際分散投資されたインデックスファンドをコア(核)として長期投資を前提に徹底的なバイ&ホールド戦略をとっているわけですが、この投資戦略においても一つの落とし穴がある気がします。自分の資産に目を向けると、昨今の上昇相場の中で私のポートフォリオの利回りは大きく上がっています。しかし、だからこその落とし穴があると思うのです。それは・・・

高い利回りといってもその大半が含み益でしかない。そして、含み益は実現損益ではない

ということ。当然のことです。当たり前です。しかし・・・長期にわたってバイ&ホールドし続け含み益がどんどん増えてくると、どうしてもそれが「実際の利益が大きく殖えている」と錯覚してしまいます。売却しない限り、実現利益にはならないにもかかわらず、です。誤解のないように念のため断っておくと、私は別にインデックスファンドのバイ&ホールド戦略が間違っているという気は毛頭ありません。この投資戦略が自分にとって一番いい投資戦略であると確信していますから。基本が積み立て投資ですし、余分なコストや手間をかけず、複利でお金を殖やすにはこれが一番だと思っています。では、私は一体何が言いたいのかというと、

含み益は市場の動向によっては消える可能性のある利益であることをよく自覚しておく

ということです。

つまり、私はこの「含み益」というものにある種の不安を感じることもあるということです。バブル経済崩壊時に莫大なお金が日本から消えてしまったように、あるいはライブドアの時価総額経営が事実上破綻してしまったように、私のポートフォリオの含み益も何かのはずみで消えてしまう可能性が十分にあるということです。

よく言われる「株価は長期的には上昇する」という「法則」も、米国ではあてはまっても日本ではそうも言えない気がします。もっとも、仮に大きく上昇したところで利益確定の売却をして預貯金に戻したとしても、日本の円が暴落したり、インフレになったりして現金が実質的に目減りしてしまうおそれがありますしね。

結局、お金を失うリスクというものはどうやっても完全に消し去ることはできないと思うわけですが。
ただ私が普段気をつけていることは、

含み益を決して当てにしない。手元にある現金では買い物ができるが「含み益」では買い物はできないということをよく理解しておき、含み益が増えたからといっていい気にならないようにする

ということだけです。まあ、実務的には、定期的に「リバランス」を行えばいいのですけどね。つまり、高くなった投資対象を売り、その売却代金で安くなっている投資対象を買うことでポートフォリオのバランスを元に戻せばいいのわけで。ただ、私の場合は積み立て投資が基本なので、売却よりむしろ追加購入によりリバランスをしていますから・・・。
今日の記事には結論というのはないのですが、「含み益」というものは難しいものだなあ、と思うわけです・・・。

テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント
無題
今年から株を始めたものです。現物のみで取引しています。始めた頃からいろいろな掲示板でS高で含み益が出ました、ありがとう。でも売りません~的な書き込みを見ていて、思っていたことで、含み益でどうしてそんなに喜べるのか不思議で検索していたらこちらに行き着きました。これからも、参考にさせていただきます。
【2013/06/13 10:10】 URL | へっぽこ大賞 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/89-cbeaa9bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)