プロフィール

masa

Author:masa
1972年生まれの某中小企業勤務の独身男性サラリーマン。貧乏人からお金持ちを目指して奮闘中。貯金は手堅く、投資はリスクを小さく、というのがモットー。
なお、当ブログの更新は原則として不定期です(月に数回程度の更新になると思います)。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

貯金生活。投資生活。
「節約なくして貯金なし」「貯金なくして投資なし」を座右の銘とする管理人がお金と社会について語るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公表している「運用利回り」について思うこと

私は、不定期に運用利回りのみ公開しています。しかし、私としては、あの数字にはどれほどの意味があるのだろう、と思うことがあるのです。「含み益について考える」の記事で書いたことですが、私の利回りを支えているのはその大半が単なる含み益によるものです。誤解を恐れずに言うならば、短期的には大きく元本割れになってもかまいません。長期的にお金が殖えていればそれでいいのです。だからこそ、長期投資家にとっては「短期での利回り」など何の意味もないと思っています。


この前書いたように、含み益で買い物はできませんから!


それでも不定期に運用利回りを公開しているのは、やはり投資について書いている以上、書いている当の本人の運用成績をある程度は公表すべきだろうと思うからです。金額について公表しないのは、やはり抵抗感があるからです。


「含み益について不安があるのなら、適当なところで売却すればいい」という意見もありますが、ではその売却したお金をどうするかといえば再び投資に回すか、定期預金に組み入れるかのいずれかに落ち着きますので、それならば最初からバイ&ホールドしておけばいいじゃないか、ということになってしまうのです。無用な売買は税金などのコストが発生し、手間も増えてしまいます。しょせんは副業でしかない投資にさほど手間ひまをかけるつもりもないのです。


今後も、大きな意味はないとは思いつつも、運用利回りの好評は続けるつもりです。自らが投資の利回りも公表しないで投資を語るのはやはり違和感がありますから!


テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/tb.php/97-afb42dd6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。